草むす階段

c0182775_20313220.jpg

雑草がたくましく 生(む)しています

あまり人が通らなくなった階段なのです
ステンレスの手すりは新しいままですが 足もとが痛んできています


話は変わりますが 本日 カミさんをともなって 10数年ぶりに銀座に出ました
知人が画廊で 草木染の個展を開催しているのを見てきたのです

知人は 正確に言えばかつての同僚の奥様です
その同僚は 朝鮮古刊本研究の世界的な研究者で
数年前に 韓国から文化勲章を授与されたほどの業績があります

その同僚も 某国立大学を定年になって 今は千葉県の某私学で研究を続けています
奥様の草木染は そのキャンパス内の雑木林で採集した植物を 染料にしているのです

草木の搾り汁で染めた絹や麻が 柔らかな光をはなっているのが素敵でした
by zuoteng_jin | 2009-05-22 20:50 | Ricohflex Dia | Comments(0)
<< 草木染展 指名手配 >>