トレーニング・ラン

c0182775_19542228.jpg

サイクリングロードでトレーニングする女性です

こんな写真を撮ると逮捕されかねない世の中になりました

先月末『日刊ゲンダイ』の記事です
下着を盗撮したわけでもないのに逮捕─―。こんな事件が川崎市で起きた。
神奈川県警に捕まったのは同市環境局に勤める40歳の男。28日の夕方、
東急田園都市線の車内で隣に座った女子大生(21)を撮ったのだ。

着衣の全身像を撮っただけで
県の迷惑行為防止条例違反なのだそうです

シャッターを切らなくてもカメラを向けただけで
迷惑行為が成立するという解説があります

撮られた本人が迷惑だと思うから
迷惑行為という判断なのでしょうね

これは条例制定の法の精神とは
ちょっとずれた解釈のように思えてなりません
(本来は暴力団の迷惑行為を防止するのが趣旨)

たとえば個人情報保護法ですが
あれは700人以上の個人情報を持っている事業者に課せられる法律です

しかし言葉だけが独り歩きして
団地管理組合に居住者が年齢を申告しない言い訳に
個人情報を守るのが法律にあるからと言う人がいるのです

何のために誰が守るべき法律なのかについて
完全に無理解のまま主張されて 困ったことがあります

しかも迷惑行為防止条例の怖いところは
これが親告でなくてもいいことです

この先 街角スナップなどは無くなってしまいそうです





Konica C35 FD

c0182775_20232362.jpg

by zuoteng_jin | 2014-09-02 20:17 | Konica C35 FD | Comments(0)
<< 道庁レンガ庁舎 夏をあきらめない >>