タグ:ULTRON 50mm F2 ( 56 ) タグの人気記事

この秋開店のリペアショップと杖先スパイク

c0182775_1639161.jpg

10月にショッピングセンターの一角に開店したリペアショップです

もともとよく似た業態の合鍵屋さんがあったのですが
2月末に閉店しました

そのスペースに半年以上たってから このショップが開店しました

合鍵やバッグや靴の修理のほかに
積雪時には靴底の滑り止め加工が主な売り物になります

10月半ば過ぎにここを通りかかって
「この周辺には杖突老人が多いので
雪が降ったら杖先スパイクの需要が多いよ」
なんていう話をしたことがありました
c0182775_16472088.jpg

これは私が実際に装着しているスパイクです

この画像に見える金属パーツを右下に倒すと
石突の底にスパイクが装着されます

屋内では金属スパイクは滑ってしまいますから
左方向に跳ね上げて杖に添わせるようにすると安全です

ところで今日のお昼にリハビリウオークのために
この店舗前を通りかかると店員に呼び止められて礼を言われました

「スパイクのこと教えていただいてありがとうございました
おかげで 付けてほしいというお客さんがけっこう来ます
女の人だと自分で付けるのは難しいらしいですね」

「いやあそれは良かったですね
付けてくれるところがあると我々年寄りは安心ですよ」

そんな雪国ならではのやりとりを交わしました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-28 17:30 | Vito III | Comments(0)

雪かきお手伝いの姪の子たちと息子の引越日

c0182775_164468.jpg

二度目の雪が降った日でした

姪の子供たち二人が
屋外駐車の車の屋根の雪を払うお手伝いに向かう途中です

カメラを向けるととっさに雪かきポーズをとってくれ
この後は二人ともカメラ目線でピースサインで撮らせてくれました

今日は苫小牧市にいる息子一家が
賃貸アパートから新築の自宅に引っ越す作業日でした

旧居と新居の距離は車で5分ほどですが 引っ越しは引っ越しですね

札幌は朝夕小雪が舞い散る空模様でしたが
苫小牧は全くの快晴で 雪が降った形跡すらありませんでした

おかげで予定通り順調に作業が済みました

身体の不自由な私は参加しても大して役に立つわけもなく
うちの奥さんと 車で5分の場所に住んでいる嫁さんのご両親とが
後片付けなどに立ち働いたことです

私は その間 ますます少年っぽくなった孫と話したり遊んだり
久しぶりに楽しい時間を過ごしました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-25 17:14 | Vitessa L | Comments(0)

巨大プラタナスと世界一クリスマスツリーの愚

c0182775_11154079.jpg

散歩コースのサイクリングロードわきに大きなプラタナスがあります

角度を変えて歩行者といっしょに撮ると巨大さがさらによく分かりますね
c0182775_11143430.jpg


先ごろこんなニュースが新聞やTVに載りました

「神戸港開港150年目を記念し、神戸市中央区のメリケンパークで17日、
「世界一のクリスマスツリー」の植樹式があった。ツリーは富山県氷見市の
山中で見つけた樹齢約150年の針葉樹アスナロ(高さ約30メートル超、
重さ約24トン)。阪神大震災の被災者への思いや復興への願いを込めて、
12月2~26日にライトアップされる。(毎日新聞2017年11月17日)」

主催者はギネスに世界一を登録するんだと意気込んだそうですが
ギネスブックというのも罪作りなしろものです
(あとで世界一にはなれないと判明したというお粗末さでもあります)

この企画はプラントハンターを名乗る植樹屋が行ったもので
コピーライターの糸井重里がバックアップしていたようです

しかしどうでしょうか

氷見市の山中(お寺の敷地だとも言います)に
150年間生きてきたアスナロを引き抜いて移植するのは感心しません

しかもこのツリーをイベント終了後に小さな木切れにして細工をし
一片3800円で販売するというのはどうでしょうか

震災復興にかこつけた阿漕ぎな商売ではないですか

この移植に関してはネット上で賛否両論渦巻きました

あきれたのは批判に対する糸井重里のtwitterです

「冷笑的な人たちは、たのしそうな人や、元気な人、希望を持っている人を見ると、
じぶんの低さのところまで引きずり降ろそうとする。じぶんは、そこまでのぼる方法を
持ってないからね」

