人気ブログランキング |

珈琲館の中の写真とAgfa Optima の電池アダプター

c0182775_17275044.jpg

ときどき出かける札幌珈琲館の中です

こういう薄暗いところで撮ったのは
カメラ内蔵露出計が正確に作動するかテストしたかったからです

古いこのカメラの電池は水銀電池を使用する作りですが
もちろん今はアルカリ電池しか使えません

そこで電圧や電池サイズを合わせるアダプターが必要になります

c0182775_17343370.jpg

幸いこのカメラの場合
電圧はアルカリの1.5Vで差し支えありません(水銀は1.35V)

しかし一番右にあるアルカリ電池を サイズアップのために
右から二つ目にあるアダプターに入れないといけません

このカメラは電池を3個とアダプターを3個使います

しかしアダプターは1個で安くても2,500円もします

そこでアダプターを自作してはめ込んだのが
アダプターの左に写っているポリチューブです

これは灯油の注油ポンプの差し込み部分を切って作りました

ポンプの外径は水銀電池の外径と同じなのです

ただ それだと内径が足りないので
内部に薄いスポンジを貼り回してあります

長さはアダプター3個分より少し短くして
着脱がスムーズに出来るようにしてあります

長さがちょっと足りない分は
アルミフォイルをグチャグチャ丸めて詰めればOKです

しばらくこの状態で支障なく使っていましたが
ある時 車のブレーキをかけたところ
車の座席からカメラが床に落下して
このインチキアダプターがづれてしまい
シャッター音がしてもシャッターが切れなくなりました

それで もう一度電池の詰め直しをやったので試写した次第です

結果は全く問題ありません

この機材もオートフォーカスなんかついていないどころか
距離計すらついていません

距離は被写体との距離を目測で見当をつけて
レンズを手動でその数値にセットします

そんな不便な機材も使いつけていれば
こうしてどうにかピントが合います


今日は公開講座で話をしてきましたが受講者が少なかったので
その分皆さんにじっくりと
江戸時代の和刻漢籍を手に取っていただき
『唐詩選』の世界に浸っていただきました

そういう日はどういうわけか
ブログが機材ネタになります
c0182775_187386.jpg




Agfa OPTIMA 1035

c0182775_18394155.jpg

by zuoteng_jin | 2016-09-01 18:16 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)
<< 北海道旅行の車と道路情況とバス... 土手道と道内道路の通行止め >>