人気ブログランキング |

研究倫理研修会と小池百合子「虚飾の履歴書」

c0182775_17271940.jpg

先月半ばに行われた研究倫理研修会です

これもいわゆるFD(ファカルティ・ディベロプメント)研修会の一環です

本来のFD研修会は授業での教え方がテーマです

アメリカの大学はどれだけ学生を集めるかが教員評価の重要な評価基準なので
授業のテクニックが肝要なんですね

文科省は20年ほど前から日本の大学にそのFD研修をやらせています

それが大学のパワーアップになっていないのは
世界における日本の大学の評価が低下する一方なのでよく分かります

早い話 私が学生時代に深く影響を受けた先生方は
決して授業が上手いとは言えない方々でした

それから自分自身が教員になって思うに
調子よく盛り上がり リズムよく流れた授業ほど
後で嫌ーな気分に陥るものです

この日の研究倫理研修会は医療系学部で被験者の人権をどう守るか
というようなテーマでしたから 文系学部所属構成員には用語すら縁遠いものでした

中国から来た院生たちも参加していましたが
全然理解できなかったと言うので それは我々も同じさ と返すと
仲間たちと「先生も分からない話だって」と嬉しそうにしていました

ところで「文藝春秋」7月号の「小池百合子『虚飾の履歴書』」を読みました

カイロ大学首席卒業が真っ赤な嘘であることが
非常に確かな証言や取材をふまえて書かれています

政治家の学歴が信用できるとは全く思っていないので驚きはしませんが
已む無く嘘をついたのではなく
自覚しながら出世のために嘘をついてきた厚顔にはやはり驚き呆れました

いや学歴詐称に呆れたのではなく
大学生活そのものがでたらめだったのに呆れました

これでも首都大学東京の入学式や卒業式で
偉そうなメッセージを読ませるはずです(嫌だ嫌だ)

政治家こそ政治倫理研修会が強く求められるはずですが
特にこの五年間の政治家を見ていると
彼らに政治倫理を期待するのは無理というものです

已んぬるかな
c0182775_18101867.jpg




Minolta HI-MATIC E(1971年製 レンズ・距離計移植機)
c0182775_18213910.jpg

by zuoteng_jin | 2018-06-15 18:09 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)
<< 冷風の中の運動会 サイクリングロードの花々と世話... >>