超ミニ待合室

c0182775_22205394.jpg

孫たちの住む家の最寄り駅JR沼ノ端駅です

この駅では改札口や待合席が跨線橋の上にあります

超ミニ待合室で携帯チェックに余念のない娘さんがいました

最近わたしもスマートフォンの画面が見にくくなったので
メガネを新調することにしました

今日それが出来上がって
遠距離はそう変わりませんが
近距離の手元や机上がかなり見やすくなりました

ところで今日学校で
昨日の理学療法学科の受講生が書いた感想文をお預かりしました

A4判25行の用紙ですがほとんどの受講生が
紙面いっぱいに書いてくれています

この科目の授業担当教授は出席確認のために
毎回感想文を書かせるのだそうですが
今回は前例のないほど字数が多いということでした

受講生のほとんどは
脳卒中患者自身の口から話を聞くのは初めてだということで
けっこう印象深く聞いてくれたようです

リハビリは療法士と患者の「共同作業」であるとか
人生経験を語る高齢患者の話に関心を寄せることが大事だとか
患者に自主トレをやる気になってもらうと回復が早いとか
当方の伝えたいことは しっかり伝わっているようでした

95名の感想文を読了するのに二時間半ほどかかりましたが
視度の合うメガネなので
割合楽に読むことが出来ました

by zuoteng_jin | 2013-06-21 22:43 | NEX-7 | Comments(0)
<< 名前の知らない花 多摩丘陵病院談話室 >>