タグ:YASHINON DX 40mm F1.7(M改造) ( 52 ) タグの人気記事

築地本願寺②

c0182775_16322933.jpg

中国か台湾からの旅行客が撮影中です

広々とした本願寺の境内は絶好の撮影ポイントなんですね

法要の読経をしばらく聞いて外に出てからも続けていました
c0182775_16371752.jpg

しかし東京五輪に向けて駐車場の拡張工事が始まっていました

せっかくの空間がもったいないですね

外国からだけでなくこうやって地図を参照しながらやってくる同胞もいます
c0182775_16445991.jpg

東京五輪のためにズタズタにされる前の築地を見ておいたのは
弟の入院見舞いのついでとはいえ 悪くない経験でした
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-07 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

築地本願寺①

c0182775_16521358.jpg

築地市場のそばにある本願寺です

日本の寺院建築は基本的に中国様式なのですが
この本願寺はインド様式です

設計者は建築史家の伊東忠太ですが 忠太は
明治時代の留学先にヨーロッパではなく中国・インドを選びました

この築地本願寺は仏教の故郷インドの様式で設計した由です

本願寺ですから親鸞上人を開祖としています
c0182775_16592235.jpg

建物自体は在京中に首都高速からよく目にしていましたが
この機会ですから本堂に入りました
c0182775_1745511.jpg

この日はたまたま築地本願寺婦人会という団体が
24~25名で法要に参加していました

本堂に入るのに観光地のように拝観料などを取らないのは
ちゃんとした宗教活動なのだなと感心しました

東欧で入った教会も たとえばワルシャワの
ショパンの心臓を保存してある聖十字架教会でも無料で入れました

聖十字架教会で聴いた讃美歌は静かながらも
これまで耳にした中では最も厳かな讃美歌でした

京都などの寺院が当たり前のように拝観料を取るのは
私はどうも釈然としません

ふだんさほど宗教心の無い俗人から拝観料を取ると
ますます俗なる気持ちが増長されるだけだと思うのですがね
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-06 17:26 | Minolta CLE | Comments(0)

築地場外市場④

c0182775_16342187.jpg

画面中央の「玉子焼丸武」はテリー伊藤の実家です

築地には玉子焼きの専門店があって
丸武と まあ私程度でも知っているのは「松露」です
c0182775_16381439.jpg

松露のお父さんがゴミの分別を守らない客に
No! No! と声を掛けているところです

私は身体のバランスをとるのがやっかいなので
玉子焼きを買って立ち食いするのは諦めました

そこで築地藪そばを名乗るお店に入って
お蕎麦のほかに出汁巻玉子を注文しました

奥さんは「昼酒やってます」「ランチ生ビール」の文字を見て
もちろんそっちに期待したに違いありません
c0182775_16551932.jpg

蕎麦は北海道の麺の方が香り高いものでしたが
出汁巻玉子は期待通り旨かったです
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-05 17:12 | Minolta CLE | Comments(0)

築地場外市場③

c0182775_16411399.jpg

中国か台湾から婚礼写真を撮りに来ています

中国台湾などの結婚式では10年ほど前から
披露宴会場の入口に結婚衣装で撮った写真を展示するのが流行っていました

そのためにはこうして事前に写真撮影しておくのですね

その舞台にはふつう風光明媚な観光地を使います

たとえば杭州の西湖ではしょっちゅう見かけましたが
築地場外市場というのは思いがけなかったです

ただ この日は風が強い日で
花嫁のベールが飛んで大変でした
c0182775_1743522.jpg

どうかお幸せに!
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-04 17:11 | Minolta CLE | Comments(0)

築地場外市場②

c0182775_16365224.jpg

海鮮丼で有名な虎杖(いたどり)の呼び込みさんです

「築地場外は移転しません」をアピールする文字を背負っています
c0182775_17122795.jpg

上は弟のいた病室14階から見下ろした築地場内市場です(Contax T3、T-max400)

左側の橋が築地大橋ですが
東京五輪で選手村と競技場をつなぐ橋になるわけで
そのためにも場内市場が豊洲に移転ということになりました

こうして見てみると わずか二週間の運動会のために
経済と文化の歴史的拠点を破壊するのは賛成できないなぁと思います

文化という点では
場外市場に来る外国人観光客は想像以上に多く
日本の飲食習慣を楽しんでいました
c0182775_17133223.jpg
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-03 17:18 | Minolta CLE | Comments(0)

築地場外市場①

c0182775_1792835.jpg

癌センターのすぐそばが築地市場です

一般小売部門である場外市場に行ってみました

まず台車の後を追うと上のお店に着きましたが
場外にはこういう店舗が400あるそうです
c0182775_1711718.jpg

平台に鮮魚や干物が所狭しと並んでいますが
通路には観光客がひしめいています
c0182775_1712021.jpg

観光客の半分は外国人のように見えますね

シャッター通りを見慣れた我々には新鮮な混雑でした
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-02 17:34 | Minolta CLE | Comments(0)

