タグ:Kodak Gold200 ( 831 ) タグの人気記事

床下工事

c0182775_20145940.jpg

何の工事かは聞きそびれました

これを撮ったときに このアパートのオーナーがいたのですが
フィルムかい 懐かしいカメラだねと話しかけてきたので
お好きですか と聞き返してみると
昔は暗室で遊んだもんでね などど話が弾んじゃったのです

ところでローライ35の本体やアクセサリーを積極的に扱っている
プレミアム・ギアというネットショップがあります

先日 このショップからローライ純正の
折り畳み可能なラバーフードを買いました

ところがゴムが劣化していて
折り畳んだ箇所が亀裂になっていました

それで ショップに連絡して返品したところ
今日になって 問題のない製品1個と
予備に使ってくださいと 非純正品1個とを送ってきました

2007年に MINOX35GT のケースを購入して以来のお付き合いですが
誠実な対応に感激しました

いただいた予備品はとっておくのではなく
義母の形見のローライ35に装着してどんどん使おうと思います

by zuoteng_jin | 2014-04-17 20:36 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

葬儀ラッシュ

c0182775_215416.jpg

先週水曜日の葬儀会場です

今日は大学そばのホテルで
学科の新任教員歓迎会がありました

春は別れや出会いの季節ですが
この葬儀場は フル稼働で別れのお手伝いをしていました

by zuoteng_jin | 2014-04-16 21:13 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

冬囲いの残る庭

c0182775_19331769.jpg

今日は曇って寒かったです

この季節はいわゆる三寒四温で
昨日と今日とでは8度ほど違います

一週間前にはこの状態だったお庭ですが
いくら寒い日があるとはいえ
さすがに今はもう 囲いを外したものと思います

by zuoteng_jin | 2014-04-15 19:42 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

ゴミ集積場

c0182775_18453484.jpg

今日は日差しの暖かな日曜日でした

リハビリウォークは四か月ぶりのコースを歩きましたが
フィルムはまだカメラの中ですから
一週間前の撮影を掲げます

ここのゴミ集積場が大きいのは
工務店が主に利用するからのようです

向こう側の駐車場には工務店の車が停まっています

ゴミ集積場の目隠しに
近所の小学生に自由にペイントさせたようです

奔放な色使いも だいぶ剥げてきていますから
もう一度再塗装してもらいたいと思いました

by zuoteng_jin | 2014-04-13 18:57 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

アウトドア店のワゴン車

c0182775_1946323.jpg

このワンボックス車は廃車ではなく現役です

一昨日のしめ縄の向こう側にちょっと見えていました

この車はあちこち錆でがたがたですが
本日67歳の誕生日を迎えた私も
身体は後遺症に悩みつつも 何とか現役を続けています

直腸癌を克服して10回目
脳卒中を克服して2回目の誕生日です

もっともっとこの記録を伸ばすつもりでいますが
今日は息子家族が孫を連れて祝いに来てくれています

3歳半のこの孫が 大学に行くまでは元気でいようと思いました

by zuoteng_jin | 2014-04-12 19:57 | Rollei35 Germany 2 | Comments(8)

越冬した放置自転車

c0182775_18262052.jpg

雪が融けると色んなものが顔を出します

これは近所の大学そばの小公園駐輪場で
越冬してしまった放置自転車です

これも問題ですが こんなニュースがありました

「9日午後2時ごろ、北海道千歳市真町の青葉公園少年野球場で、
雪の中に男性の遺体が埋まっているのを除雪作業中の男性が発見
し、119番した。雪が解けて遺体が現れたとみられ、千歳署が死因
の特定や身元確認を進めている」(毎日新聞)

そばに酒の空ビンがあったとかで
酔ったまま行き倒れになったようです

男性はあるいはホームレスで
捜索願いが出ていなかったのかも知れません

いずれにしても痛ましいことです

by zuoteng_jin | 2014-04-11 19:00 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

春じたく

c0182775_19115495.jpg

マンションにもぼつぼつノーマルタイヤに履き替える住人がいます

駐輪場で自転車を磨き上げるお父さんもいます

c0182775_19142616.jpg

マスコミは小保方祭りですね

思うことは二つあります

まず ご本人に関してですが
研究成果の報告に関するきちんとした訓練が
どう考えても不足していること

文系でも普通はもっと厳しくやっています

次に マスコミの反応に関してですが
科学研究には捏造や改竄は許されない
科学に対する信頼が損なわれると
特にコメンテーターがしたり顔でいうのには違和感を覚えます

人間の組織である限り 捏造や改竄
ないしは人事の不透明などが無いのは おかしいでしょう
科学研究のシーンだけが 無菌状態であり得る訳がありません

早い話 原子力発電や放射能に関して
あんなに捏造・改竄・欺瞞が横行しているではありませんか

マスコミが 原発の巨悪には耳目をふさぎ
いじりやすい理系女子に殺到しているのは
いかにも見苦しいです

by zuoteng_jin | 2014-04-10 19:43 | Rollei35 Germany 2 | Comments(2)

