モンブラン(東銀座)

c0182775_20184724.jpg

万年筆モンブランのショーウィンドウです

考えてみたら 内外の万年筆のブランドは ほとんど今でも健在ですね
これだけペーパーレス社会なんて言っても 筆記用具はしぶとく売れているのでしょうか

万年筆という日本語の由来は よく分からないらしいです

むかし 中国語を学びはじめたころ 万年筆は「自来水筆」だと知り
その即物的な造語に感心したことを思い出します
(今は「金筆」が普通のようです)

それに較べると 万年筆という言葉は いかにも商業主義的というか
キャッチングとしては上手くできていると 改めて思いました
by zuoteng_jin | 2009-09-06 20:31 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)
<< ヘアサロン(東銀座) 歩行者天国(東銀座) >>