人気ブログランキング |

時雨(しぐれ)

c0182775_14533861.jpg

今日は典型的な時雨です

この季節の雨模様をあらわす「しぐれ」という言葉は日本語に特有で
外国語にはぴったりした言葉がないようです

ロンドンは時雨れることが多そうだと 和英辞典を調べると
" a shower in late fall " 「晩秋の雨」というそうです

「しぐれる」でも " It rains off and on "「降ったり止んだり」

要するに特別の語彙表現は無いようです

漢字で「時雨」と書きますが
本来の意味というか 中国では
「タイムリーな雨」の意味しかありません

「万葉集」の時代からある「しぐれ」は
いかにも日本の気候が生んだ言葉だと思いました

言葉の解説にちなんで
英語学者・田中菊雄のことを書いたエッセイを貼り付けます

ともに北海道出身ということもありますが
彼が勤めた旧制富山高校のちの富山大学と神奈川大学は
かつて私の勤務校でもありました

2ヶ所で同じ大学に専任として勤めるというのは
なかなかあることではないですので 一層の親しみを感じます

c0182775_15143128.jpg

by zuoteng_jin | 2014-11-02 17:00 | DP2S | Comments(2)
Commented by たきた at 2014-11-02 23:50 x
コメントのシステムが変わりましたね、ちょっとびっくりしました。

「田中菊雄」という名を初めて聞きました。学問に夢中になる話は、なぜかとても清々しい気分になります。だれかが「社会や人のためになろうとするよりも、純粋に自分自身の好奇心に駆動されておこなうものの方が強い」と話していましたが、こんなに強い向学心には脱帽です。

それにしても、先生はエッセイの達人ですね。次回も楽しみにしています。
Commented by zuoteng_jin at 2014-11-03 08:32
先日エクサイトブログの仕様が変更になり、コメント書き込みの方式も変わったようです。スマホからの書き込みはエラーが出て、うまくいきません。仕様変更、トータルでは一長一短ですがコメントは短ですね。それでも書き込み下さり、ありがたいです。

先生に「達人」と評価されると、アカデミーの承認を得たように光栄です。実は今回は、最初の草稿が没になり、差し替え用に用意していた控え原稿です。田中菊雄の事実自体が驚嘆に値する内容なので、すごいぞすごいぞと煽るような表現はなるべく抑えました。それでも充分に伝わったようで安心しました。

没原稿も、ブログでは何らかの方法で公表しましょう。今後ともよろしくお願いいたします。
<< 黄菊 吹奏楽 >>