人気ブログランキング |

大詰めの受験勉強と16世紀の講義ノート

c0182775_1723972.jpg

問題集を開いて勉強を始めた受験生です

図書館の一角ではなく 前に何かの団体の役員会議が行われた
ショッピングセンターの休憩コーナーなんです


今日は勤め先の入学試験日ですが
役職を離れた今年度は私自身の業務はありません

それで 3年前に出版広告が出た仕事に集中しています

活字に翻刻することになっている
16世紀の儒者の講義ノートはこんな具合です(講師の自筆です)

c0182775_1733671.jpg

基本的な文字列は入力してありますが
文字使いが一筋縄ではないので一字一字確認して活字化します

たとえば「数」はほとんどの場合「數」で書かれていますが
ときどき「数」になっていたり
「宝」が人名の時だけ「寶」になっていたりするので油断できません

上に示したのを1頁とすれば
全体の分量は460頁程度になります

これを担当者3人で分担していますが
今のペースだと私の担当分で2か月かかるかと踏んでいます

しかし活字化のためにじっくり読み込むのが
色んな意味で面白いのです

16世紀の学生になったような気分で講義を楽しんでいます
c0182775_17475849.jpg
by zuoteng_jin | 2016-01-29 17:50 | DP2S | Comments(0)
<< 冬の札幌軟石の蔵と支笏湖氷濤まつり 落し物 >>