人気ブログランキング |

スマートフォンカメラ

c0182775_2136264.jpg

今月発売になったスマートフォン REGZA IS11T の撮影結果です

撮像素子が 1/3.2 インチ
つまり35mmフィルムの面積のわずか2%強程度の大きさです
200万画素程度の初期のコンパクトカメラカメラについていたものですね

レンズだって爪楊枝が通るか通らないかという口径のおもちゃです

あえて輝度差の大きい場面にレンズを向けてみました
まったく期待していませんでしたが この写りには正直驚きました

よく仕様を見ると 800万画素なんだそうです
ちなみに カメラ性能がいいという iPhone 4 は
撮像素子が同じで500万画素です

スマホと言いながら
CPU 速度が 1.4G ヘルツあるのに助けられての画像処理でしょうか

手ブレ補正・マクロ・顔認識AF なども取り揃えてあるんです

PDA ツールとしては Google 端末の性格が濃厚で
Google と連携するアプリだと使い勝手がよくなります

準フルキーボードと ATOK で
文字入力は携帯電話など足元にも及ばない快適さです

by zuoteng_jin | 2011-09-19 22:00 | REGZA IS11T | Comments(2)
Commented by shijing_haozhao at 2011-09-21 10:50 x
新しいスマートフォンいいですね。なかなか本格的なカメラで撮った画像には及ばないでしょうけれど、ケータイやスマートフォンからの画像も、メモとしては必要にして充分です。
メモで使う場合も多いと最短撮影距離が気になります。それから私の場合いつもポケットに直接入れているのでキズがつくんだと思いますが、使っているうちに周辺光量不足というか周辺部の色むらがでてくるのが気になっています。
Commented by zuoteng_jin at 2011-09-21 22:01
ええ本当に思いがけない写りでした。マクロの最短撮影距離は10cmだそうです。驚いたことに、トリミング、明度・コントラスト・色味・シャープネス調整などの編集も本体の中で出来るのですね。撮影時のホワイトバランスの設定もマニュアルで出来ます(iPhoneなら当たり前の機能かもしれませんが)。
周辺の色むらは、たぶんローパスフィルターがついていないスマートフォンの附録としては、已むを得ない症状かもしれません。
はは、そのうちいろいろ遊んでみます。
<< 曲水 台風12号が近づいた日 >>