人気ブログランキング |

喪中葉書

c0182775_16585776.jpg

新宿新大久保の社会保険中央総合病院から都庁方面です

今日から年賀状の受付が始まったとのことですが
先月から喪中葉書が届いたり
こちらから出したりしていました

今日届いたのは
この病室で同室だった方の奥様からの喪中葉書でした

私は2004年10月に直腸癌の手術を受け
その手術跡の再手術のために
2007年7月に再入院しました

その時に同じ癌で 直腸全摘・人工肛門造設を控えて
すっかり落ち込んだその方が 不安のあまり話しかけてきました

麻雀が趣味で 人工肛門だと臭いがして
雀卓を囲めないのが辛いということです

そこで 私の脇に座らせて どうです臭いますか
トラブルを起こさない限り無臭ですよ と説明しました

それでやっと 次の日の手術に臨むふんぎりがついたのです
その時で50歳直前ぐらいでした

退院後も 年賀状のやり取りが続き
快適に元気で暮らしているとのことでした

あれから6年間
癌患者としてはよく頑張ったと思います

6年半前に一緒に見た夜景を掲げ
ご冥福を祈りたいと思います

by zuoteng_jin | 2013-12-15 17:42 | Casio EX-P600 | Comments(0)
<< 薄雪薄暮 美女たちに励まされて >>