タグ:OM Zuiko 40mm F2 ( 49 ) タグの人気記事

中島公園のモクレンとマンションのモクレン

c0182775_183732.jpg

3日の中島公園は白モクレンが満開でした

しだれ柳の緑にもヤマザクラの桜色にもまったく負けていません

マンションにも数本のモクレンがありますが
今年はほとんど花が咲きません
c0182775_18432660.jpg

Leica M7↑
孤独な咲き方がやっとでこの左に見える木が
2015年には以下のような咲き方をした木なのです
c0182775_19191437.jpg

Retina IIIC↑
芽は着いているようなので一昨年のように咲いたらまた撮っておきます

今日は休み明け最初の二連続講義でしたが
さすがにクタクタです

大学院の授業は翻訳指導という内容です

当日提出される留学院生の翻訳日本語文を(原文は中国語)
その場で訂正するので 緊張度もひとしおです

疲れはしますが 翻訳指導自体は院生とのやり取りが楽しいので
快い疲労でした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-09 19:21 | Olympus OM-1 | Comments(0)

連休を楽しむ人々

c0182775_1756342.jpg

マンションのテニスコート脇の桜を撮る人です

3日の午前10時 テニスコートに住人一人と
外部から三人やってきてテニスを始める前に
「きれいだから撮っておくね」とスマホをかざしました

そうかと思えば3日はそれまでの今年最高気温だったので
散歩していてもコートを脱ぎたくなるのでした
c0182775_17564889.jpg

私と同じように脳卒中で不自由な方が一枚脱ぐのに
付添いの奥さんが手助けをしていて他人事とは思えませんでした

この若者は太い雪上タイヤで中島公園を散策していました
c0182775_1759178.jpg

「立派なタイヤだね写真撮っていい」と聞くと
「ああどうぞ いいですよ」そう答えて
ヘッドセットで友達に電話するのに余念ありませんでした

中島公園では池のほとりにあるパークホテルで昼食を摂りましたが
ロビーで席が空く間待っていると隣に母子連れがいました
c0182775_17241960.jpg

ご家族で行楽と思ったのですが
シャッターを切ってちょっとするとご主人が現れましたが
いかにも出張の会社員といったスーツを着用に及んでいました

大型連休といっても 仕事を休めない方々がいることを
ちょっと忘れていました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-05 17:33 | Olympus OM-1 | Comments(0)

中島公園で桜を楽しむ人々

c0182775_1802219.jpg

昨日の中島公園には花を撮る人がずいぶんいました

もちろん敷物を敷いて花見をする客も少なくないです
c0182775_1825796.jpg

この辺は少人数のお仲間がほとんどでしたが
広い地面には大勢で楽しんでいる団体がいます
c0182775_186413.jpg

花もさることながら 暖かい陽光や空気を浴びることが何よりうれしいのです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-04 18:13 | Olympus OM-1 | Comments(0)

札幌中島公園の豊平館と桜

c0182775_17563292.jpg

今日は今年の最高気温でしたので中島公園でリハビリ散歩です

北海道開拓使の迎賓館であった豊平(ホウヘイ)館が
昨年6月に改修工事が終わりました

建物の全景を撮るとかえって幻滅することがあるので
ここは100mm望遠で画面を切り詰めました

40mmレンズで撮るとこうなります
c0182775_1832724.jpg

背後にプレミアホテルが聳えていて
明治建築といっしょに写るとどうにもチグハグです

それにしても オリンパスZuiko 100mm F2.8の描写力は
改めて見事なものだと感じました

公園の桜を 100mm で撮ってみたものを下に掲げます
c0182775_18165770.jpg

蛇腹中判カメラでも撮りましたが
現像は東京送りになるので仕上がりは二週間後だということです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-03 18:24 | Olympus OM-1 | Comments(3)

エゾムラサキツツジ

c0182775_14311083.jpg

自宅から100mほどの日陰に咲いたものです

これも Zuiko 100mm F2.8 で撮りましたが 私にとっては
マニュアルフォーカスのピント操作がそのまま作業療法です
c0182775_1432258.jpg

これはマンションのいつも日陰になる場所ですが40mmでの撮影です

いつもこの画面の通路を通って駐車場に行き来しますが
左から右方向に強烈なビル風が吹き付けます

エゾムラサキツツジは日当たりが悪くビル風のひどい場所でも
こうやっていち早く開花してけっこう長く咲き続けます

この大型連休に孫がやってくるかと思ったら
孫がインフルエンザで それが父親である息子にもうつってしまい
後半遅くに来られるかどうかという塩梅です

エゾムラサキツツジの逞しさにあやかりたいものですね

c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-01 17:29 | Olympus OM-1 | Comments(0)

