タグ:NMD ZOOM 24-35 ( 65 ) タグの人気記事

雪印種苗のバラ見本種

c0182775_1729255.jpg

退勤時にいつもこのそばを通ります

しかし昨日掲げたうどん屋さんからの帰りに初めて中に入りました

雪印種苗という会社は別の場所にあったのですが
2000年に雪印乳業がおこした食中毒や食肉偽装事件で経営が悪化し
事業を整理して2002年にこの上野幌の地に移って来たそうです

食中毒や食肉偽装事件は東京でニュースに接しましたが
北海道で生まれ育ったものとしては残念な事件でした

ここには写真のようなバラの見本が植えてあって苗木を販売しています

その種類たるや450種ほどといいますから驚きます(見本はその一部)
c0182775_1741050.jpg

作業療法のリハビリをかねて
レンズを交換してマクロ撮影をやりました

三脚を使わずに中腰で撮るのは理学療法のリハビリでもありますね
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-30 17:48 | Minolta XD | Comments(0)

畑の中の手打ちうどん

c0182775_17235362.jpg

この建物は手打ちうどん「ほくほく庵」さんです

全く知らなかったのですがグーグル・マップを見ていて
畑の真っただ中にあるのを見つけました

上のリンクからマップを開いて
航空写真画面にすると周囲がよく分かります

下がお店の裏手で 白い窓枠がいかにも寒冷地仕様ですね
c0182775_17375397.jpg

中に入ってテーブルに着くとこんな感じです
c0182775_17351755.jpg

お連れはきつねうどん 当方は鍋焼きうどんをいただきました
c0182775_17371230.jpg

窓の外は一面の麦畑で
風に麦穂がそよぐのを見ながらうどんを啜りました

このお店は札幌で20年間営業したのち
この土地に来てから今年で13年だそうです

これまで11時から19時まで営業していましたが
店主の高齢化によってこの7月1日から
14時で店じまいするそうです

手打ちのうどん玉は好みの太さと硬さでしたが
お出汁が きつねうどんの場合は甘すぎて
鍋焼きうどんの場合 ちょっと塩が立っていると感じました

しかりと昆布出汁で味わううどんとは若干違いますが
このうどん玉は出かけていって頂く甲斐ありと思いました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-29 18:02 | Minolta XD | Comments(0)

ロードヒーティング改修工事

c0182775_22412132.jpg

マンション前の通路でロードヒーティングの改修工事を実施しています

通路の表面をハツって古い熱伝導体を取り去り
新しいそれと交換します
c0182775_22415782.jpg

これを見るたびに ロードヒーティングを開発した知人を思い出します

早いものでお亡くなりになってからぼつぼつ二年経ちます

冬になると思いださない日は無いのですが
夏でもこうして工事を見ると より強く面影が浮かんできます
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-27 18:13 | Minolta XD | Comments(0)

オダマキ写真と車寝台でのライラック鑑賞

c0182775_17564116.jpg

マンション隣のビルの壁際に咲くオダマキです

この写真はしゃがんで撮影しました

脳出血の後遺症で身体のバランスをとるのが困難な私ですが
どうやら撮影することが出来ました

脳出血の後 3年ぐらいは
ただしゃがむことすら出来なかったのです
ここまで回復してきたことを喜ばなくてはなりません

出血の部位によっては車いす生活になるところでした
c0182775_186286.jpg

川下公園に行ったときに車寝台でライラックを見に来た方がいました

介護の方々は大変だと思いますが
きれいな花を見て香りを嗅ぐのは
患者さんにとって何よりのお薬ですから
是非支援を続けていただきたいです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-17 18:20 | Minolta XD | Comments(0)

厚田川の岸辺道と正眼寺

c0182775_16592173.jpg

厚田の南側を流れる厚田川北岸の岸辺道です
川は昨日のブログに写っています
(この画面では右端が川)

明治2年の冬 北海道開拓使の判官(今の局長級)松本十郎は
北海道西岸巡察の途次 峠を越えてから凍結した厚田川を渡り
この岸辺道に上がったところで まったく偶然に
巡察を見物に来た斎藤鉄太郎(子母沢寛の祖父)を見つけます

松本十郎かつての庄内藩士戸田惣十郎と
江戸御家人梅谷十次郎(斎藤鉄太郎)は
十代後半のころ江戸の講武所(官立道場)で
常に一位二位を争う稽古仲間でした

のち二人はともに薩長政府から見れば朝敵になりましたが
松本は北海道開拓使次官黒田清隆に目をかけられ判官に取り立てられます

一方斎藤は 彰義隊敗戦→函館戦争敗戦→士籍奉還→札幌開拓放棄
そういう負の経歴をたどった挙句 厚田のアイヌに混じって
ひっそり暮らそうとしていました

その二人がこの道上で16~17年振りに再会したわけです

このとき松本判官は二日ほど厚田に滞在しますが
その宿舎は天保2年(1832年)に建てられた正眼寺です

昨日の最初のコマは正眼寺の前から撮ったものです

c0182775_1704835.jpg

二人はここの庫裏で夜を徹して お互いの来し方と
先住のアイヌと如何に共存するべきかを語りあったのです

正眼寺の本堂はこんな感じです

c0182775_173282.jpg

屋根と壁はいかにも北海道の建築ですが
玄関の屋根や柱や鴨居
またその荘厳(しょうごん)彫刻はかなり古いものです

c0182775_1735011.jpg

これが古いというのは 鐘楼の柱は建て替えられたものですが
彫刻はもとのものを使っていることから分かります
(梵鐘の銘文は残念ながら暗くて見えませんでした)