いやはやこの他人を見下す姿勢
これがこの人の本質をよく示しています
(いつでも日の当たるスターに寄生して生きてきたのがこの人です)

もちろんこのtwitterには
まっとうな批判を冷笑とは何事かというリプも多く寄せられました

他人を見下す姿勢もさることながら
この企画を推進した人たちには
地球上の他の生物に対する配慮がないのが問題なのです

1995年の国連の報告では過去400年間に人間の活動がもとで
動物が500種弱 植物が650種弱が絶滅した由です
(「人間が知っていることすべての短い歴史(下)」 ちなみにこれは面白い本です)

人間という種は 原子の内部構造やその運動のことも本当は分からないのに
(これも「人間が知っていることすべての短い歴史(上)」)
原発や原爆をいじくって自滅の道を歩んでいます

我々がいずれ絶滅するからと言って
ほかの動植物の絶滅を促進してよい訳はないと思います

「手にとらで やはり野に置け 蓮華草」(滝野瓢水)
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-23 17:02 | Vitessa L | Comments(0)

エゾマツの雪と管理棟と会議登校

c0182775_17492847.jpg

エゾマツとその下の石楠花に湿雪が積もりました

向こうはマンションの管理棟です

石楠花は前にも書いたように
雪の下で緑の葉が春を待ちます

北海道の針葉樹の大半がエゾマツとトドマツです
c0182775_1754778.jpg

鳥獣草木にうとい私なのでエゾマツとトドマツは
枝が下向きに広がって 樹皮が鱗片状 葉先が針状なのがエゾマツ
枝が上向きに広がって 樹皮が平滑 葉先が丸いのがトドマツ
まあそんな風に区別して見定めるようにしています

昨日今日と二日間 それぞれ2時間ほどの会議がありました

色々でてくる話題を聞いていると
最近の学生さんのメンタリティがいかにもろいかが
具体的な事例から思い知らされます

教師という仕事を果たすには教員全員が
カウンセラーになるトレーニングが必要ではないかと感じました

それに比べたらエゾマツとトドマツの見分け方など
単純なものだという気がします
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-22 18:26 | Vitessa L | Comments(0)

受験勉強と膝掛け読書

c0182775_17344837.jpg

ショッピングセンターの休憩コーナーです

先ずドリルを広げて取り敢えずおやつをほおばりました

大学受験生ですが 頑張ってほしいです

私が北海道にUターンして以来
この夏時分までほぼ毎日このコーナーにいた常連さんがいます

かつてこのブログに掲げたことがあります

受験生かと思ったのですが 連日来ているのでそうではなかったようです

しかしこの秋以来 ばったりと見かけなくなりましたが
元気にしているものと思います

若い人だけでなくご同輩も読書にいそしんでいます
c0182775_17502087.jpg

わたしもここでリハビリウオークの休憩を取りつつ
本を読むことがありますが ジャケットを膝掛けにしたことはないので
気温が低い時にはまねをしてみようかと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-21 18:01 | Vitessa L | Comments(0)

歳末に向けて着々と

c0182775_171461.jpg
スーパーの一角に注連飾りが売り出されました

売り出しは10日ほど前のことでしたが
外から入ってきた7~8歳の男の子が一目見るなり
「えーっ まだ雪も降ってないのにお正月だ~!」と大声をあげました

二度目の雪が来た日には
マンションのイルミネーションの取り付け作業がありました
c0182775_1722233.jpg

これは毎年 マンション町内会の役員と住民有志が実施します

大したものでもないのですが
寒い夜道はこれがあると何となくホッとします

12月の半ば過ぎに東京の前任校に出向き
博士論文の審査会に出席します

昨日はそのために飛行機とホテルの手配をやりましたが
明日は現任校に出張の手続き書類を出さねばなりません

周りも自分も着々と歳末に近づいています
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-20 17:26 | Vitessa L | Comments(0)

