人気ブログランキング |

ブダペスト首都中央図書館

c0182775_21422514.jpg

図書館の受付付近です(無料の当日券を発行してもらい 入場してみました)

正確には「首都サボー・エルビン図書館」といいます

サボー・エルビンは社会学者で この図書館の初代館長の名前です

エトバス・ロラーンド大学(=ブダペスト大学)の二倍を誇る蔵書数300万冊も大したものですが
何よりもこの建物が素晴らしいです(もとは貴族の館だと聞きました)

19世紀末のアール・ヌーヴォー様式の装飾がふんだんに使ってありますが
撮影禁止なので内部は写せませんでした

そういう部屋をすべてそのまま閲覧室にしているのですから
世紀末の貴族になった気分で本が読めます(大変豪華で言葉にはなりません)

この環境で 一般市民がノートパソコンなどを持ち込んで 熱心に調べものをしているのを眺めると
「豊かさ」とは何なのか つくづく考えてしまいました

この入口の手前は いわばロビーで こんな具合です ↓
c0182775_2205077.jpg

by zuoteng_jin | 2010-03-28 22:08 | Contax T3 | Comments(0)
<< ハンガリー建国の都 ハンガリー(ミニマーケット) >>