庭石と辞書の序文を書き上げたこと

c0182775_16554716.jpg

不動明王のあるお寺の庭石です

手前の小さな花はカスミソウでしょうか
庭石との対比が面白いです

ところで今日は「漢辞海」第四版の序文を仕上げました

二週間ほど前に第一稿を書いて以来
指定の紙面にピタリとおさめるまでに5回書き直しました

白状しますと辞書の序文を読むのが好きでした

ただ編者として名前を貸した辞書の序文は論外ですが
自ら筆を執って長い時間をかけて仕上げた辞書の序文は
清々しくて潔くて ひそかな自負に満ちていて気持ちのいいものです

我々の場合 初版は監修者の序だけでしたが
第二版と第三版の編者序は私が起草しましたので
第四版の序も同様に執筆しました

2013年3月に改訂のための最初の編集会議を行ってから
やっと作業は97%ぐらい終了したことになります

この間の作業量を物語る編集打ち合わせメールは
ざっと750通ほどで 3日に2通はありました

はたして清々しい序になったかどうかは
読者の判断にゆだねることになります

c0182775_15432356.jpg




Leica IIIC
c0182775_17595547.jpg

by zuoteng_jin | 2016-08-09 17:44 | Leica IIIC | Comments(0)
<< 日光浴兼読書と不審尋問 我が旧蔵書世界古典文学全集に再会 >>