書架倒壊

c0182775_1941491.jpg

今日 地震後はじめて大学の研究室に行ってみました

左手の書架は 立て直したもので
最初は下のように倒れていたのです
c0182775_19501343.jpg

先に右の壁の棚が倒れて
それから左の棚が倒れてかぶさり
部屋の真ん中で合掌していました

耐震アームなどはみごとに吹っ飛んでいました

13階建ての9階で しかも角に近い位置ですから
この画面で言えば左右にかなり揺すられたと見えます

ビルメンテナンスの職員に取りあえず
左の棚を起こしてもらい
耐震アームを増設してもらいました

c0182775_19564891.jpgそのために
書架の前を 取りあえず片付けましたが
書籍の通巻などがそろうまでには
数ヶ月かかりそうです

それでも
三陸の被災現地に較べれば
何一つ無くなったわけでもなく
被害とは言えないと思いました

考えようによっては
一冊一冊を手に取るよい機会です
今日も一冊
無くしたと思っていた本を
発見しました

by zuoteng_jin | 2011-03-16 20:16 | DP2S | Comments(4)
Commented by Xiao Yu at 2011-03-16 20:57 x
東京はひどかったのですね。こちら、震度5でしたが、これほどではありませんでした。腰など痛めないようにご注意ください。今日、担任する子どもに、斉藤隆介の「八郎」(八郎潟の謂れを語った民話)という絵本を読んであげました。偶然手に取った本ですが、現在の東北地方の現状を言い当てているようで、背筋が寒くなりました。地震のせいでPTSDにかかって学校に来れない子がいるとも職場で聞きました。また、今日はじめて計画節電を経験して、妻と暗闇でおたおたしてましたが、、、。いずれにしましても、奥様共々お体に気をつけてお過ごしください。
Commented by zuoteng_jin at 2011-03-16 22:45
Xiao Yu さんコメント多謝! ご心配ありがとうございます。
この状況は揺れの方向が書架を前後に揺さぶるものであったことと、建物の角近くなので振れ幅が大きかったこと、それで生じたものと思われます。幸い、主として使う書籍はここに置いていませんので、自分のできる範囲で片付けます。そのうちに定年になりそうですが(笑)
こうなってくると、児童生徒をあずかる教職の役割が大事ですね。言わずもがなですが、奥さんともども、ご精励を願います。
Commented by zuoteng_jin at 2011-03-18 20:22
zuotengです(なるべくハンドルネームでお願いします)。お見舞い多謝です。
もし在室していて机の前にいたら、後頭部をやられていました。ガラスは良くないかもしれません。一度点検なさるとよいと思います。
Commented by shiqi at 2011-03-18 23:35 x
zuotengさま。
一番上の写真が最初に目に入ったので、大したことなかったのだなと思ったら、一番下の写真をみて喫驚した次第。私の研究室の備え付けの書架はガラスの引き戸があるので、背筋が凍る思いでした。とにかく、ご無事で何よりです。どうかお疲れの出ませんよう。
<< とりあえず 原発事故 >>