人気ブログランキング |

葱買て通路の雪に落としけり

c0182775_15341975.jpg

蕪村「葱買て枯木の中を帰りけり」のもじりです

もじりと言えば聞こえが良いですが
何つまらぬパクリに過ぎません

蕪村の原句に較べると句境がいかにも薄っぺらですね

ショッピングセンターの裏口から買ったネギを持ち帰る際に
レジ袋から落ちたのに気がつかなかったと見えます

この画像は難しい露光条件ですから
奥の暗部と手前の明部の両方を活かすのは厄介です

カメラはレンズをほかの個体から移植したものですが
(レンズ交換式ではありません)
その作業時に露出計に導入する光量窓の調整が必要でした

その調整が正しかったことがこの画像でよく分かります

とは言っても 手前のネギの落ちている雪面は
Photoshopで多少の焼き込みを施しています

今日は昨日修理したレチナの試写をやりたかったのですが
雪模様で外に持ち出すことはできませんでした

3月に入って急に降雪が増えたので已むを得ません
c0182775_16132082.gif

この時期は無理な外出はせず
修理や整備で楽しむこととします
c0182775_18101867.jpg





Minolta HI-MATIC E(1971年製 レンズ・距離計移植機)
c0182775_18213910.jpg

by zuoteng_jin | 2018-03-06 17:32 | Minolta HIMATIC E | Comments(4)
Commented by yumeo at 2018-03-07 01:09 x
これはネギがZ先生に撮って撮ってと言ってたという画なのですねww
Commented by zuoteng_jin at 2018-03-07 10:10
撮って撮って、だったかも知れませんが見かけたときは、食べて食べて、と聞こえましたので、一口かじった次第です。
Commented by yumeo at 2018-03-07 17:45 x
なんて幸せな青ネギ!!ww
Z先生もPhotoshopで加工することあるのですね。意外でした!
Commented by zuoteng_jin at 2018-03-07 18:01
Photoshopはよく使いますよ。

パレットプラザのデジタル化は若干コントラストが低めに出るので、投稿前に「レベル補正」で気持ちばかり少しコントラストを上げます。
「自動レベル補正」を使うとコントラストが上がりすぎるので、必ず手動で補正します。 昔、引き伸ばし機で手焼きプリントしていた時の要領です。ですから、それ以上の加工・いじくりはやりません。
<< 露出計分解修理レチナのテスト撮影 障害者にありがたい手すりとレチ... >>