三寒四温の日々とリコー500GSモノクロ写真

c0182775_1065488.jpg

三寒四温の不安定な気候です

写真は4月上旬のショッピングセンターの一角ですが
ディスプレイは軽い衣料になりつつありました

しかしお客はしっかりとコート着用です

そのころはまだ雪が残っていましたからね
c0182775_10125381.jpg

それからひと月後のキャンパスのコブシです
c0182775_10181262.jpg

c0182775_10185939.jpg

撮影したリコー500GSは
一昨年 3,200円で落札した私にとって2台目の機材ですが
下に示すようにシャッタースピードが奇跡的に正確な個体です
(機械式シャッターは 個体ごとのバラつきがあるものです)

1/380(1/500) 1/276(1/250) 1/100(1/125) 1/63(1/60) 1/29(1/30)

私の手持ちカメラ数台に搭載されているドイツの名門
デッケル社のコンパーラピッド・シャッターをしのぐ成績です
(コンパーラピッドの1/500秒の多くは1段下に近い1/300秒がやっとです)

最後のコマで分かるように完全逆光でびくともしない優秀レンズで
オート露出だけでなくマニュアル操作も可能です

極めてコンパクト(横11cm縦7cm)な35mmフルサイズ機種
愛用する所以です
c0182775_1894787.jpg




Ricoh 500GS(1973年製)
c0182775_18104650.jpg

by zuoteng_jin | 2018-05-11 17:30 | Ricoh 500GS | Comments(0)
<< マンションのモクレンが満開です アサヒビール園の梅花とラム肩ロース >>