信濃神社と弟の闘病

c0182775_17462656.jpg

c0182775_1747884.jpg

我が家から車で7~8分のところにある神社です

明治中期にこの地に信州から8世帯がやって来て開拓しましたが
その拠り所として諏訪神社から分霊した由です

当初の社殿は野幌森林公園内の開拓の村に移されています
c0182775_17535812.jpg

向こうにずいぶん丁寧な拝み方をする方がいました

そこには牛頭天王の祠があって
長いことこうべを垂れていましたが
本殿でも丁寧な拝礼を繰り返しました
c0182775_17585150.jpg

牛頭天王は疫病を防ぐ神ですから願う理由がおありなのでしょうか

私も近いうちに参詣に行き
来月手術を予定している弟の病気の平癒祈願をしてくるつもりです
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-27 18:08 | Minolta CLE | Comments(0)

榎本武揚像と既視感ポーズ

c0182775_16573690.jpg

江別の対雁(ついしかり)という場所にあります
c0182775_171199.jpg

石狩川河口に近い対雁は北海道開拓の上で重要な場所でした

榎本は明治6年に政府からここに10万坪の土地払い下げを受け
榎本農場と名づけて開墾に力を注ぎます

郷土史家の評するところによれば
払い下げ後に土地転がしにあって
開墾の実をあげない払い下げ地が多いなかにあって
榎本農場は後々もしっかりと経営されたということです

しかしたとえば上司の松本十郎などの目から見ると
「榎本の土地漁り」という苦々しい払い受けでもありました

さらにその2年後 樺太アイヌの移住問題が起こります

榎本がロシアと交渉して千島樺太交換条約を結んだことに伴い
樺太アイヌを宗谷に移住させましたが
さらに対雁に再移住させる計画がもちあがりました

榎本の計画では空知の炭鉱夫としてアイヌを働かせるために
この対雁に住まわせるというのです

これを支持した開拓使長官・黒田清隆と
アイヌたちから移住したくないという嘆願書を受けた大判官・松本十郎との間で
大激論が起こり ついに十郎は辞表を提出するに至りました

その後 この対雁に強制移住させられた樺太アイヌ約800人は
もともと漁民であったのに 内陸で慣れない農耕に従事していて
環境の変化に対応できずに病死が相次いだと言います

さらには明治19年の天然痘やコレラの大流行の際には
密住状態のアイヌ集落では約300人が亡くなったのです

榎本武揚の生涯については色んな裏表を感じますが
この佐藤忠良(女優佐藤オリヱの父)作の銅像には既視感がありました

古い写真を探してみるとフランシスコ・ザビエル像でした
c0182775_1843836.jpg

2010年に大分で撮ったもので 同じ佐藤忠良作です

どちらも海のものとも山のものともつかない新天地に挑む気概が
前方に伸ばした腕に込められています
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-19 18:23 | Minolta CLE | Comments(0)

真夏のプラタナスと理学療法概論の講義

c0182775_19245336.jpg

先週一杯は30度越えが続きましたが今日は20度以下です

北海道の夏は暑い暑いと言いながら
あっという間に通り過ぎてしまいます

草木はその短い夏の太陽を精一杯受け止めています

今日は午前中に恒例の理学療法概論のゲスト講師をやりました

1年生ですから脳卒中患者を初めて見た学生がほとんどです

東京で私を担当した医学療法士が
青年海外協力隊で活躍してきた事例を紹介し
これから学ぶ技術は世界に通用するものだからと激励しました

ところでこのブログの運営会社のシステムメインテナンスのために
19時過ぎになってやっと投稿できるようになりました

まだ不具合がありますが何とか投稿が出来ます
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-18 19:39 | Minolta CLE | Comments(0)

オダマキと通夜式と半世紀ぶり二件

c0182775_20204010.jpg

マンションのオダマキも咲きました

今日は義弟の父君の通夜に参列してきました

90歳を過ぎて十分に長寿でしたが
まだご存命の奥さんが特養にいて見送れないのがお気の毒です

会葬者のお一人で名前を呼んで声を掛けてくる方がありました

親友のお兄さんで 我々も「おにいちゃん」と呼んで遊んでもらった方です

facebook で友達になってはいますが
半世紀もじかにお会いしていなかったのです
【追記:20年ほど前に東京でお会いしていた由でした、すっかり忘れておりました】

短時間の会話でしたが 昔と変わりない笑顔が懐かしかったです

通夜式会場を出て帰路の途中
岩見沢市の戦後間もなくからの老舗洋食レストラン・コロナに寄りました

別館もあってそちらの方には数年前に利用したことがありますし
ここで分けてもらう「赤玉葱サラダドレッシング」は我が家の常備品です

しかしレストランの本店の方にはやはり半世紀ぶりの訪問になりました

二度ほどしか利用したことが無いのですが
その最初は小学校4年のときに 担任の先生に連れられて
ビーフカレーをいただいたのでした

期せずして今日は半世紀ぶりの再会が二件ありました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-02 20:45 | Minolta CLE | Comments(0)