タグ:OM Zuiko 40mm F2 ( 42 ) タグの人気記事

冬囲いと「この世界の片隅に」

c0182775_17165271.jpg

いつもきちんと冬囲いをするお宅です

今度雪が降ったら根雪になると天気予報では告げています

ところで先日映画を見てきました
c0182775_17222841.jpg

アニメーションの「この世界の片隅に」です

ネット上にはレビューがたくさんありますが
とにかく細部の描き方が丁寧で
背景や小物を見ているだけでも鑑賞に値します

漫画雑誌に連載された原作を劇場映画化したのですが
声優に能年玲奈あらため「のん」が起用されて話題になりました

このアニメのキャラクタを演ずるにあたって
時間をかけて広島や呉の方言を学んだそうですが
広島出身者の評価も悪くない様子です

ともかく悪達者でない演技が
この映画の場合効果的に働いたと感じました

いわゆる戦争映画とはちょっと違った いわば戦時生活映画で
あくまでも生活者の視点に徹して戦争を描いた作品として
マスコミ等でもっと話題になってよい作品だと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-18 17:54 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

雪への備えと癌の新しい確実な治療法

c0182775_17271710.jpg

寒いです

旭川方面は記録的な雪だそうですが
札幌はまだそれほどではありません

しかし青空駐車の人たちはこうして雪に備え
雪かきを車のそばに配備しています

提出すべき書類を行方不明にしてしまったかも知れなくて
「に」のつく症状の始まりかとおののいています
(きょうになって別紙で提出はしましたが)

一方 癌経験者としては驚くような嬉しいニュース
ネット上に見つけました

近赤外線(TVのリモコンの光)を癌細胞に照射して
きっちり癌細胞だけを破壊する治療法だそうです

こんな安価で容易な治療法が実現したら
癌は少しも怖いものではなくなります

良性のアテローム(粉瘤)除去手術と変わらないですね
(これも自慢じゃないですが2度経験があります)

あとは脳血管障害に気を付けることと
「に」のつく症状ですね

癌はもう心配ないと

何だか希望のわく話です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-16 17:51 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

秋の無い冬と老いの自覚

c0182775_16403566.jpg

プラタナスの葉が枝についたまま枯れています

プラタナスは葉がすっかり枯れ落ちてから
雪が降ってくるという順序なのですが
今年の場合は秋の無い冬と言われるように
枝上で寒気にやられてしまっています
c0182775_1641886.jpg

これはイチョウですが
やはりすっかり黄葉する前に葉が落ちました

しかも雪の上に落ち葉となってしまいました

歳をとると落ち葉や逆に新芽などに敏感になるものです

今日の写真のようなものに気持ちが動くということは
いやでも加齢を自覚せざるを得ないのですが
最近は事務仕事でも老いを自覚するようなことが起きています

11月7日までに提出しなければならない書類が
所管の部署に出ていないというのです

その書類は今年の場合
ほとんど目にした記憶がはっきりしないのです

どうやらうっかり捨ててしまったかもしれず
その自覚が無いのは老いのせいだろうと
そっちのほうを自覚せざるを得ません

やれやれです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-15 17:06 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

雨上がりの足跡と松本十郎の屯田兵激励詩画

c0182775_17254150.jpg

この夏秋に大改造された公園です

かつては移設した水飲み場の右わきに素晴らしい白樺がありましたが
無残にもこの大白樺を切り倒してしまいました

今年 市内の公園の改造工事が
あちこちで実施されましたが
どうしてあの木を切ったのかと思うようなところがありました

今日はお隣の白石区役所にある「郷土館」の展示を調査に行きました
c0182775_17405453.jpg

これは明治7年に 松本十郎が
時の政府から期待した処遇を得られなかった屯田兵たちを
気落ちするなと励ますために書いた詩と画です

詩は五言古詩の体で取り敢えず以下のように訓読できます(〔〕内は現代語訳)

古の兵は 皆 農なり 〔昔の兵士はみな農民でもあった〕
農 富めば 兵も亦強し 〔農民が豊かであれば兵士も強くなる〕
古の士は 皆 農なり 〔昔の兵士はみな農民でもあった〕
農 朴なれば 士も亦良なり 〔農民が純朴であれば兵士も良士になる〕
兵農 一にして以て分かてば 〔兵農はひとつであるのに分断すれば〕
甲冑 餘糧無し 〔甲冑はあっても兵糧に余裕がなくなり〕
士農 一にして以て分かてば 〔兵農はひとつであるのに分断すれば〕
耒耜 文章無し 〔鋤鍬は扱えても文字の読み書きができない〕
これを分かてば則ち両(ふたつながら)傷(やぶ)れ 〔二つに分けてしまえば両方とも失敗し〕
これを合すれば則ち理(ことわり)を一にす 〔一つに合わせてしまえば合理的というものである〕
請う当路の人に語らん 〔地位のある人に申し上げたい〕
治乱は実(まこと)に此(ここ)より始まると 〔為政の根本はそこから始まると〕

松本十郎は詩と画を与えて
「勉めよ勉めよ 手稲の諸秀生よ 詩と画の意を空しくするなかれ」
と書き添えています(右の軸)


