発症ひと月

c0182775_23404566.jpg

トイレ起床したら発症一月前の同時刻です

投稿の日時は30分ほど早く表示されています
実際には深夜の日付が変わった頃でした

写真は台北のレストラン入口の母子です

自分はここまでで95%ほど回復しました

もう立ち直りは間近だと思います

いま気になるのは選挙の帰趨です

母親達が
しっかりと我が子を守れるような結果に
なってほしいです


昨日のご面会は
この病棟から1キロ半ほどの距離を
隔てて住んでいる前任校の同僚です
近いので人間ドックはいつもここで
受診しているのだそうです

韓国籍から日本に帰化したのですが
来春定年後には韓国に定住する由でした

互いに定年後の予定を語り合うなどとは
しみじみ時の移りを感じました

by zuoteng_jin | 2012-12-11 23:37 | Bessa R3A | Comments(2)
Commented by たきた at 2012-12-12 00:33 x
病院で不在者投票ができるんですね、知りませんでした。いろんなところに、制度としての民主主義はあるんですね、大事にしたいです。

きょうは国会図書館に行って、なんとか締切の18時前までにコピー受付を済ませ、小腹が空いたので、売店で焼きそばパンを買って、食堂横のテーブル席でかじっていました。

18時のNHKニュースがテレビで流れ始め、各党首の選挙演説のダイジェスト版が映されました。僕の前にいた若い女性が、ずっとテレビを見つめていました。ちょっといいな、何か研究している人なのかなと思いました。

ふたつ隣のテーブルの大柄男子は、カップラーメンをふたつ食べていました!
Commented by zuoteng_jin at 2012-12-12 06:08
国会図書館の光景、何となく師走のひとときを感じました。師走選挙、とにかく戦争をやらせたい声高な主張に対して、有権者がそれを歓迎しているかのようなマスコミの世論操作がなされているようで、ベッドの上でヤキモキしています。
<< 院内レストランかえで コーヒー自販機と不在者投票 >>