脳外科待合室と病院仲間の焼肉屋さん

c0182775_1752090.jpg

5月15日に定期検診を受診しました

壁に「脳ドック」のプレートがありますが
今ではけっこう普通になっている診断システムです

そのきっけかを作ったのがこの新札幌脳神経外科病院であり
「日本脳ドック学会」の事務局がこの病院内に設置されているのです

今日この写真を掲げる気になったのは
昨晩久しぶりに病院仲間の営む焼肉屋やなぎ家さんに行ったからです

我が家から車で5分足らずのこのお店は
お腹がもたれない焼肉を食べさせてくれるので常連になりました

しかし一昨年の暮れ前後でしたか
ここのご主人の足の運び等が気になって話をうかがうと
7年前に脳出血でやはり左半身がマヒした由でした

それでしばらくは肉をさばくにも左手が利かず
口で指示するだけだったのが
忙しくなったのをきっかけにまな板に立ち続けると徐々に回復して
今では発病前と変わらず左手が使えるようになったとのことです

やなぎ家さんとこの脳外科は徒歩5分ほどの距離です

ある時 定期検診で待合室に入るとそのご主人もいました

同病相哀れむと言いますが
お互いに積極的に仕事をして回復を目指しましょうと
食事に行くたびに近況を話し合います
c0182775_1894787.jpg




Ricoh 500GX

c0182775_15122887.jpg

by zuoteng_jin | 2017-06-01 18:27 | Ricoh 500GX | Comments(0)
<< オダマキと通夜式と半世紀ぶり二件 マンション住人のコブレットと心... >>