刑務所作業製品販売とみんな元気になる絵本

c0182775_1730234.jpg

この週末ショッピングセンターで刑務所作業製品販売が行われています

北海道から九州の刑務所で製造された木工品が主な商品です

このコーナーには九州の重厚な箪笥が置いてあります
c0182775_17352225.jpg

また中央付近のコーナーには
月形刑務所の椅子やテーブルが展示されていました
c0182775_17475749.jpg

月形刑務所は網走刑務所よりも8~9年早く開設された
歴史の長い刑務所です

製材所を営んでいた義父から 月形刑務所にも
用材を納入していたと聞いたことがあるような気がして
ついつい展示してあるテーブルを撫でてみたことです
(もっとも40年以上前の記憶ですからあてにはなりませんが)

家具と言えば毎日新聞富山版「みんな元気になる絵本」では
経済状態の悪化によって狭い部屋に引っ越す家族が
家具を売る羽目になって
幼子が戸惑う「わたしのおひっこし」が紹介されています
(富山市プー横丁店長さんの執筆)

家族にとって家具というのは
ともに過ごした日々の記憶そのものなんですね

近年「断捨離」ということをよく言いますが
そこにはなかなか複雑なものがあります
c0182775_18101867.jpg




Contax T2(1990年製)

c0182775_1745720.jpg

by zuoteng_jin | 2018-01-28 18:03 | Contax T2 | Comments(0)
<< 夜具ケープと合羽 進物コーヒー選びと「珈琲」と「咖啡」 >>