タグ:Summicron 50mm F2(2nd) ( 83 ) タグの人気記事

寒さの中のチューリップと遠来の客

c0182775_18281355.jpg

コートがないと厳しい寒さですし暖房を使っています

このチューリップはすでに花が散りましたが
同じ種類のほかの場所にある一群れはまだ咲いています

けれども気温が低いので花弁は十分に開ききっていません

そのチューリップのそばを通って帰宅すると
東京からかつてのテニス仲間夫婦が来訪していました

15年ほど前まで つまり私が直腸がんの手術を受けるまでは
よくいっしょにゲームした方々ですが
うちの奥さんは我が家が東京を離れるまで一緒にゲームをしていました

残念ながらご主人は札幌に仕事があって
私の帰宅前に出かけてしまいましたが
15年振りで奥さんと話をして
病気の心配をする以前の自分を懐かしく思ったことです

そういうことで 遠来の客は嬉しいものです
c0182775_1850251.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-02 18:51 | Leica M7 | Comments(0)

マンションのライラック

c0182775_17174134.jpg

今日の札幌は限りなく爽やかな日です

抜糸前の手術創がなければカメラ散歩に出たいですが
今日のところは自重せねばなりません

ライラックはけっこう開花時期が長く
10日ほど前に撮ったこの花もまだたけなわで
むせ返るような甘い香りを放っています
(濃い色の芽が開花前で 開くと薄い色の花弁が出てきます)

背景はマンションの立体駐車場です


いま姉が近所の緩和病棟に入院していますが
その息子である甥夫婦が見舞いがてら 我が家に寄りました

もちろん姉のことなどが話題ですが
カメラやオーデオにも関心のある甥ですので
今度はそういう話題で盛り上がりたいと思ったことです
c0182775_17451248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-29 17:50 | Leica M7 | Comments(0)

お出かけを見送るチューリップと「五月の読書風景」ライカバージョン

c0182775_18505493.jpg

久しぶりに Leica M7 で撮影したフィルム現像が上がりました

この中に先日掲げた「五月の読書風景」
本体Leica M7 レンズSummicron 50mm で撮った別バージョンがあります

c0182775_18542685.jpg

今日掲げたコマは横着してベンチに腰かけたままの撮影で
手前に余計なスツールやベンチが写っています

写真は画面から余計なものを追い出す「引き算」が大事だと
そんな基本的な技術論を思い出しました

レンズは解像力などの画質全体はSummicronが上ですが
色の出し方はAgfa Optimaのsolitar-Sのほうがずっと魅力的です

レンズの選択というのはこんなふうに難しく
同時に面白いものだと思いました
c0182775_1941154.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-20 19:06 | Leica M7 | Comments(0)

野々さんのやさい畑

c0182775_1622688.jpg

昨日掲載した農家直売の看板です

水曜土曜の午後1時からの営業らしいです

それはともかく多摩市の団地内にも
こんな販売所があったのを思い出しました

c0182775_16262462.jpg

これは2011年10月下旬
Leica M7 に Summicron 50mm F2 の第2世代をつけて撮ったものですが
ハービー山口さんの昨日のお話では
このレンズは格別に抜けが好いとのことです

それにしても 処が変わっても同じような店屋造りになるのは面白いです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-06-24 16:45 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

節くれ写真とゲスト講義感想文

c0182775_19191959.jpg

よく通るリハビリコースに節くれがありました

これはこれで力強く頼もしい感じです


火曜日にゲストとして理学療法概論を講義しましたが
今日 約百名の受講生の感想文を受け取りました

脳血管障害の場合には位置覚異常という症状が出て
しっかり目視しないと サンダルを履くのが難しいとか
気を付けないと ペットボトルが前歯を直撃するとか
そういうことが起こるとは教わっていなくて
理学療法学科の諸君には衝撃だったようです

講義を依頼なさった医療系学部長のお話では
私がゲスト講師の時には
感想文の文字数が圧倒的に多いのだそうです

せっせと読んでも2時間たっぷりかかりました

こっちの方が驚いたのは その中の2名でしたか
高校時代に漢辞海を引いていたという受講生がいたことです

こんど機会があれば
高校の先生のお名前をうかがおうと思いました


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-06-12 19:50 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

散ったフキの花

c0182775_1724743.jpg

恵庭ふるさと公園にはフキの群生があります

10日ほど前には花がすでに散っていました

ところで フキは日本原産だそうです
だから「蕗」の漢字は中国では別の植物を意味します

日本では民話や昔話にフキが使われるのは珍しくないですが
中国の古典には一切出てきません

今の中国語では「蜂斗菜」といいますが(長江の両岸を中心にに分布)
中華料理にフキを食材として使うものはありません

動物や家畜は毒性があるので食べないですから
さすがの中華料理でも食しないのは無理もないですね

どうやら根を民間薬草として利用する程度のようです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-06-07 17:51 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

白菜とかぼちゃ

c0182775_2083555.jpg

砂場の脇に置いてあるスツールです

先週はさわやかな日が続いたので
今まで行ったことのない 大学から一番近い公園に入ってみました

動物の形をしたスツールはあちこちで見ましたが
野菜は初めて見ました

向こうにあるのはかぼちゃのようです
反対側から撮っておきました

c0182775_20123442.jpg


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-06-02 20:15 | Leitz Minolta CL | Comments(2)

砂場の姉弟

c0182775_17584545.jpg

我が家の孫と同じぐらいの年端の子供たちです

このまま何の屈託もない環境を守ってやりたいですね

地震の被害を受けたネパ-ルの子供たち
中東紛争地帯の子供たち
放射能被害で避難を強いられた福島の子供たち
それぞれ過酷な環境の中で生きています

いまの政権の耳を塞ぎたくなるような国会答弁では
写真のような子供たちの行く末を保証できるとは
お世辞にも思えないのが悲しいです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-28 18:11 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

水芭蕉

c0182775_17104535.jpg

先日の平岡梅林には低湿地に水芭蕉が咲いています

花のように見える白いのは
仏炎苞(ぶつえんほう)といって 蕾を包むものなんですね

葉が変形したもので苞葉ともいうらしいです

花は中心の蒲の穂状の部分ですね


今日は区役所の福祉課に出向き
身障者宛のガソリン補助券を支給してもらいました

1万円の補助は 私の場合は年間の一割近いもので
大変ありがたい補助です


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-01 17:27 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

平岡梅林

c0182775_16194330.jpg

c0182775_16211562.jpg

c0182775_16214741.jpg

車で7~8分のところに平岡梅林があります

3542年前のカメラにレンズ3本帯同して観梅に出かけました
その3本それぞれのショットを掲げます

ここいらでは桜の後が梅なんですよね

ですから東京の探梅のように
ダウンジャケットやダッフルコートに身を包んで
凛とした寒気の中の梅を愛でるのではなく
汗ばむ陽気の中での梅見になります


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-04-29 17:18 | Leitz Minolta CL | Comments(0)