タグ:Sigma 19mm F2.8 ( 32 ) タグの人気記事

賀正2016年

c0182775_12185017.jpg

謹賀新年c0182775_12224881.jpg
by zuoteng_jin | 2016-01-01 12:23 | NEX-7 | Comments(0)

マンションイルミネーションとデジタル比率激減の一年

c0182775_16173350.jpg

マンションで設置しているイルミネーションです

本年もご覧いただいた皆様に御礼申し上げます

ところで2009年の年頭に本格開設した当ブログ
フィルム写真が主体ですが
デジタルもこれまで545コマ掲げました

年間毎のデジタルコマの集計をしてみます
ほぼ毎日更新しましたので
下のコマ数以外はフィルム写真です

2009年は5コマ
2010年は10コマ
2011年は62コマ
(この年は海外出張が多くて デジタルがふえました)
2012年は145コマ
(3月にミラーレス一眼を導入し かつ海外が多かったですし 12月は入院中でした)
2013年は215コマ
(脳卒中後遺症と闘いつつ 北海道移住がありました)
2014年は83コマ
(身体条件と環境条件に慣れてきて フィルムに回帰しつつありました)
2015年は25コマ
(これが本来のデジタル比率だと思います)

今年はデジタル比率が激減して フィルムが93%になりました

来年も今年程度の比率で
フィルム写真を九割以上かかげるつもりです

皆様 新年もどうぞよろしくお願いいたします
良いご越年を!
c0182775_16341989.jpg
by zuoteng_jin | 2015-12-31 16:44 | NEX-7 | Comments(0)

多摩二題

c0182775_18561257.jpg

私が入院していた多摩丘陵病院の病室です

いま入院中の友人はまだ急性期病棟にいるはずですが
一日も早くこの回復期病棟に移ることを祈ります

今日は札幌ナンバーに登録替えをした車を受け取りました
多摩ナンバーには4年3ヶ月乗りました

運転中に 多摩ナンバーで雪道大丈夫か
というような視線を感じることがありましたが
運転はこれまで以上に慎重にするつもりです


五輪は TVでもネットでも
浅田選手のフリーの演技に打たれっぱなしですね

中国のネットでも大変多くの賛辞が寄せられました
ちなみにフィギアスケートは「花様滑氷」といいます

by zuoteng_jin | 2014-02-21 19:14 | NEX-7 | Comments(0)

大谷地神社

c0182775_19405751.jpg

我が家から7~8分歩いたところにあります

この社殿は1974年に落成したものだそうですが
さすがに北海道ですね
ガラス戸を立てまわした神社は初めて見ました

しかしながら しっかりと伝統的な結構も残しています

境内に土俵があったのです

c0182775_19522267.jpg

そういえば 多摩地方の神社で
土俵を見かけたことはありません

この社殿は1974年落成ですが
神社の創建は明治半ばぐらいだったようです

氏子による奉納相撲の記憶が新しくて
伝承が絶えていないということなのかも知れません

子供相撲でもあったら見に行きたいものです

by zuoteng_jin | 2013-06-05 20:04 | NEX-7 | Comments(0)

土手のフキ

c0182775_21465751.jpg

小川の土手のフキですがひと月前はまだ下のようでした
c0182775_21493699.jpg

いまこのフキを茹でると旨いらしく
旨そうなのを選んで鎌で刈っているお父さんがいました

それはともかく
大病すると 植物のこういう生命力に打たれるものです

私の身体は 手足の動きは良くなっていますが
それを止めようとする脳の働きが強く作用し
背中の肩甲骨まわりの筋肉がとても疲れます

健康なほうの脳が
損傷した脳の受け持ち部分を使わせまいとするからだといいます

それにめげずに麻痺した手足を使わないと
またかえってこわばりが固定化する恐れがあります

なかなか厄介ですが
手足が動かない人よりははるかにマシだと
みずからを励ますほかありません

by zuoteng_jin | 2013-05-30 22:16 | NEX-7 | Comments(0)