いよいよドカ雪が来ました

c0182775_16514236.jpg

今日の9時ごろの窓外です

天気予報ではここ数日降るぞ降るぞと言っていましたが
昨日に続いて本格的に冬がやって来ました

10月末には下のような綾錦だったのです
(Kodak Retina IIIc,Xenon 50mm F2)
c0182775_16562673.jpg

玄関先を出るとこんな塩梅でした
c0182775_1701064.jpg

右端はうちの奥さんの自転車なのですが
自転車屋さんに冬季保管を依頼しないといけません

前庭は先日まで緑の美しい芝生だったのですが
雪が降ったので景色が変わりました
c0182775_1763346.jpg

向こうの三階の窓が一昨日カメラの勉強に来た姪夫婦のマンションです

そういえば先ほど我が家の玄関先で
子供二人にプラスチック・スコップを持たせた
もう一人の姪のご亭主と会いました

これから屋外駐車している車の雪を払いに行くところでした

幼稚園の男児にカメラを向けたら
即座に足元の雪を掻くしぐさをして
見事なモデル役を演じてくれました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-19 17:22 | Vitessa L | Comments(0)

末日聖徒キリスト教会の庭と著名信者の不思議

c0182775_16521981.jpg

末日聖徒イエスキリスト教会通称モルモン教会の庭です

今日は我が家の付近にも雪が降りました

今シーズン二度目の雪です

こういう人工滝のある庭は雪対策も厄介なのだろうと思いますが
お金のありそうな教団ですから万全なのでしょう
c0182775_1653469.jpg

芝生の一部がこういうグランドカバーになっていますが
何という草か知りません

来春になったら ここの造園を請け負っている会社の作業員に聞いてみます

ところでモルモン教会は国際紛争を
戦争によって解決することには反対しています

しかるにどうしたことか
モルモン教宣教師として日本に来たことがきっかけで
その後日本でタレント活動をやっているケントギルバートは
第二次大戦の日本のアジア侵略を肯定する発言を繰り返しています
(中国韓国に対するヘイト本を出すなど)

モルモン教会はかつては一夫多妻を認めていましたが
今ではそうではなくなった由です

しかるにどうしたことか
日本の芸能人のモルモン教団員として有名な女優の斉藤由貴は
不倫が報じられて番組降板などの騒動になっています

信仰と思想信条や実生活との関係など
私にはよく分からないことが多いのですが
教会のそばを通るたびに不思議に思うことが上の二件です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-18 17:32 | Vitessa L | Comments(0)

石楠花の黄葉とナナカマドの胴吹きとフィルムカメラの伝道

c0182775_1652302.jpg

3週間ほど前のマンション前です

この黄葉はすでに散りましたが
緑葉は健在で 来春まで雪の下でひと冬を耐えることになります
c0182775_16534669.jpg

これもすでに散ったマンション前のナナカマドの胴吹きです

今日の午後 隣のマンションに住む姪のご亭主が
自分もフィルムカメラを使ってみたいので色々教えてほしいと
我が家にきました

あらかじめ二眼レフ・一眼レフ・レンジファインダー・コンパクトカメラの
特徴や長所短所をA4一枚にまとめた資料を作って
実機を手に取ってもらいつつ説明しました

最後に遊んでいるミノルタXDボディと50mmレンズと35mmレンズを
フィルムとともに 使ってもらうべく進呈しました

まあ フィルムカメラの伝道に努めた訳ですが
一人でも信者が増えてうれしい限りです

店頭に置いていないフィルムを
同じラボに現像依頼するわけですから
これははっきりと私ゆかりのものだと気がつくに違いありませんね

店員さんの反応をそばで見てみたいものです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-17 17:25 | Vitessa L | Comments(0)

雪降る前に遊ぶ家族と芝貼り作業

c0182775_181038100.jpg

今日は予報に反して札幌恵庭間は快晴の上天気でした

天気さえよければ外で遊ぶこともできます

雪が降る前にやっておきたいのは外遊びだけではありません
c0182775_18163049.jpg

芝貼り作業も雪が降れば仕事になりませんね

この位置に芝貼り資材がスタンバイしているのは
おそらくここを起点とするこの道路工事のためであろうと思われます

工事関係者はきっと気が急いていると思いますが
くれぐれも事故の無いように願いたいものです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-11-16 18:28 | Vitessa L | Comments(0)