「ほっ」と。キャンペーン

タグ:NMD ZOOM 24-35 ( 61 ) タグの人気記事

厚田川の岸辺道と正眼寺

c0182775_16592173.jpg

厚田の南側を流れる厚田川北岸の岸辺道です
川は昨日のブログに写っています
(この画面では右端が川)

明治2年の冬 北海道開拓使の判官(今の局長級)松本十郎は
北海道西岸巡察の途次 峠を越えてから凍結した厚田川を渡り
この岸辺道に上がったところで まったく偶然に
巡察を見物に来た斎藤鉄太郎(子母沢寛の祖父)を見つけます

松本十郎かつての庄内藩士戸田惣十郎と
江戸御家人梅谷十次郎(斎藤鉄太郎)は
十代後半のころ江戸の講武所(官立道場)で
常に一位二位を争う稽古仲間でした

のち二人はともに薩長政府から見れば朝敵になりましたが
松本は北海道開拓使次官黒田清隆に目をかけられ判官に取り立てられます

一方斎藤は 彰義隊敗戦→函館戦争敗戦→士籍奉還→札幌開拓放棄
そういう負の経歴をたどった挙句 厚田のアイヌに混じって
ひっそり暮らそうとしていました

その二人がこの道上で16~17年振りに再会したわけです

このとき松本判官は二日ほど厚田に滞在しますが
その宿舎は天保2年(1832年)に建てられた正眼寺です

昨日の最初のコマは正眼寺の前から撮ったものです

c0182775_1704835.jpg

二人はここの庫裏で夜を徹して お互いの来し方と
先住のアイヌと如何に共存するべきかを語りあったのです

正眼寺の本堂はこんな感じです

c0182775_173282.jpg

屋根と壁はいかにも北海道の建築ですが
玄関の屋根や柱や鴨居
またその荘厳(しょうごん)彫刻はかなり古いものです

c0182775_1735011.jpg

これが古いというのは 鐘楼の柱は建て替えられたものですが
彫刻はもとのものを使っていることから分かります
(梵鐘の銘文は残念ながら暗くて見えませんでした)

c0182775_1743342.jpg

松本と斎藤はその時ともにこの彫刻を目にし
この梵鐘の音を耳にしたに違いありません

司馬遼太郎は「街道をゆく」シリーズで厚田にも来ていますが
この大事なお寺については 訪問はおろか言及もありません

私は子母沢寛の「厚田日記」を読んで訪問したいと思いました
この短編小説は朝敵であった松本や斎藤らと
先住アイヌたちとの心を通わせる交誼を描いた佳品です

松本十郎については Facebook フレンドのM.O.さん(山形在住)から
莊内日報の記事を紹介して頂いて詳しく知ることができました

「南へ向いた丘」「厚田日記」はともに
子母沢寛『脇役』(文春文庫)に収録されています
c0182775_17163324.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-06 17:19 | Minolta XD | Comments(0)

厚田の南へ向いた丘

c0182775_1844385.jpg

厚田に行ってきました

石狩から海岸沿いを北上して最後の峠を越えると
上の写真のように
厚田の集落と南へ向いた丘が見えてきます

厚田は愛読してる子母沢寛の生誕地です

子母沢寛の祖父・梅谷十次郎は幕末の御家人でしたが
上野彰義隊で官軍に敗れ さらに函館戦争にも敗れ
士籍を返上して札幌開拓民になったがうまくゆかず
斎藤鉄太郎と改名して
ほかの六人の御家人崩れと共に厚田に根をおろしたのでした

当時の北海道では農業開拓は困難が大きすぎ
漁業に活路を見出すほかなかったのです

その七人のうち一人は結核で死に 二人は江戸に向けて出奔し
残った四人は厚田の南へ向いた丘に
骨を埋めようと決意したのでした

その経緯が短編「南へ向いた丘」に書かれています

丘の麓から眺めると下のような塩梅です
陽当たりがよく 石狩湾が一望できて大変気持ちの良い丘でした

家屋は移築された戸田城聖(創価学会創立者の一人)の生家
その左手の方に子母沢寛の顕彰碑があります

c0182775_1845635.jpg

どうやら落ち着いた斎藤鉄太郎のもとに
江戸本所の剣法修行仲間が
偶然にも開拓使の役人として厚田にやって来ました

それはまた明日ご紹介します
c0182775_18461832.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-05 19:01 | Minolta XD | Comments(0)

黒川紀章事務所

c0182775_19211990.jpg

2012年5月に撮った国立新美術館の内部です

中央は円形レストランですね

Yahooニュースにこんな報道がなされました

「黒川紀章建築都市設計事務所(東京都港区赤坂)が15日、
東京地裁に民事再生手続きを申し立てました。
同事務所によると、負債総額は12億円。
日本の建築界の名門の経営破綻に、驚きが広がっています」

黒川氏生前最後の設計がこの新美術館でした

事務所の経営破綻は受注が減ったことによるということで
内需が中心の建築業ですから 円安政策などでは救済されないのでしょう

調子に乗っている首相が大企業に賃上げを指示した由ですが
そんな指示で企業が内部留保を放出するでしょうか

年明けからの中小企業の倒産が心配されています
年内に選挙をしたかった理由らしいですね


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-12-16 19:35 | Minolta XD | Comments(0)