今日これを調査に行ったのは 先週水曜日のこと
北広島の一市議で 明治開拓史
とりわけ寒冷地稲作の開拓者中山久蔵やその支援者松本十郎に
多大の関心を抱いて追跡している方から電話があって
この軸を解読していただきたいという依頼があったからです

解読はよいとして 二副あることについて
郷土館のパネル解説に納得のいかないことが書いてありました
これについては宿題とさせていただきましょう
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-14 18:54 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

初冬の残雪とズイコー40mmでカラーの初撮り

c0182775_171824.jpg

c0182775_17192543.jpg

この時期の残雪は初雪と根雪の間によくあります

上のコマは石楠花が写っていますが
真冬に石楠花がすっぽり雪で覆われても
緑の葉は春まで健在です

これが雪の下から顔を出すと
ああ春が来たなという気がします

使用レンズのズイコー40mm F2 は
オリンパスの銘玉といわれますが
フィルムカメラ末期の発売なので
オリンパスファンでも所有する人は少ない由です

これまでタイやベトナムに帯同して使いましたが
すべてモノクロ撮影でした
(右か下のタグ欄の OM Zuiko 40mm F2 をクリックすると表示されます)

このズイコー 40mm 北海道で使うのも初めてですし
カラーで使うのも初めてです

OM シリーズの布幕シャッターの感触も素晴らしいですから
今後もっと持ち出したいと思っています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-13 19:56 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

雑木林と滑り台

c0182775_2034849.jpg

きょうは休養していました

職場の部屋は外気が一切取り入れられない構造で
さらに この季節は冷房にもしなくてはならず
長いあいだ居ると体調に影響します

昨日は少し長いあいだ冷気にさらされて
今日はくたびれ気味です

午前中はやることがあったので
午後から散歩しようとしたのですが
午後は雨

本を読んでいたらバタリと取り落とし
長い昼寝をしてしまいました

カメラ散歩のために
今日の写真のような日差しの回復が待たれます

by zuoteng_jin | 2012-07-06 20:12 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

松の葉

c0182775_22543715.jpg

自宅のすぐ前です

今日の午前中に この松の葉をくぐり
向こうの建物のそばを通って
修理したライカ IIIF の試写に行きました

その前にレンズを入れ替えると
ライカレンズとロシアレンズとで
距離計がずれることに気がつき
装着するレンズに合わせて外出しました

シャッターを切ると どうもフィルムが送られていない感じでした
散歩だけをして 自宅に戻り
ダークバッグの中で フィルムを出してみると
やはり駄目でした

何度かフィルム装填をやりましたが
なかなかうまく装填できません

そのうち ふと テレフォンカードや名刺をかませて装填するのが
この機種にフィルムを入れるコツだと
何かで読んだことを思いだし
そうやると今度はしっかり装填ができました

クラシックカメラですねぇ…

しかし もう出勤の時間でしたので
今日は試写をあきらめ 明日やることにしました

by zuoteng_jin | 2012-06-26 23:07 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

風速計

c0182775_221289.jpg

いま台風が荒れ狂っています

この風速計も
ちぎれそうになるほど回っていることでしょう

本来ならば夜の授業があったのですが
帰宅の交通が乱れそうだということで 休講になりました


今日の午前中は
ゼミ生の1人が教育実習中の高校に
現地指導に行ってきました

ふだんはちょっと頼りなげな学生でしたが
今日は校長先生はじめ
たくさんの先生が参観する研究授業にもめげず
いつもよりしっかりした声を出してこなしていました

人に教えるとなれば
自ら学び考えることが多くなるものです

習うより慣れよ ということわざがありますが
習うより教えよ というのも確かです

by zuoteng_jin | 2012-06-19 22:11 | Olympus OM-4Ti | Comments(2)

ハノイ文廟の鐘楼

c0182775_20574427.jpg

昨年の今頃はハノイにいました

偶然にも25日にハノイを案内してくれた準教授から
今朝ほどメールがあって
日本基金関西国際センターで日本語を研修中だが
来月上京するから訪問してよいかとのことでした

日本語の ほとんどできない彼とは
もっぱら中国語で話していました

それが 3ヶ月の日本語研修を受けたとかで
立派な日本語のメールをくれたのです

ベトナム漢字音研究者として有望な彼ですから
彼に会うのは大変楽しみです

by zuoteng_jin | 2011-12-24 21:08 | Olympus OM-1 | Comments(0)

松本人志

c0182775_21485440.jpg

多摩センター駅近くのラーメン屋さんです

松本人志の番組で取り上げられたのが売り物らしいです
一度その闘魂餃子とやらを頂いてみようかしら

ところで 松本人志のバラエティでの反射神経は
掛け値なく天才だと思ってます

しかし 最近のネットニュースを見たら
松本人志では島田伸助の穴を埋められない由です

どうやら松本人志は
映画制作でこけたのが響いていると書いてありました

バラエティの一瞬の反射神経のよさと
2時間前後の映画の構造を組み立てるのとでは
別の才能によるのだと思われます

松本人志は自分にも北野武と同じ才能が備わっていると
勘違いしているのではないかと思います

そんなことを思うのは
昨夜TVで橋本忍脚本の「切腹」を見て
改めて橋本忍という脚本家の構成力に感服したからです

by zuoteng_jin | 2011-12-01 22:04 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)