百合とエゾネギと東京都知事選挙

c0182775_166460.jpg

エゾネギは園芸ではチャイブと呼びますね

西洋料理ではネギとしてさまざまに使うようです


それにしても今度の都知事選挙
つくづく東京都民でなくなって幸いでした

遠い札幌からながめているだけでも不愉快な動きが多々ありました

小池百合子のしたたかな振る舞いには
ほかの候補者の遠く及ばぬところではありましたが
見え透いた発言をきちんと批判したり
彼女の危険な思想信条を紹介するマスコミはほとんどありません

野党共闘は参院選の東北北海道のような効果を生むとは思えませんでした

鳥越俊太郎の出馬第一声が「癌検診百パーセント」だけでしたから
癌サバイバーの私ですら
それで大丈夫か と思ってしまいました

ひどいのは政権与党が内閣調査室を使って
鳥越俊太郎の所謂セクハラを御用週刊誌にリークさせ
選挙妨害をしたことです

それだけではなく陰でしっかりいろんな手を繰り出して
(たとえばTVコメンテーターなどの発言)
反小池陣営をつぶしていたのは ネット情報からも伝わってきました

かつてこんなにやり口の汚い都知事選挙は見たことがありません

表向き自民推薦の増田寛也なる御仁だって
自民の本音は小池だと分かり切っているはずなのに
(それが読めなければ政治家失格でしょう)
出馬を承諾した神経が理解できません

おそらく何らかの密約があるはずです

それはともかく
だいたい都民は弱者に優しい政治には共感しないのです

自分を弱者の側に置きたくないメンタリティが
たくさん集まっているのが東京都民なのであって
だからこそ石原慎太郎が四選を果たしたわけです

強い言葉を吐く政治家がお好みで
特に若い世代においてその傾向が顕著です

そういうメンタリティの延長上に津久井の障碍者殺害事件があります

なにせあの容疑者は自らの殺害計画を
安倍晋三に伝えてほしいという手紙を書いていますが
共感してくれるはずだと思ったに違いないでしょう


また 嫌韓嫌中のヘイトスピーチのリーダーが
10万票以上を獲得しています

こういう日本を見ていると 我ながら嫌日になりそうです
(ネトウヨからはさっさと出て行けと言われますが)
c0182775_1617144.jpg




Leica IIIC
c0182775_17595547.jpg

by zuoteng_jin | 2016-08-02 17:30 | Leica IIIC | Comments(0)
<< 不動明王の目と平和を仕事にする... 塗装職人のキャラと仕事の向き不向き >>