ジラソーレ外観

c0182775_16274376.jpg

昨日ご紹介したお店の外観を9月に撮っていました

「伊風レストラン」と名乗っていますね


昨日の夜から今日の午前中まで
タイのチュラロンコーン大学で出している日本学論文誌のために
投稿論文2本の査読をやりました

どちらも水準はクリアしていましたが 学術論文としては甘さがあるので
修正の提案をしたうえで掲載可と判定し
先ほどメールで送信しました

査読という作業はなかなか神経を使い 疲れるものです
脳卒中の後遺症で ただでさえ疲れるので
昼食の後にちょっと昼寝をして回復を期しました

今晩の夕食はこのお店でいただこうと思います


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-12-05 17:40 | Minolta XD | Comments(3)

アメリカ芙蓉

c0182775_1818251.jpg

9月に撮った花を駆け込みで掲げます

芙蓉はもとは蓮の花のことでした

この手の陸上の木になるのは木芙蓉
蓮の花は水芙蓉といって区別するようです

いずれにしても芙蓉という花は中国のイメージがあります

10世紀の後蜀という王朝の君主は芙蓉好きで
首都の成都のあらゆるところに芙蓉を植えさせたので
成都のことを芙蓉城とか蓉城とか言いました

ただ今日の写真の芙蓉はアメリカ原産の芙蓉のようです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-11-05 19:16 | Minolta XD | Comments(0)

天使のトランペット

c0182775_14193335.jpg

9月初め 札幌に来てからはじめてキダチチョウセンアサガオを見ました

東京で散歩中にあちこちにあった花で
ここにも
ありましたしここにもありこれは別な撮り方もしています

札幌のこのお宅のは淡いピンクですから
園芸種として色の改良がなされたものですね

チョウセンアサガオの実には毒性があって
麻酔薬の薬種にもなっていました

江戸時代に乳がんの手術をした花岡青洲が
麻酔薬として処方した「通仙散」の主薬が
チョウセンアサガオの実でした

もっと言えば
三国志の曹操の主治医だった華佗が
盲腸の手術のために処方した麻酔薬
「麻沸散」の主薬もそうだったらしいです
(当時ないしは江戸の呼び名は曼荼羅華)

全身麻酔の手術で命をつないだ私には
見過ごすことのできない花です


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-10-17 18:00 | Minolta XD | Comments(0)

黄色い軽トラと薪の準備

c0182775_22164964.jpg

薪ストーブご愛用のお宅のようです

鮮やかな黄色い軽トラといい薪ストーブといい
趣味性の高いライフスタイルのようですね

私の親類や知人にも薪ストーブの愛用者がいますが
札幌には薪ストーブ専門店があって
さすが北国だなと思いました

もちろん薪屋さんもあるのでしょうが
まさか「燃料店」で扱ってはいないと思います

今の燃料店は灯油やガソリンが商品であって
薪や石炭などは売っていません

子供のころには薪炭屋さんがちゃんとありましたが今はなく
私ごときの人生でもこういう目に見えるエネルギー革命がありました

それにつけても
核のゴミをきちんと処理できない原子力は願い下げです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-10-04 18:14 | Minolta XD | Comments(0)

イガグリ

c0182775_19313564.jpg

半月ほど前にリハビリ散歩で見かけたお宅のクリです

リンクを貼ってある「木づかい 森づくり」の管理人さんが
今年のクリは豊作だと報告しています

ドングリやクリが屋根にあたる音ならともかく
今度の御嶽山の噴火のように
石垣の石のような火山弾が降ってきたのでは
さぞかし恐かったろうと思います

ちょうど今 噴火の時に山頂付近にいた人の談話が
テレビで放送されています

すでに亡くなった登山者については
ご冥福を祈るほかありませんが
二次災害が起きないように救援活動をしてほしいと思います


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-09-29 19:46 | Minolta XD | Comments(0)

土俵

c0182775_1854993.jpg

大谷地神社境内の土俵です

もとは建築中の社務所の位置にありましたが
北側に30mほど移設したらしいです

ここで小学生と幼稚園児の子供相撲が予定されていました
しかし予定時間を2時間以上も過ぎても始まりませんので
相撲見物はあきらめました

今日は大相撲の千秋楽で 白鵬が31回目の優勝でした
もはや相撲はモンゴルの国技ですね

半月ほど前に札幌にモンゴルレストランが開店しました
ビルの中にゲルを建てているのだそうです

偶然に病気見舞いの途上で見かけました

c0182775_1815837.jpg

DP2S デジタル ↑

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-09-28 18:28 | Minolta XD | Comments(0)

願いごと

c0182775_17402442.jpg

少女たちが絵馬に願いごとを書いています

ここの絵馬は進学や就職の願いごとが多いです

今日は9月に卒業する学生さんの学位記授与式がありました
就職しても元気にやってほしいです

この写真の車椅子のおばあさんも 絵馬を書くのでしょうか

車椅子と言えば 午後は都心にある脳外科に出向き
リハビリ中の事務部のある部長さんの見舞いに行ってきました

8月末に私と同じ視床出血で入院したのですが
病室とリハ室のあいだはまだ車椅子で
私よりちょっと重いかなという感じでした

それでもお話しした感触では
気力がとても充実していましたので
私程度に回復するのは疑いありません

一日も早い回復を祈ります


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-09-26 18:01 | Minolta XD | Comments(0)