春の立ち話と古いコピー資料を整理する一日

c0182775_1651947.jpg

春は人の異動があれこれあります

立ち話の話題は
家族や親せき知人の異動にちなむことが多いのではないでしょうか

今日はこの15年来 折りに触れて作成した研究資料や講義資料
学生さんの提出した演習資料などのコピーを整理しました

ファィルホルダー5箱分を仕分けして 半分は廃棄しましたが
コピーを仕分けする作業は 小手先の作業のようであって
実際には肩甲骨周りの筋肉を使う作業療法と変わりありません

きのうは足のリハビリだとすれば
きょうは手のリハビリです

内容からいっても 研究教育用のコピーを仕分けるというのは
決して簡単な作業ではありません

特に かつての受講生が作成提出した演習資料は
色んな思い出が伴うので サッサといかないのが普通です

今回もT大文学部と大学院でおこなった授業の演習資料は
手に取って見入ってしまいました

日本では最高に頭の良い学生たちが集まる学府とみなされ
確かに水準の高い資料が作られましたが
残念なことにそのうちのお二人が
卒業後みずから命を絶ちました

その一人のことはかつてブログに書きました

あらためて彼女のご冥福を祈りつつ
その年度の受講生演習資料も整理することにしました
c0182775_17285771.jpg




Leica IIIC
c0182775_18395043.jpg

by zuoteng_jin | 2016-04-04 17:37 | Leica IIIC | Comments(0)
<< 民間車検場 ボディケアとクロッカスの開花 >>