タグ:Kodak Gold200 ( 747 ) タグの人気記事

連休を楽しむ人々

c0182775_1756342.jpg

マンションのテニスコート脇の桜を撮る人です

3日の午前10時 テニスコートに住人一人と
外部から三人やってきてテニスを始める前に
「きれいだから撮っておくね」とスマホをかざしました

そうかと思えば3日はそれまでの今年最高気温だったので
散歩していてもコートを脱ぎたくなるのでした
c0182775_17564889.jpg

私と同じように脳卒中で不自由な方が一枚脱ぐのに
付添いの奥さんが手助けをしていて他人事とは思えませんでした

この若者は太い雪上タイヤで中島公園を散策していました
c0182775_1759178.jpg

「立派なタイヤだね写真撮っていい」と聞くと
「ああどうぞ いいですよ」そう答えて
ヘッドセットで友達に電話するのに余念ありませんでした

中島公園では池のほとりにあるパークホテルで昼食を摂りましたが
ロビーで席が空く間待っていると隣に母子連れがいました
c0182775_17241960.jpg

ご家族で行楽と思ったのですが
シャッターを切ってちょっとするとご主人が現れましたが
いかにも出張の会社員といったスーツを着用に及んでいました

大型連休といっても 仕事を休めない方々がいることを
ちょっと忘れていました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-05 17:33 | Olympus OM-1 | Comments(0)

中島公園で桜を楽しむ人々

c0182775_1802219.jpg

昨日の中島公園には花を撮る人がずいぶんいました

もちろん敷物を敷いて花見をする客も少なくないです
c0182775_1825796.jpg

この辺は少人数のお仲間がほとんどでしたが
広い地面には大勢で楽しんでいる団体がいます
c0182775_186413.jpg

花もさることながら 暖かい陽光や空気を浴びることが何よりうれしいのです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-04 18:13 | Olympus OM-1 | Comments(0)

大学横の水芭蕉

c0182775_16593488.jpg

19日水曜日の昼休みに大学横の公園で撮りました

撮影レンズはオリンパス Zuiko 100mm F2.8
2010年のバンコク以来の出動です

Zuikoの100mmレンズはF2がプロにも大好評の銘玉で
現在でも中古で8~9万円するほどの評価です

しかし大きく重いレンズなので
軽量コンパクトなOMのボディにはつける気がしませんでした

F2.8もかなり安定した描写が好評で 40年前には愛用していました

それは15年ほど前にいったん手放し
今回使ったのは2009年に再導入した改良版F2.8です

中望遠レンズですが
ニコンなどの50mm標準レンズ並みの大きさです

水芭蕉は花と白い咢をクローズアップして後をボカすと幻想的に撮れますが
私はこの花が咲く水場の環境も入れて撮るのが好きです

全体はこんな感じです
c0182775_17245766.jpg

c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-30 17:40 | Olympus OM-1 | Comments(0)

山鼻地区の建築現場の弁当とカレー店と露出計の確認

c0182775_1602317.jpg

ルノー札幌の近くです

工事現場でお弁当の最中でしたが
春の暖かな陽光の中でとても気持ち良さそうでした

私はここの近くのカレーキッチンROCCAというお店で
カレーをいただきました

店内は光が十分ではなく窓の透過光だけを撮っておきました
c0182775_16103447.jpg

こんなふうに充分使えたカメラの露出計ですが
先日メーターの指針が動かなくなりました

今日はそれをちょっと確認してみましたので
ファインダー機構と露出計を見るための心覚えとして
そこにたどり着く手順を書いておきます
c0182775_16152988.jpg

