リラ冷えのリハビリ散歩

c0182775_15304530.jpg

マンションのライラックが開き始めました

午前中 雨の降らないうちにリハビリ散歩に出たら
ライラックの濃密な甘い香りがただよっていたので
先ずはフィルムカメラのシャッターを切りました

小豆色に見えるのはつぼみで 開くと薄いピンクになります
c0182775_15293073.jpg

この開花時期が最も高い香りを発するので 開き切るとあまり香りません

二番目のコマはデジタルでズームを最大限望遠側にして撮りましたが
撮影中にそばを通りかかった還暦前後のご婦人が
「良い香りですね かなり遠くまで流れてますよ」
という言葉をかけて行かれました

今日は風が冷たくて散歩日和とは言えず
文字通りの「リラ冷え」でした

「リラ冷え」は半世紀前の造語で
2013年1月に95歳で亡くなった俳人
榛谷(はんがい)美枝子という方が作ったと聞きます

リラ冷えや睡眠剤はまだ効いて(1962年作) 

作者は当時不眠症だったとのことです

華麗な花の濃密な甘い香りを嗅ぎながら
睡眠薬を服用するひんやりした深夜

夜闇の深さがしのばれます
c0182775_18101867.jpg




Agfa Optima 1535

c0182775_17261431.jpg

by zuoteng_jin | 2018-05-18 17:27 | NEX-7 | Comments(0)
<< 今年のライラックは寂しい 三連続出勤と脳卒中後遺症の強張り >>