タグ:Xenon 50mm F2 ( 193 ) タグの人気記事

自転車下校の時間とサイクリングロード

c0182775_16541324.jpg

昨日現像したモノクロ写真です

これまで常用してきたコダックT-MAX100よりも微粒子ですが
強く光が当たるいわゆるハイライトは画像が飛びそうになる傾向があるとみました
c0182775_16583022.jpg

しかし自転車写真の道路を
右に15分ほど歩いた箇所を撮った上の描写などは
日陰と日向かろうじて両方とも救われています

このローライRPX100フィルムの能力を
最大限に引き出すまでは まだまだ試行錯誤
色んな現像液との相性を確認して
経験を蓄積しなければなりません
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-15 17:14 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

強風で倒れた看板とモノクロフィルム2本の現像

c0182775_17195645.jpg

数日前の風の強い日でした

スープカレーの看板が倒れ のぼりが激しくはためいていました

台風18号は宮古島などで被害を出し
これから九州に上陸して日本列島を縦断するそうです

被害に遭われた方々の速やかな復興を祈りますし
これからも出来るだけ被害が小さいことを祈ります

今日は研究室でモノクロフィルムを2本現像しました
c0182775_17273892.jpg

ダークバックの中で白いリールに巻いて
(画面左側に見えるのが分解してあるリール)
黒い現像タンクの中に入れてしまうと
写真のような明るい流し台で処理が可能です

35mm判はローライRPX100を
コダックD-76現像液2倍希釈で20度11分
60mm×45mm判はフジAcros100を
コダックT-MAX現像液5倍希釈で22度4分45秒でした

RPX100をD-76で現像するのは初めてですが
大変処理が楽で 結果も文句なしでした

これらは明日以降デジタルスキャンして投稿します
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-14 17:49 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

北海道真言宗第七十八番札所

c0182775_18221934.jpg

先週土曜日に岳父の二十三回忌を行なったお寺です

北海道八十八箇所霊場の第七十八番札所にあたりますが
今年の開基115周年記念法要であちこちきれいに整備されました

信者が寄進した地蔵さんもまだ新しいです
c0182775_18284725.jpg

二十三回忌法要は別のお堂でやりましたが
本堂に入って荘厳(ショウゴン)という装飾を撮ってきました
c0182775_1835997.jpg

こういうものを自然光で撮ると Xenon レンズは見事な描写をします

Xenon レンズ付きのレチナはほかにも1台ありますが
このジャンク再生レチナの Xenon レンズのほうがすぐれているように思うのは
自分がしっかり手をかけたが故のひいき目ですね
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-12 18:44 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

紅いナナカマドの実と玄関先のススキ

c0182775_16501864.jpg

札幌は先週の夏の名残から週が変わって秋が深まりました

向こうに見えるのは北海道酒類販売株式会社
略称「北酒販」の札幌東支社です

夏場はビールの販促シーズンですが
今夏の成績はどうだったのでしょうか

この道沿いは日当たりが良いので
ナナカマドの実も成熟が早いです

気がつくとススキもそろそろ最盛期です
c0182775_1714845.jpg

このお宅の玄関先にススキがあることは知っていますので
秋になるとそれとなく確かめに行くのが習慣になりました

今年の場合 秋風が立つとちょっと焦ることがあります

前任校の受講生が提出した博士論文の副査を勤めていて
やっと前論の第一章が読み終わりそうですが
通読に適さない本論第二章はこれからなのです

この仕事も辞書作成と同じように
倦まず弛まず進むほかないです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-11 17:18 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

北海道の花季の終わりが近づいてます

c0182775_17201966.jpg

花ロードえにわも花の季節が終わりに近づいています

花馬車も盛りが過ぎました
c0182775_1723632.jpg

しかし 山桃草はまだ元気で
その向こうにはまだ咲いている花を撮影しているご夫婦がいます
c0182775_17261629.jpg

今日は明日の公開講座の段取りと
大学院の行政文書の作成で登校しました

夏のぶり返しで運転中の車内温度は30度になりました

この先は夏と秋が目まぐるしく交替しながら
秋が深まって行きます
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-07 17:33 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

夕日を浴びて遊ぶ子らと再生レチナの露出計調整

c0182775_17135236.jpg

昨日17時過ぎの道の駅「花ロードえにわ」です

あまりこういう時間帯に撮ることがありませんでしたが
この光線の色と角度も魅力的です
c0182775_17174166.jpg

c0182775_1718484.jpg

ジャンクからの再生機材ですが これだけ撮れれば文句なしです

しかし今日のお昼ごろ リハビリ散歩に持ち出そうとしたら
露出計の指針が動かないのです
c0182775_17252975.jpg

この露出計ブロックはビス2本で蓋をとめていますが
中を確認しようとビスをちょっと緩めたところ
針が元気よく動きました

ビスを緩めたらなぜ復活するかと言えば
固く締めすぎると針の支点の軸に干渉してしまうようです
c0182775_1731193.jpg

黒いケースの中にあるのがコイルとひげゼンマイのパーツで
この中心軸が気温の上昇でかすかに膨張して蓋に触るのでした

それで ネジを固くなりすぎないように締めると 快調に動きます

かつて東京でバルナックライカの修理を教わっていた時に
師匠が「ライカはばらすのは簡単だけれども
組み直すのは微妙な加減が必要で案外難しい
一段ずつ調整しながら組んでゆくしかない」
と教えてくれたのを思い出しました

過ぎたるは及ばざるがごとしですね
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-06 17:49 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