しめ縄

c0182775_1931119.jpg

近くの神社の鳥居に着いているしめ縄です

思わず触りたくなるこの描写

以前カールツァイスの新しいレンズを装着した
デジタルでも撮りましたが
ツァイスの古いレンズをつけたフィルムの方が写りが確かです

フィルムはすでに生産中止の Kodak Gold200
遠景に見えるカメラのキタムラさんで
1本198円の値段をつけています

今日も少し買い足して
我が家の在庫は 130 本ほどありますので
私のペースでは むこう2年間は撮影を楽しめます

撮ったカメラは昨日到来したローライ35の1967年ドイツ製初期タイプです

c0182775_1917139.jpg

ブラック塗装は義母の形見のローライ35シンガポール製
クローム仕上げでレンズを引き出したのがドイツ製初期タイプです

ドイツ製は金属部品が多くて 365g ありますが
シンガポール製は金属部品を減らしたので 330g になりました

基本設計は同じようですが ファインダーは明らかに違います

ドイツ製は1個のガラス塊で出来ていますが
シンガポール製は数枚のガラスを組み合わせているので
内部で曇りが出やすいと聞きます(義母譲りのものも曇っています)

レンズ自体もドイツ製はカールツァイス社制作ですが
シンガポール製はローライ社制作です
(私ごときには違いが分かりませんが)

今度ドイツ製を手にして オリジナル取説にも
アサヒカメラの「ニューフェース診断室」にも
ネットの情報にもないことで 気がついたのは
レンズの左側に見える絞りリングの使い方です

絞り値を変えるには
リングの下部にある爪を押し込みながら回さないといけません

しかしドイツ初期タイプは絞りを開けるときに限って
爪を押し込まずにリングを回すことができます
(適度なクリック感があります)

つまり逆光補正が簡単にできるということで
この操作性の良さは雲泥の差があります

シャッタースピードも絞りも自分でその都度セットし
距離は目測で何メートルぐらいだと見当でセットするという
超マニュアル機材ですが
私のようなスナップ撮影で不自由はしません

楽しいカメラです

by zuoteng_jin | 2014-04-09 19:47 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

選手交代

c0182775_1946368.jpg

スノーダンプのお役は御免になり ママチャリの出番になりました

うちの奥さんもサイクルショップに保管してもらっている自転車を
近いうちに受け出しにいくと言っています


昨日このコマを撮ったレチナ IIIc の露出計の話をしましたが
うっかりすると工作精度が甘いという印象を持たれたかもしれません
事実はまったく逆です

露出計のひげゼンマイを格納しているブロックを分解して
つくづく分かりましたが 金属板部品の切り出しの精巧さや
1mmにも満たないビスの 雄ネジ雌ネジの工作精度などは
ここまでやるかというほど 大変きっちりしています

40年前の国産カメラも少し分解したことがありますが
60年前のドイツの工作精度には遠く及びません

精度が高い工作だからこそ
私のようなズブの素人でも組み直しが可能なんですね

by zuoteng_jin | 2014-04-08 20:08 | RetinaIIIc Heligon | Comments(2)

春の陽

c0182775_18363130.jpg

今日はお買い物の若い主婦もコートを着ていません

一昨日掲げた土手の雪もほとんどなくなりました

c0182775_18392720.jpg

リハビリ散歩のお供は2年ぶりにフィルムを入れたRetina IIIc
1954年製ですから ちょうど60年前の機種です

出かけて間もなく 上のコマを撮ったときには
セレン式露出計が作動していましたが
下のコマを撮るときには露出計の針が動かなくなっていました

セレン受光体は後のCdS受光体より寿命が長いのが普通ですから
受光体が死んだのではなく
内部のハーネス(電線)が断線したかもしれません

近いうちに分解して調べてみようと思います
(導入当時に距離計を調整したことがあります)

それにしても60年前のシュナイダー製Heligonレンズは
初めてカラーで撮りましたが見事な描写です

デジタルの描写は遠景が解像力を主張して
ギラギラするのが嫌ですが
フィルムは自然にぼけるので落ち着きます

【追記】ちょっと分解してみたら
もともと電池が不要ですから ハーネスなどはなくて
針を動かす細いひげゼンマイにゴミがひっかかったか
ゼンマイがもつれていたかのようですので
ブロアで吹いてチョンチョンと動かしてやったら
露出計の針の動きが元気に復活しました

by zuoteng_jin | 2014-04-07 19:00 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)