通院タクシーの話二題

c0182775_1765142.jpg

この撮影は3月ですが今日の按配もこんな感じでした

ただもっと天候が荒れていたので 今日の脳外科定期検診には
ここからタクシーで行きました

行きのタクシー料金は910円だったので1000円札をまず出して
あと10円ちょっと待ってねと財布をまさぐってたら
運転手さんは100円コインを出して
「お客さん負けとくよ 気いつけて降りてね」とのこと

急な展開に驚いて 「親切にありがとう」と言って降りましたが
降りてやっと個人タクシーだったことに気がつきました

そのとたん こちらから「お釣りは良いです」
と言うべきだったと後悔しましたが
余程私が貧相に見えたに違いないです

検診は特に問題が無く
いつものように血圧の薬を処方してもらいました

診察が終わって
病院前の客待ちタクシーに乗りましたが
目の前に運転手のネームタグがあって「門馬正庫」というものでした

姓と名の調和に感心して「もんままさくらさんですか」
そう聞いたところ
「おお 正しく読んでくれた人はお客さんが生涯で24人目です」とのこと

喜んだ運転手氏(64歳の由)は
名前にまつわる思い出話をあれこれ披露してくれましたが
ご父君が漢字好きで昭和30年ごろ出版の漢和辞典を
いつまでも大事に使っていたとのことでした

三省堂からの情報でも 読者葉書で最も多いのは
「名づけの時に役に立ちました」なのだそうです

c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-12-14 17:38 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

ブラックアイスバーンの日

c0182775_17353887.jpg

下の車道は札幌新道で土手の上が高速道央自動車道です

今朝8時ごろ 高速道この前方7キロほどの地点で
乗用車がスリップしてクッションドラムに衝突したそうです

その巻き添えで 後方12箇所で 21台が事故を起こしました

私は 昼からの授業で なおかつ一般道でしたので
事故の影響はありませんでした

しかし帰りの道は 舗装の上の水分が凍結して
いわゆるブラックアイスバーンになっていました

走行中常にスリップしている感じですね

タイヤが滑る時は ハンドルを軽く握って
むしろハンドルを滑らす操作が有効です

明日からはまた雪が降るそうですが
さてさてどんな路面になりますか
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-12-13 17:51 | Contax T2 | Comments(0)

冬こそ自転車だという強者と自動車の雪上運転

c0182775_16455929.jpg

スーパーの出入り口に駐輪してありました

雪の上だって自転車だとばかり
雪を噛んできたスタッドレスタイヤが頼もしいです

強者ですね

今日は会議登校でしたが 全路面が凍結圧雪でした

そういう条件になると キャンパス脇の安全な道路で
一度はフルブレーキの踏込みでアンチロックブレーキと
タイヤ滑りの体験をしておきます

今の車は緊急時にはためらわずガツンとブレーキを踏みこむ方が
短い距離で停まるようにできています

出来るだけ避けるべきなのは車線変更で轍を越えることです

凍結していたら車線変更もやってはいけません

昔 私の車を追い抜いて前に回り込んだ若者の車が
滑ってタクシーに接触し あわてたハンドル操作で
反対車線に飛び出し
路肩の雪の壁に激突したというのを目撃しました

あと三か月は慎重運転の日々が続きます
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-12-12 17:30 | Contax T2 | Comments(0)

ソリの跡とスキーの跡

c0182775_17244816.jpg

公園の崖がソリのスロープになっています

月曜日の撮影ですが 日曜日にたっぷり遊んだと見えます

今シーズン中に 滑っているところを撮りたいものです
c0182775_17311331.jpg

こちらは公園に行く手前の川べりを利用した歩くスキーの跡です

毎年この川の両側を歩くスキーのコースに仕立てている人がいます

もっとも 見かけるのはいつも跡だけで
スキーヤーを見かけることはありませんでした

豈はからんや この日のリハビリウオークを終えて玄関先まで来たら
左手に歩くスキー板 右手にストックを握って
ルンルンといった感じで帰宅するスキーヤーに会いました

何のことはない 同じマンションの住人が滑っていたのです

残念ながら カメラからフィルムを抜き取った後でした

この方も今度滑っているところを見かけたら
一枚撮らせていただこうと思いました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-12-11 17:43 | Comments(0)

放射冷却のリハビリ散歩と藤棚写真の弟の感想

c0182775_17172318.jpg

今日の正午過ぎは快晴でしたが放射冷却でした

午前中に執筆をつづけていた原稿の97%が出来たので
身体をほぐしに外に出たのでした

我が家は左側のマンションの左端
上から二階分下りた部屋です

いつもは見下ろしている戸建て住宅街を歩くと
おなじみの藤棚がありました
c0182775_1725630.jpg

今年の3月20日にこの棚の写真をブログに掲げました

「多年生植物は花や実や葉が落ちてしまっても
根がついていれば春が来たらまた芽吹きます」
こう書いたところ
闘病中の弟から
「多年生植物の話には感じ入りました」
というメールをもらいました

今日これをファインダーで見ながら
あれはまだついこの間のことだったような
果てしなく遠い昔のことだったような
まとまらない気分のままシャッターを切りました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-12-10 17:36 | Contax T2 | Comments(0)

降雪時は屋内こそ転倒注意

c0182775_17155484.jpg

ショッピングセンターを入ると上のような注意書きがあります

さらに裏口のドアにもこうあります
c0182775_17192069.jpg

雪が降ると確かに滑って転倒するのには要注意です

今日も経験しましたが
たとえば歩道を駐車場からの走路が横切る場所はよく滑ります

駐車場から出る車の一時停止する際のブレーキで
路面を磨き上げるからです

しかし 油断ならないのは建物の入り口の中なんです

靴に着いた雪がリノリウムの床に落ちると 滑りやすくなります

さらに私のように杖を突いて中に入ると
杖先の固まった雪が床の上をなめって
杖の役割が逆効果になります

齢をとって 身体が不自由になると
若いころには問題にもならないことが
重要な問題になってきます
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-12-09 17:37 | Contax T2 | Comments(0)

薄雪の日々

c0182775_17273680.jpg

この屋根の雪はいったん融けてまた降りました

しかしドカ雪にはならず 薄皮まんじゅうの皮のようです

それでも今日は日中でも零下5度ですから
路面の雪は圧雪として残り 久しぶりに雪上運転をしました

滑るのを前提としてブレーキをかける感覚が大事ですね

晴れ間があるとまだこんな光景です
c0182775_17344938.jpg

昼すぎに外出しましたが 相変わらず原稿に追われています

地震のあと 蔵書を整理したので
原稿に必要な本ほど見つからないという皮肉に悩みつつ
それでも倦まず弛まず匍匐前進のようにやっています
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-12-08 17:41 | Contax T2 | Comments(0)