百合と唐詩の山丹(百合の異名)

c0182775_17145986.jpg

再生レチナ何度か手直しをした結果こんなによく写ります

百合は中国原産のはずですが 五万首ほどある唐詩には
この名前は一度も出てきません

百合根を食用にしたり薬種として使ったりが主流で
花を観賞する風習はほとんどなかったのでしょう

百合の異名に「山丹」というのがありますが
五万首の中でたった一首出てきます

王建という割りに庶民目線で詩を詠んだ人の「宮詞(女官のうた)」の中に
「山丹の紅蕊(コウシン)の粉を收め得て,鏡前に麝香(ジャコウ)の黃を洗卻す」
とある詩句がそれです

薬の麝香の臭いを洗い落とすために
百合の花粉を首筋あたりに振りかける様の描写かと思います

先ごろから準備してきた公開講座の資料
「名花の漢詩を鑑賞する」が九分九厘出来ました

A4判で8頁になったので 90分の講座では
時間オーバーにならないように配慮しないとなりません

講義資料の作成はいつでも
自分にとっての大いなる収穫です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-08-20 17:48 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

古本フェアと「みんな元気になる絵本」とレチナの室内露出

c0182775_1644548.jpg

マンション隣のショッピングセンターで古本フェアが開かれています

書籍はネットで買うことが圧倒的に多くなりましたが
やはり手に取って見ることが大切です

富山市の絵本屋さん「プー横丁」の毎日新聞「みんな元気になる絵本」が
今月は絶滅水生動物の絵本を紹介しています

そういえば我々が化石で知っている古生物には水生動物が多いですね

今日の写真は絞り解放F2で撮りましたが
再生レチナの露出計の暗部レンジのテストのつもりで撮ったものです
c0182775_16553099.jpg

明るい場所では右のように露出計にカバーをかけ
中央の丸穴から光を受けます

暗い場所では左のように露出計カバーを開け
複眼レンズからたくさんの光を受けます

1954年当時のセレン露出計は
明部と暗部で起電力が滑らかに変化しないので
レンジを二段階に分けて測光する必要がありました
c0182775_1732664.jpg

暗い場所ではカバーを開け 三日月窓のメーター指針を合わせて
複眼マークの矢印の先の数値を読みます(左のメーターでは8です)

明るい場所ではカバーを閉じ 同じように三日月窓のメーター指針を合わせて
単眼(丸穴)マークの矢印の先の数値を読みます(中のメーターでは13です)

それで次に読み取った数値をもとに絞りリングを調整します

数値はエクスポージャー・ヴァリュ-(EV)ないしはライト・ヴァリュー(LV)と言います

同じ数値なのですが 一般的には
EVは絶対値で LVはシャッタースピードとの相関値です

この露出計では EV11以上が明部レンジ EV10以下が暗部レンジです

1958年のレチナ IIIC(Cが大文字)になると セレンの性能が改善されて
ニ段レンジの必要が無くなり 写真右のように読み取りマーク(△)は一個です

そんな訳で IIIc(Cが小文字)の場合は
明部暗部両方の測光の具合を試験して見なければなりません

今回の結果を見ると暗部測光も合格です

セレンの方が 後のCdSよりも化学的に安定していると聞きますが
私の経験でも その通りだと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-08-17 17:34 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

コスモスとアジサイのツーショットと再生レチナの再調整

c0182775_16263651.jpg

今の時期はコスモスとアジサイが一緒に咲いています

当ブログで一昨日はコスモス 昨日はアジサイの写真を紹介したところ
facebookフレンドからこの二種が同じ時期に咲いていると驚かれました

そこで今日はカメラテストをかねて この二種のツーショットを撮りました

3台のレチナのジャンクから部品を集めて組んだ再生レチナ
その後いろんな条件でテストしてみると
ピントが合わないことに気がつきました
c0182775_16335242.jpg

一番手前のガチャポン機に距離計を合わせたのですが
廊下の突き当たりの方に合っています
c0182775_16364387.jpg

これも手前のアジサイにピントを合わせたのですが
人物群よりも後ろの方にピントが行ってます

距離計自体はほぼ正確なので レンズの組み立てに問題があるようです

レンズは被写体に近い前群と
フィルムに近い後群に別れてネジ込まれます

前群はしっかりはまっていますから問題は後群にありそうです
c0182775_16405668.jpg

レンズ周囲の二ヶ所の切り欠きに爪をかけて回すと
スルスルと二回り半ほど緩んでいるのが分かりました

これではピントが合わないのは当然です

カニ目レンチという工具を使ってしっかり締め直して試写に出ました

上の二コマと同じようなショットは以下のような結果です
c0182775_16503665.jpg

c0182775_16511226.jpg

これだけ写ってくれたらお散歩カメラとしては充分ですね
めでたしめでたし
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-08-16 17:07 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

国道12号線自転車散歩のお父さんと細雨の墓参

c0182775_16464829.jpg

自宅すぐ近くの国道12号線の歩道で家族に連絡するお父さんです

ズーッと向こうからお母さんと
小4ぐらいの男の子が自転車を漕いできました

このお父さんのご家族だと思いますが
お母さんがお父さんの娘なのか
男の子の父親がこのお父さんなのか
大変微妙な感じで 今もって判然としません

この国道12号線を画面の背後の方に(東北方面)車で1時間ほど走り
そこから真東に(三笠市や桂沢湖方面)道道を20分走ると奥さんの実家です

その途中に我が家のお墓のある墓苑と
奥さんの実家のお墓のある墓苑とがあります

昨日午後 細雨でしたが支障なさそうなので
二つの墓参を済ませて実家に向かって一泊してきました

今日になると雨が上がったので どちらの墓苑も大変混んでいました

昨日のブログを補足しますと
北海高校は終盤まで1点リードだったのですが
ホームランで逆転負けを喫しました

1000円のOM1はセルフタイマーが少し早めにシャッターを切りますが
まあ私の普段使いには差し支えないので
そのままにしておくつもりです
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-08-13 17:12 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)