遠慮がちなお断り

c0182775_21314915.jpg

書庫兼仕事場の 隣家とのさかいです

昨年の夏 「小便お断り」のプレートが貼られましたが
幅4センチほどですから 酔漢などの眼に入るかどうか 危ぶんでいます

これも 昨日と同じ機材 GS645で撮りました
Minolta 7sII(ROKKOR 40mm) や Minolta Autocord(ROKKOR 75mm)をふくめ
よく手に取るカメラは 電池が不要の機械式カメラです(露出計はついていますが)

こういう機械でないと 使った感覚が得られないのです


*プリウスのアクセルやブレーキが問題になっています

車のアクセルやブレーキは ペダルの踏力でワイヤーを引っ張って直接作動させるのが確実です
昨年末まで乗っていた古い車はそうでした

こんなメカニズムを コンピュータを介してコントロールさせるのが間違いの元です

ふつうの市民が運転する車には いま付いているような高度な性能は要りません
それが役に立つのは 車の操作を限界まで追い込んだような場合です

身の丈にあった道具で充分なのです

ネット上の中古カメラ屋さんを見ていると
デジタル高級一眼レフが 毎日のように 山と持ち込まれているのが分かります

素人写真家には 必要のない性能
つまり 身の丈にあっていない道具なのではないかと思われてなりません

いわば 道具の性能バブルではありますまいか?



c0182775_2202928.jpg

by zuoteng_jin | 2010-02-06 22:04 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)
<< つぼみ フジ GS645 Profes... >>