c0182775_1616239.jpg

まず巻き戻しダイヤルのカニ目を利用してそれをはずします

次に1枚目の写真に見えるビス1つと2枚目の写真のビス2つを外します
c0182775_16195489.jpg

上部カバーを引き抜くと左にファインダーブロック
右に露出計ブロックが見えます

それにしてもほれぼれするような精度の高い金属工作ですね

露出計ブロックの二つのビスを外すと露出計のメーターが見えます
c0182775_16241724.jpg

カメラ前面にセレン受光体があり
光の強さに応じてメーターが発電します

その発電器が赤く見えるところで その下に磁石とコイルがあるのです

その磁石とコイルでどの程度発電しているかが
左の方に見えている指針の角度で分かるという仕組みです

指針が動かない原因は3つほど考えられます
①セレンが劣化して起電力が無い(→セレン自体はほとんど劣化しないそうです)
②セレンからコイルまでの間に断線がある
③発電機と指針をつなぐひげゼンマイが切れている
(→ミクロン単位の太さなので写真ではよく見えませんが ちゃんとつながっています)

どうも原因②が怪しいです

それで ブロアで風を吹きつけてやるとまた復活しました
指針も単体露出計の値とほぼ同じです
(セレンは生きています)

しかし しばらく持ち運んでいるとやっぱり動かなくなりました

つまり②の断線症状なのでしょうが
ブロアの風で一時的に接触して導通があったようです

それを確認して修理するには
さらに最後の写真に見えるメーター脇のビスを外して
配線を確認しなければなりません

しかし左手マヒの私はこれで止めておきます

このカメラの Helligon F2 レンズは高性能ですがレアなのです

下手にいじくってレンズを無駄にしたくないので
印税でも入ったら全体をオーバーホールしてもらうことにします
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-29 17:00 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

キタキツネを撮る人と久々のOM-1

c0182775_1704993.jpg

今日の大谷地神社です

正午ごろ強張った身体をほぐしにリハビリ散歩に行きましたが
キタキツネが歩いていました

お参りに来ていたご婦人が急いでスマホを出して
撮影しました

「こんなところにいるんですねぇ」と声を掛けると
「ホント イヤーびっくりです」と驚いていました

キタキツネの腸にはエキノコックスというやっかいな寄生虫がいて
感染すると生存率30%という怖い病気が待っています

北海道に来てはじめてOM-1を使いました

半年ほど前にOM-1のプリズムの腐食が見つかり
自分でほかの機種から移植したことがありました

プリズムの移植は無事に出来ましたが
うっかり露出計の配線を外してしまったので
それを修理屋さんに直してもらいました

直して使ってみると
ニコンやキヤノンの一眼レフとは違った軽いシャッター音にしびれました

45年前に初めて一眼レフを買ったのが OM-1 でしたが
その感触が忘れがたいです

一眼レフのシャッターは何と言っても
オリンパスとミノルタの感触が好きです

今年ももう三分の一が終わりますが
蛇腹カメラとOM-1を中心に使ってみようと思います
c0182775_19455648.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-28 17:38 | Olympus OM-1 | Comments(0)

札幌山鼻地区と屯田兵と自衛隊

c0182775_17555521.jpg

なつかしい「木造モルタル塗り」の家屋です

私も高校時代からこういう様式の家で暮らしました

背後の山が藻岩山で その東の一帯を山鼻地区といいます

ルノー札幌がこの地区にあるので車の修理中に歩いて撮りました

札幌の中でも早くから開拓が始まったところで
1876年(明治9年) 9月に 屯田兵が240戸
ここに中隊を編成して住んだと言います

長く続いた個人営業のお店が多く
とうとう後継ぎがいなくてさびれていく店も少なくない地区です

上の床屋さんはバーバーズ・ポールが回転していたようで
廃業はしていないようでした
c0182775_1894651.jpg

この食品店は今でも活気が感じられましたが
道路のこちら側に自衛隊の官舎があるからなんですね
c0182775_18153912.jpg

この近くに自衛隊真駒内駐屯地や演習場があり
ああ こういうところに屯田兵の面影が残っているのだぁと思いました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-27 18:21 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