つえ

c0182775_20403757.jpg

日曜日の散歩ですれ違った老人です

こちらも杖を曳いて歩いていたせいか
八十台とおぼしきお年寄りに親しく挨拶されました

この方の歩き方を拝見すると
病気を抱えているようではありませんでしたが
大病を経験したようではあります

いまの私は 足元の良いところなら杖なしでもかまいません
事実 先日の脳外科検診では 担当医師に
もう室内なら杖なしでいいですねと言われたほどです

でも 歩く速度などはこのお年寄りには及びません

時間が許せばできるだけ歩いて
お年寄りなみに歩けるようになりたいと願いつつ
敬意をこめてシャッターを切りました

by zuoteng_jin | 2013-05-28 20:57 | Comments(0)

札幌リハビリ散歩

c0182775_2031492.jpg

今日は初夏の日差しを浴びてリハビリ散歩をやりました

多摩ニュータウンの遊歩道とは大分おもむきが違い
野趣にあふれた景観です

未舗装道路を歩くのは 今の身体のバランスでは
妙に力が入りすぎて疲れるのですが
だからこそリハビリ効果があるかもしれないと思いました

途中で見かけた滑り台ですが これも北海道らしく
危険だと思うほどにスケールが大きいです

c0182775_20363976.jpg

by zuoteng_jin | 2013-05-26 20:41 | NEX-7 | Comments(0)

義母とのお別れ

c0182775_1746383.jpg

義母の火葬が始まったところです

昨日 義母の告別式・火葬・繰り上げ法要を行ない
葬儀は粛々と滞りなく済みました

遺族一同 寂しくはありましたが
激情的な哀しみに襲われることはなく
極めて穏やかに故人をお見送りできました

そんなふうに見送ることができたのには
いくつかの要因があります

ほとんど病気らしい病気をせずに90歳近くまで生き
老衰そのもので身まかったこと

数年前から認知症のために
身内と別れる未練とは無縁の状態だったこと

子供達の立場からは 介護などに関して
ああすれば良かったこうすれば良かった等と
思い残すことは何一つなかったこと

ほかにも色々ありますが 何よりも長い間 義母の身近で
面倒を見てくれた義弟一家の献身がありました

つい最近まで遠地にいた私たちにとって
義弟一家なくしては出来ない介護でした

穏やかなお見送りができた最大の要因が
そこにあるのは間違いありません
返す返す有り難く思います


今回は 義母と義父が独身時代に交わした手紙の束を
お棺に入れてやりました

お二人の冥土での再会を祈って已みません

by zuoteng_jin | 2013-05-17 17:50 | NEX-7 | Comments(0)

芝生

c0182775_20195460.jpg

やっと雨がやんで芝生の緑が映えてきました

今日は奥さんの四姉妹と連れ合いがみんな揃って
マンションの隣にあるショッピングセンター内の中華料理店で
北京ダック主菜の会食会を行いました

そういうことが出来るのも 引っ越してきたメリットです

義弟の一人が不動産会社にいて このマンション借り上げでは
お世話になったのでした

その義弟が言うには
敷地内にこの芝生のような余地を含んでいるのは
札幌では三ケ所しかない由です

三井のこのマンションと三菱のマンションと
伊藤忠のマンションだそうです

昨秋 下見に来たうちの奥さんが気に入ったのは
東京の団地にあるようなこの空間があることなのでした

by zuoteng_jin | 2013-05-05 20:41 | NEX-7 | Comments(0)

台北森林公園の西洋人

c0182775_212648.jpg

台北森林公園です

この人物は道士か僧侶かと思って近づいてみると
五十がらみの西洋人で
この後ベンチで中国語の学習を始めました


今日の午前中は外来リハビリ通院でしたが
発症以来今日でほぼ三ヶ月93日目になります

リハビリ室では
12月に病室でベッドを並べていた方々お二人と会いました
お二人ともそろそろ退院に向けて動き始めているようでした


お昼には最初の勤務校を33年前に卒業した
もと学生さんが訪問してくれました

会うのは彼の結婚式以来で 28年振りです

彼は会社員として台北に約10年
独立して会社を起こして上海に約10年になるそうです

私が30歳前後で彼が20歳前後の時代を共にしたのですから
青年期の思い出話も出ましたが
お互いに65歳と55歳になったいま
仕事のこと はたまた自分や家族の病気のことなどの話が多く
しみじみした再会になりました

今度は体調をしっかり取り戻して
できたら中国で再会したいものです

by zuoteng_jin | 2013-02-12 21:06 | NEX-7 | Comments(0)