人気ブログランキング |

放射能疎開キャンパス

c0182775_21181244.jpg

この中学校高校は放射能を避けて疎開してきています

福島の事故では今でも16万人もが
故郷に戻れないまま どこかで暮らしています

原発はコストが安いから再稼働が必要だという人々は
この16万人の生活補償は無用だと思っているわけで
こんな看板を見てもせせら笑うのではないかと思います

通勤の際に 必ずこれを見て通りますが
そのたびに 原発コスト論者に腹が立ちます


ところで上のコマは
巻き戻し軸のストッパーが壊れた Minolta XD で写したので
右端の部分がピンぼけです

それで手製のストッパーを細工したのですが
下のコマを見ると右端のピントは問題ないようです

町の小さな電気屋さんのウィンドウ・ディスプレイです

c0182775_21324589.jpg

by zuoteng_jin | 2012-07-20 21:41 | Minolta XD | Comments(2)
Commented by shijing_haozhao at 2012-07-21 09:34 x
学校ごと東京へ疎開してきているところがあることは知りませんでした。16万人という数字にもあらためてハッとさせられます。うーむ。
ビシッとしたシンプルな構図の力強さが文章とよくマッチしていますね。
Commented by zuoteng_jin at 2012-07-21 21:40
この学校は中高一貫して全寮制であることが特色らしいです。全寮制だからこそ、学校ごと疎開することができたのでしょう。でも、那須高原という環境から都会のニュータウンへの疎開は、本人達の気持ちは分かりませんが、やはり気の毒な感じがします。
被災者たちに対する東電の賠償指標を政府が提示しましたが(今日の朝刊)、慣れない土地で不安な生活を余儀なくされている立場に身を置いて見ると、ため息が出るだけだと思いました。
<< 違反切符 単気筒バイク >>