今年の梅

c0182775_2143720.jpg

自宅と書庫兼仕事場の途中にある梅の木です

病気のあと 梅に限らず 周囲に咲く花を見るたびに
来年は見ることがあるかと 思わないではいられませんでした

そのうちに どの角をまがると
いつ頃どの花が咲くと 覚えるようになりました

この梅は 小学校の法面にある大きな木に咲くものです
モノクロでは 引きで撮るとよく分かりませんが
c0182775_21495859.jpg

by zuoteng_jin | 2011-02-07 21:54 | Minolta HIMATIC 11 | Comments(2)
Commented by XIAO YU at 2011-02-14 20:33 x
私も、同じ病を患ったときに同じ気もちになりました。この教え子も術後、15年間生存しています。人間の生命力は案外しぶといものです。今日も雪ですが、ご自愛ください。ポーランドに仕事で行けるなんて、うらやましいです。
Commented by zuoteng_jin at 2011-02-14 21:51
XIAO YU さん、コメント多謝!
お互い本当によかったですね。大兄の場合はまだお若かったから、不安もひとしおだったことでしょう。そういう中で、お宅のご伴侶の明るさがどれほど支えになったことかと思います。どうかよろしくお伝え下さい。
ポーランドは楽しみですが、仕事の準備もそれ相当に時間がかかります。零度前後の気温ですからいかにも寒そうですが、そういう土地は煖房もしっかりしているはずだと、気軽にかまえています。
<< 車止めの飾り 浚渫を待つ池底 >>