団地の梅

c0182775_22263662.jpg

わたくし 30年来の重症杉花粉症です
鼻からノド 果ては気管まで炎症でズタズタになり
発熱して 何日も寝込むのが恒例でした

「でした」というのは
ガンの手術を受け ある臓器をまるごと摘出したところ
免疫力ががた落ちして 花粉が入ってきても 反応しなくなったのです
3シーズンは花粉症知らずで過ごしましたが 反面 恐かったです

術後5シーズン目の今年
免疫力が回復してきたとみえ 目がかゆく 鼻もぐずぐずしています

花粉症がうれしい身体もあるのですから
なにかにつけ ものごとを決めつけるものではないですね
by zuoteng_jin | 2009-03-11 22:28 | Fuji GS645 Pro. | Comments(2)
Commented by shijing_haozhao at 2009-03-14 23:38 x
人間の体って、微妙なものというか高感度なものというか正直なものでもあるのでしょうね。先生の花粉症の再発を喜びたいところです。ちなみに私はこれまでたくさん花粉にまみれるような生活をしているはずなのに、今のところ、なんともないんです。うーん。
グレーのトーンがきれいですね。梅も空も後の団地も。後の団地はボケ具合がいいのでしょうか。
Commented by zuoteng_jin at 2009-03-16 02:09
shijingさん、コメントありがとうございます。
実は、大手術後に、身体のメカニズムが色々と変わりました。手術前は大変な高血圧で、朝夕二度づつ降圧剤を服用していたのですが、今は軽いのを一度のむだけで、正常値を保っています。花粉症は花粉だけが原因ではないでしょうね。花粉が多くても、田圃や土にとけ込む環境だと発症しにくいということも聞きます。
レンジファインダーだと、被写体に寄って90センチですから、この季節のブログに氾濫する花びらマクロ撮影などむりです。その上モノクロですし、それでこんな撮り方をしてみた次第です。これからの時期、モノクロで花々をどう撮るか、楽しみではあります。
<< 恋かもしれない プラットフォーム >>