今どきのポンプ

c0182775_2322730.jpg

府中市の「武蔵野の森公園」にて

この公園は 昔の陸軍飛行基地あとにあります

戦時中には 掩体壕(えんたいごう)という戦闘機専用防空壕があったそうです
物資や機材が底をついたころに なけなしの飛行機を空襲から守るためです

飛行基地の一部が 70年代に調布飛行場になりました
大島や新島などに不定期便が飛んでいます

写真は公園内のポンプですが 災害避難所用になっています

今どきのポンプは ちょっと見にはそれと分からなかったです

写真を撮ってから気がつきましたが 両サイドに普通の蛇口があります
何のためにあるのか 未だに見当がつきません
by zuoteng_jin | 2009-08-05 23:37 | Konica C35 FD | Comments(0)
<< フキ 夏休みのバイト >>