札幌の二つの記念碑的建築物

c0182775_17395769.jpg

カメラ修理のお店の周辺には記念碑的な明治建築がいくつかあります

これは明治37年築のメソジスト派のキリスト教会です

支笏湖が出来たときの噴火灰でできた札幌軟石を使った建築ですね

いつか機会があればパイプオルガンの演奏を聴きに行ってみたいです
c0182775_1749974.jpg

こちらは明治40年ごろに建てられたレンガ造りです

もとは明治27年に創業した味噌醤油の製造販売「福山商店」でした

今でもこのメーカーの「トモエ醤油」が健在です

福山商店が移転した後は壁面にかすれた文字が見える
宇野工務店が使っていました

この工務店は70年前後に大流行したボーリング場などの経営に失敗し
1973年3月に倒産した由です

現在は喫茶店として使われています

赤いレンガが魅力的ですが青い寄棟屋根もなかなか魅力的です

札幌の古建築はこうやって今も実際に使われているのが多いと言われます

こういう古建築を撮影するのに60年前の蛇腹カメラを使いましたが
最近のデジカメ撮影よりも実在感が確かです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-26 18:14 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

バスセンターの外と中とカメラ露出計の故障

c0182775_18132625.jpg

マンションと道路一本はさんだバスセンターです

ここがバスの出口で 信号待ちの歩行者が振り向くほどの迫力です

これを撮った翌々日たまたま内部を通ったので
同じカメラで薄暗いシーンを撮りました
c0182775_18211265.jpg

しかしこの室内はカメラの露出計が故障して
まったくの体感露出で撮ったものです

このカメラは2010年にヤフオクで格安落札したのですが
距離計が狂っていたので自己修理して使っています

しかし3年前の4月に露出計が動かなくなり
それも自分で復活させたことがありました

こういうクラシックカメラは時々オーバーホールしてやらないと
性能が維持できません

このレンズがついた機種はあまり市場に出ないので
オーバーホールしてもらって長く使いたいものです

と言いながらもうすぐ大型連休で修理屋さんも休業に入りますから
今回ももう一回 自分で分解修理してみようかと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-25 18:36 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

創成川のチオノドグサ

c0182775_18264241.jpg

創成川の土手に可憐な薄紫の花が咲いています

今日はいつもお世話になる札幌カメラ修理センターに
用事があって出かけました

カメラ店から西方150mほどに創成川があります

この時期 土手には薄紫色の6弁のチオノドグサが咲きます
c0182775_1834313.jpg

クローズアップに向かないカメラですので
画像を拡大してみました

撮影中にお婆さんから「この花は何て名前ですか」
と聞かれました

「チオノドグサっていうらしいですよ」
「ここに花の名前のカンバンないもんねぇ
つけてくれたらいいのに」
「あ いやそこに立ててありますよ
私もそれを見て確認しました」
「あらホント ありがとうございました」

さらには対岸の枯れている紫陽花を指さして
「紫陽花って剪定してもよかったんだね
わたしはおっかなくて切れなかったけど
ここのは切ってあるよね
切ったほうが花が咲きやすいのかい」
などと聞かれました

「詳しいこと分からないですが
私のマンションの紫陽花は毎年切ってますね」
「だらいいんだね 今度から切ってみよう」

そんな会話をして失礼しようとしたら
「この花の名前 書いとくわ」
そういって手下げのなかをまさぐりました
c0182775_18454290.jpg

お互いこの先何度春の花を楽しめるかわからないですが
こうやって新たに知った花の名前を書き留める

幾つになってもこうでありたいと思いました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-24 18:54 | RetinaIIIc Heligon | Comments(2)

春先のポプラの古木と柳の枝

c0182775_1735142.jpg

旧北海道道庁舍前のポプラです

まだ青い葉が出ていませんがかえって古木の風格を感じます

敬意を表してシャッターを切りました

同じ場所の柳の枝もまだ葉が出ていませんでした
c0182775_177376.jpg

今日はちょっと外のリハビリウオークをやりましたが
さすがに日差しが強くなった気がします

今日あたりはこれらの樹木も多少は緑になっているかと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-23 17:13 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)