人気ブログランキング |

フレームアウトと旧友の訃報

c0182775_12582279.jpg

ファインダーを覗いていたらフレームインした人が足早に通り過ぎました

今朝 悲しい知らせが届きました

大学学部時代の旧友が先月亡くなっていたということです

大学に入って東京暮らしを始めたころ 慣れない土地で
アルバイトもまだ定着していませんでした

そういう時に同じ学部のその旧友が
新宿の実家で営んでいる軽印刷屋さんで
アルバイトをさせてくれました

その折にいっしょにバイトに出かけたのが 同じく北海道出身で
後に社会人類学会の会長になり母校で同僚になったK.O.君です

彼は2008年 紫綬褒章を受章したその時に重い脳出血に見舞われ
半年の闘病の末 惜しくも亡くなりましたが
誘い合わせて病室を見舞ったのが印刷屋さんの旧友でした

ただ その旧友もその二年前に大腸癌を発症して肝臓にも転移しており
抗癌剤のボトルを腰に下げての見舞いでした

幸いにその後は持ち直して
印刷業や種々の企画業の会社経営に復帰しました

私が札幌に転居した直後に電話をくれましたが
体調はそう悪くない由でした

私が脳出血であってもこの程度で済んだのは
O君が身をもって病気の怖さを教えてくれたので
私も脳ドックを受けることにしたから
こうして命を保っているんだよと言うと
そうだね Oが助けてくれたんだねと涙声で答えてくれました

その後は賀状で少しずつ現状を報告していましたが
入院先の病室で全く苦痛もなく眠るように息を引き取ったと
O君の奥さんからメールがあったのです
(旧友の奥さんは病気を抱える私には連絡を控えたようです)

旧友の一人を大腸癌で もう一人を脳出血で失いましたが
大腸癌と脳出血との両方を患った私は何とか生きています

人生からフレームアウトした彼らの思いを考えるとき
私の命は無駄にはできませんし
出来る限り精一杯生きなければならないと思います
c0182775_1885724.jpg




Leica IIIC
c0182775_17595547.jpg

by zuoteng_jin | 2016-09-06 17:22 | Leica IIIC | Comments(0)
<< 北海道立図書館前と辞書の校了 ノラニンジンと公開講座と次の論文 >>