枯れた紫陽花と講義資料に追われる一週間の速さ

c0182775_18251751.jpg

マンション敷地内の紫陽花はすっかり枯れました

関東では11月としては54年ぶりの雪だと言いますが
札幌は積もるところまではいかず
今日もこんな感じの地面です

とはいいつつかなり寒いです

毎週木曜日の2コマの授業のうち 大学院の授業1コマは
日本語の講義を同時自己通訳をして中国語でも実施しています

中国からの留学生は
日本語を学ぶという目的で来るのがほとんどですが
今学期はどういうわけか英語を学びに来た院生が二人いて
日本語は全く通じないのです

それで中国語でも講義しますが
これを実現するためには講義資料を
日中対訳で準備しなくてはなりません

作業自体は決して嫌ではないですが
やはり時間がかかります

今学期の週末はその準備に追われ
木曜日に授業が終わると
また次回の準備に取りかからねば間に合いません

1週間があっという間に過ぎてしまいます

先週末からはそれに
恵庭市市民大学の資料作りが加わりました

本日それを事務局に届け終わり
ちょっとホッとしましたが
本務の日中対訳資料の作成がまた迫ってきたという訳です

それでもそうやってあたふたしているうちに
今学期もどうやら折り返し点を過ぎました
c0182775_20123413.jpg




Ricoh 500G
c0182775_18103448.jpg

by zuoteng_jin | 2016-11-24 18:50 | Ricoh 500G | Comments(0)
<< すさまじきもの:取り残されたネット 冬の枝と青森師団自衛隊員の命 >>