人気ブログランキング |

あめふり

c0182775_1935465.jpg

もよりの郵便局を出たら この子たちが 雨の中を帰るところでした

自転車の子は さっさと先に帰るのではなく
傘をさして歩いている友達に つきあっています

自転車の子が あ 撮られた と笑いました

キミら 仲がいいんだなぁと わたしが返すと
どことなく 照れくさそうな 二人でした
by zuoteng_jin | 2009-06-15 19:45 | Minolta HIMATIC F | Comments(2)
Commented by shijing_haozhao at 2009-06-17 12:01 x
小学校の時に遊んだ同級生とやっぱり近所で暮らしていける幸せってあるんですよね。同じ地域に住んでいるわけですから、あれこれある役員なんかがやっぱり同じ時期に回ってきたりするわけです。いつも話なんてしていなくても、心が通じている安心感がありますから、「おい、ちょっと頼むわ」と言えば(言わなくても)、ものごとがうまく運ぶことが多いです。ありがたいことです。
仲の良さを指摘されたときの恥じらい。よくわかります。なんだかんだいっても小説や映画では男の友情がらみのものが好みです。
Commented by zuoteng_jin at 2009-06-17 20:54
shijingさんコメントありがとうございます。小学校の同級生が同じ地域に住んでいるのは羨ましいです。閉山炭鉱出身の我々の場合は、誰も故郷に住んでいません。小中高すべて廃校になっています。しかし、小学校以来の友人たちとは、東京で年に3~4回会います。50年以上の付き合いですから、そこではやはりくだくだしく説明しなくても、分かり合える関係になっていますよ。利害に関係ないからこそ、持つべきは友なんですね。
<< 一雨来そう クチナシ >>