c0182775_1743342.jpg

松本と斎藤はその時ともにこの彫刻を目にし
この梵鐘の音を耳にしたに違いありません

司馬遼太郎は「街道をゆく」シリーズで厚田にも来ていますが
この大事なお寺については 訪問はおろか言及もありません

私は子母沢寛の「厚田日記」を読んで訪問したいと思いました
この短編小説は朝敵であった松本や斎藤らと
先住アイヌたちとの心を通わせる交誼を描いた佳品です

松本十郎については Facebook フレンドのM.O.さん(山形在住)から
莊内日報の記事を紹介して頂いて詳しく知ることができました

「南へ向いた丘」「厚田日記」はともに
子母沢寛『脇役』(文春文庫)に収録されています
c0182775_17163324.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-06 17:19 | Minolta XD | Comments(0)

厚田の南へ向いた丘

c0182775_1844385.jpg

厚田に行ってきました

石狩から海岸沿いを北上して最後の峠を越えると
上の写真のように
厚田の集落と南へ向いた丘が見えてきます

厚田は愛読してる子母沢寛の生誕地です

子母沢寛の祖父・梅谷十次郎は幕末の御家人でしたが
上野彰義隊で官軍に敗れ さらに函館戦争にも敗れ
士籍を返上して札幌開拓民になったがうまくゆかず
斎藤鉄太郎と改名して
ほかの六人の御家人崩れと共に厚田に根をおろしたのでした

当時の北海道では農業開拓は困難が大きすぎ
漁業に活路を見出すほかなかったのです

その七人のうち一人は結核で死に 二人は江戸に向けて出奔し
残った四人は厚田の南へ向いた丘に
骨を埋めようと決意したのでした

その経緯が短編「南へ向いた丘」に書かれています

丘の麓から眺めると下のような塩梅です
陽当たりがよく 石狩湾が一望できて大変気持ちの良い丘でした

家屋は移築された戸田城聖(創価学会創立者の一人)の生家
その左手の方に子母沢寛の顕彰碑があります

c0182775_1845635.jpg

どうやら落ち着いた斎藤鉄太郎のもとに
江戸本所の剣法修行仲間が
偶然にも開拓使の役人として厚田にやって来ました

それはまた明日ご紹介します
c0182775_18461832.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-05 19:01 | Minolta XD | Comments(0)

黒川紀章事務所

c0182775_19211990.jpg

2012年5月に撮った国立新美術館の内部です

中央は円形レストランですね

Yahooニュースにこんな報道がなされました

「黒川紀章建築都市設計事務所(東京都港区赤坂)が15日、
東京地裁に民事再生手続きを申し立てました。
同事務所によると、負債総額は12億円。
日本の建築界の名門の経営破綻に、驚きが広がっています」

黒川氏生前最後の設計がこの新美術館でした

事務所の経営破綻は受注が減ったことによるということで
内需が中心の建築業ですから 円安政策などでは救済されないのでしょう

調子に乗っている首相が大企業に賃上げを指示した由ですが
そんな指示で企業が内部留保を放出するでしょうか

年明けからの中小企業の倒産が心配されています
年内に選挙をしたかった理由らしいですね


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-12-16 19:35 | Minolta XD | Comments(0)

ジラソーレ外観

c0182775_16274376.jpg

昨日ご紹介したお店の外観を9月に撮っていました

「伊風レストラン」と名乗っていますね


昨日の夜から今日の午前中まで
タイのチュラロンコーン大学で出している日本学論文誌のために
投稿論文2本の査読をやりました

どちらも水準はクリアしていましたが 学術論文としては甘さがあるので
修正の提案をしたうえで掲載可と判定し
先ほどメールで送信しました

査読という作業はなかなか神経を使い 疲れるものです
脳卒中の後遺症で ただでさえ疲れるので
昼食の後にちょっと昼寝をして回復を期しました

今晩の夕食はこのお店でいただこうと思います


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-12-05 17:40 | Minolta XD | Comments(3)

アメリカ芙蓉

c0182775_1818251.jpg

9月に撮った花を駆け込みで掲げます

芙蓉はもとは蓮の花のことでした

この手の陸上の木になるのは木芙蓉
蓮の花は水芙蓉といって区別するようです

いずれにしても芙蓉という花は中国のイメージがあります

10世紀の後蜀という王朝の君主は芙蓉好きで
首都の成都のあらゆるところに芙蓉を植えさせたので
成都のことを芙蓉城とか蓉城とか言いました

ただ今日の写真の芙蓉はアメリカ原産の芙蓉のようです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-11-05 19:16 | Minolta XD | Comments(0)

天使のトランペット

c0182775_14193335.jpg

9月初め 札幌に来てからはじめてキダチチョウセンアサガオを見ました

東京で散歩中にあちこちにあった花で
ここにも
ありましたしここにもありこれは別な撮り方もしています

札幌のこのお宅のは淡いピンクですから
園芸種として色の改良がなされたものですね

チョウセンアサガオの実には毒性があって
麻酔薬の薬種にもなっていました

江戸時代に乳がんの手術をした花岡青洲が
麻酔薬として処方した「通仙散」の主薬が
チョウセンアサガオの実でした

もっと言えば
三国志の曹操の主治医だった華佗が
盲腸の手術のために処方した麻酔薬
「麻沸散」の主薬もそうだったらしいです
(当時ないしは江戸の呼び名は曼荼羅華)

全身麻酔の手術で命をつないだ私には
見過ごすことのできない花です


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-10-17 18:00 | Minolta XD | Comments(0)