人気ブログランキング |

キティちゃん35周年

c0182775_2337514.jpg

キティちゃんは誕生以来 今年で35年になるそうです

サンリオという会社は 1970年ごろ 山梨シルクセンター という名前でした
そのころ 不二家のペコちゃん・ポコちゃんの衣装の作成を請け負っていたんですよ

そこで仕事をしていた女性が 友人の奥さんになったのでこういう会社があることを知りました

73年に山梨王をもじって サンリオ という名称に変更し
翌年 キティちゃんをキャラクターにしたそうです

我が家が多摩市に引っ越してきた翌年に
テーマパークのサンリオ・ピューロランドができました

それ以来 サンリオは多摩市を ハローキティに会える街と言っています
by zuoteng_jin | 2009-12-08 23:49 | Minolta HIMATIC 7sII | Comments(4)
Commented by xiaogu at 2009-12-12 02:59 x
いつも写真楽しみにしています。アメリカでもキティちゃんは人気があるようで、うちのおちびも大好きです。外国で日本のものをみかけると嬉しくなります。キャラクターは大切な日本文化の一つですね。
Commented by zuoteng_jin at 2009-12-12 07:38
xiaoguさん、はるばる桑港からのコメントありがとうございます。
キティちゃんは色々ある日本初キャラクターのなかでも、息が長い活躍をしていると思います。ただ、アメリカの子供たちはそもそも日本製キャラクターだと思っていないのでしょうね。こんどその辺りを教えてください。
Commented by xiaogu at 2009-12-29 14:01 x
うちの子供たちが好きなものはPokemon ・Bakugan(爆丸)・ キティちゃん 等です。Yugioh(遊戯王)やドラゴンボールなどもトイザラスではよくみかけます。子供たちには日本製といった意識はあまりないようですが、日本製のものを見つける度に「これは日本のものだよ」と教えるようにしています。最初のころは「え これも日本なの?」といった様な反応でした。この前PokemonはPocket Monsterの略称だよ、と教えたらとてもビックリしていました(現地ではPokemonがタイトルのため)。ほかの漫画やアニメはわかりませんが、Pokemonはキャラクターの名称を現地になじみやすいように変えてあります。日本では主人公はさとし君ですが、米国版ではAshとなんともいかした(?)お名前です。マリオブラザーズのクッパ大王もバウザーという名前で、キノピオ(おそらくきのこだからでしょうね)もトッドといかい名前に変わっています。そんな中でPokemonのHariyama(見た目はお相撲さんのキャラクター)というキャラを見つけた時は嬉しくなってしまいました。あ、これは変更しなかったのね って。いろいろと面白い発見があります(^^)
Commented by zuoteng_jin at 2009-12-29 23:24
xiaoguさん詳細なコメントありがとうございます。言葉屋としては、キャラクターの書き換えが興味深いです。そういえば、日本の方で欧米キャラクターを導入する場合は日本名に変えないですね。ミッキーマウスが、たとえば三平鼠になっても可笑しくないはずですが、そうはなりません。面白い発見がありそうです。
<< 4台のスクーター 新聞記事 >>