冬の落日・日没と深夜の五輪ジャンプ競技

c0182775_186697.jpg

夕映えを受けて北星学園大の研究棟が染まっています
c0182775_1873341.jpg

日が沈むと体育館の照明が美しく浮かび上がります

この季節の落日と日没を眺めるのは楽しみの一つです

日没後にはちょうど雲の左隅と白雪の羊ヶ丘の間に
斜めに藤野スキー場のリフト照明が見えてきます

この斜面は1972年冬季オリンピックの
リュージュの第2会場だったところです(第1会場は手稲山です)

ところで平昌オリンピックは時差がほとんどないので
TV観戦には都合が良いのですが
ジャンプ競技が深夜に日をまたぐ時間帯に行われていますね

これは欧州で人気種目だからそういう時間帯になったと聞きますが
夜のために気温がますます下がり 風も強くなって
選手にとっては過酷だったに違いありません

なにしろ百戦錬磨のレジェンド葛西紀明選手をして
これまで経験のない強風で ふつうこれは中止でしょう
そう言わしめたほどでした

そうは言いながら厳しい条件の中でも
常に前向きなコメントを発する葛西選手

それが幅広い人気を集める理由なのだと納得しました
c0182775_18101867.jpg




Minolta HI-MATIC E(1971年製 巻き上げカウンター修理機)
c0182775_18213910.jpg

by zuoteng_jin | 2018-02-11 18:24 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)
<< 道央自動車道の吹雪渋滞 自重するコルベットと福井の雪中... >>