大学横の水芭蕉

c0182775_16593488.jpg

19日水曜日の昼休みに大学横の公園で撮りました

撮影レンズはオリンパス Zuiko 100mm F2.8
2010年のバンコク以来の出動です

Zuikoの100mmレンズはF2がプロにも大好評の銘玉で
現在でも中古で8~9万円するほどの評価です

しかし大きく重いレンズなので
軽量コンパクトなOMのボディにはつける気がしませんでした

F2.8もかなり安定した描写が好評で 40年前には愛用していました

それは15年ほど前にいったん手放し
今回使ったのは2009年に再導入した改良版F2.8です

中望遠レンズですが
ニコンなどの50mm標準レンズ並みの大きさです

水芭蕉は花と白い咢をクローズアップして後をボカすと幻想的に撮れますが
私はこの花が咲く水場の環境も入れて撮るのが好きです

全体はこんな感じです
c0182775_17245766.jpg

c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-30 17:40 | Olympus OM-1 | Comments(0)

キタキツネを撮る人と久々のOM-1

c0182775_1704993.jpg

今日の大谷地神社です

正午ごろ強張った身体をほぐしにリハビリ散歩に行きましたが
キタキツネが歩いていました

お参りに来ていたご婦人が急いでスマホを出して
撮影しました

「こんなところにいるんですねぇ」と声を掛けると
「ホント イヤーびっくりです」と驚いていました

キタキツネの腸にはエキノコックスというやっかいな寄生虫がいて
感染すると生存率30%という怖い病気が待っています

北海道に来てはじめてOM-1を使いました

半年ほど前にOM-1のプリズムの腐食が見つかり
自分でほかの機種から移植したことがありました

プリズムの移植は無事に出来ましたが
うっかり露出計の配線を外してしまったので
それを修理屋さんに直してもらいました

直して使ってみると
ニコンやキヤノンの一眼レフとは違った軽いシャッター音にしびれました

45年前に初めて一眼レフを買ったのが OM-1 でしたが
その感触が忘れがたいです

一眼レフのシャッターは何と言っても
オリンパスとミノルタの感触が好きです

今年ももう三分の一が終わりますが
蛇腹カメラとOM-1を中心に使ってみようと思います
c0182775_19455648.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-28 17:38 | Olympus OM-1 | Comments(0)

冬囲いと「この世界の片隅に」

c0182775_17165271.jpg

いつもきちんと冬囲いをするお宅です

今度雪が降ったら根雪になると天気予報では告げています

ところで先日映画を見てきました
c0182775_17222841.jpg

アニメーションの「この世界の片隅に」です

ネット上にはレビューがたくさんありますが
とにかく細部の描き方が丁寧で
背景や小物を見ているだけでも鑑賞に値します

漫画雑誌に連載された原作を劇場映画化したのですが
声優に能年玲奈あらため「のん」が起用されて話題になりました

このアニメのキャラクタを演ずるにあたって
時間をかけて広島や呉の方言を学んだそうですが
広島出身者の評価も悪くない様子です

ともかく悪達者でない演技が
この映画の場合効果的に働いたと感じました

いわゆる戦争映画とはちょっと違った いわば戦時生活映画で
あくまでも生活者の視点に徹して戦争を描いた作品として
マスコミ等でもっと話題になってよい作品だと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-18 17:54 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

雪への備えと癌の新しい確実な治療法

c0182775_17271710.jpg

寒いです

旭川方面は記録的な雪だそうですが
札幌はまだそれほどではありません

しかし青空駐車の人たちはこうして雪に備え
雪かきを車のそばに配備しています

提出すべき書類を行方不明にしてしまったかも知れなくて
「に」のつく症状の始まりかとおののいています
(きょうになって別紙で提出はしましたが)

一方 癌経験者としては驚くような嬉しいニュース
ネット上に見つけました

近赤外線(TVのリモコンの光)を癌細胞に照射して
きっちり癌細胞だけを破壊する治療法だそうです

こんな安価で容易な治療法が実現したら
癌は少しも怖いものではなくなります

良性のアテローム(粉瘤)除去手術と変わらないですね
(これも自慢じゃないですが2度経験があります)

あとは脳血管障害に気を付けることと
「に」のつく症状ですね

癌はもう心配ないと

何だか希望のわく話です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-16 17:51 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

秋の無い冬と老いの自覚

c0182775_16403566.jpg

プラタナスの葉が枝についたまま枯れています

プラタナスは葉がすっかり枯れ落ちてから
雪が降ってくるという順序なのですが
今年の場合は秋の無い冬と言われるように
枝上で寒気にやられてしまっています
c0182775_1641886.jpg

これはイチョウですが
やはりすっかり黄葉する前に葉が落ちました

しかも雪の上に落ち葉となってしまいました

歳をとると落ち葉や逆に新芽などに敏感になるものです

今日の写真のようなものに気持ちが動くということは
いやでも加齢を自覚せざるを得ないのですが
最近は事務仕事でも老いを自覚するようなことが起きています

11月7日までに提出しなければならない書類が
所管の部署に出ていないというのです

その書類は今年の場合
ほとんど目にした記憶がはっきりしないのです

どうやらうっかり捨ててしまったかもしれず
その自覚が無いのは老いのせいだろうと
そっちのほうを自覚せざるを得ません

やれやれです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-15 17:06 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)