公園の堅雪と氷結とチェコ製中判フィルム

c0182775_17515243.jpg

近所の公園の雪面です

20cmほどの雪が堅くしまって 場所によっては氷が張っています

国産蛇腹カメラで操作性は良くないですが 写りはなかなかです

今回は ISO 200 感度のチェコ製フィルムを使ってみました

初めて使う FOMAPAN Creative というもので
1本あたり500円程度と 今ならリーゾナブルな値段です
c0182775_184826.jpg

パッケージの画像は小さいですが
購入した「かわうそ商店」さんのサイトから拝借しました

このフィルムを蛇腹カメラ Pearl III に装填するには
色々と事前作業が必要です
c0182775_1873125.jpg

まず右側の巻き取りスプールの軸には
厚さ1mm程度の植毛紙を貼り付けます

昔のフィルムはベースも裏紙も今よりは厚いものでした

今のフィルムは薄いので
巻き上げ初期のコマとコマの間が重なってしまいがちです

それを回避するために巻き上げ軸を少し太くするわけです

次に FOMAPAN の軸の両サイドの皿の縁側を削り取ります

上のスプール画像の右側は富士フィルムのもので
Pearl III にすんなり装填可能です

しかし FOMAPAN の軸の両サイドの皿の縁側は
トータルで1mmほど高くなっているので装填できないのです

現像データはコダック D-76 一対一希釈で20度9分です

その結果 粒状性は富士ACROS100 より少し落ちますが
スキャンしやすいネガになりました

(現像液を排出したら透明な緑色になっていたのにはちょっとのけぞりました
コダックT-MAX の場合はごく薄い紫色になります)

当分 ACROS100 と使い分けて 使いこなしてみたいと思います
c0182775_1894787.jpg



Pearl III
c0182775_18391195.jpg

by zuoteng_jin | 2017-12-14 18:31 | Pearl III | Comments(0)
<< 自足した表情の車椅子老婦と介護... 札幌新道と高速道と恵庭のヤチダモ >>