廣瀬寫眞舘

c0182775_19301948.jpg

北海道開拓の村に保存されている写真館です

この写真館は岩見沢市に1958年まであったと言いますし
その場所も子供の頃の私がそばを通ったことがあります

建物を正面からではなく横から撮ったのは
二つ理由があります

ひとつは私の住む炭鉱町が東側にあり
自転車でこの街にやってきた時に建物を見たとすると
この側面からなはずです

隣町からの街道沿いなので
必ず目に入れたはずですが 記憶にはありません

もうひとつは左手の屋根全体が
明り取りのガラス屋根であるのを画面に入れたかったからです

その屋根の下が写場になっていました

c0182775_1941240.jpg

自然光の降り注ぐポートレートを
8×10インチの乾板でしっかりととらえたのでしょう

カメラはこんなに巨大ですが
部屋の隅に置いてあったマグネシウムの発光器は
手のひら大の小さなものでした

by zuoteng_jin | 2013-09-09 19:51 | DP2S | Comments(0)
<< モデル撮影会 北海道開拓の村のススキ >>