タグ:Heligon 50mm F2 ( 53 ) タグの人気記事

凄腕クラフトマン職員さんの自作カースピーカーシステム

c0182775_1883122.jpg

ドア埋め込みのウーハー(低域用)ですが
ペーパー・ユニット(紙振動板+駆動コイル)を
バッフル板(前板)に取り付けてドアに埋めてあります

そのバッフル板はMDF(木質繊維成型板)を4枚重ねて高さをかせいだ由です

これにユニット保護のいわゆるサラン・ネットをかぶせていますが
その金属ネットが無用な振動を呼ぶというので普段は外している由です

ウーハー制作取付の手仕事のきれいさを見るだけでも
ハンドクラフトの腕の冴えがよく分かります

しかし本当に驚いたのは高域担当のツィーターでした(画面中央)
c0182775_1891299.jpg

よくあるツィーターは振動板が薄い金属のドーム状ですが
これは振動板がリボン状のリボン・ツィーターです

カーオーディオにリボン・ツィーターを装備した車は初めて見ました

ツィーターに低周波電気信号が入ると振動板を破壊する恐れがあるので
ネットワークという回路をつけてカットします

周波数のカット・ラインをどこに設定するかは
機材と音空間と音源などのいろんな要素を考えて
試行錯誤で決めるほかありません

ともかく音出ししてもらったところ素晴らしいものでした

ツィーター単独で音を出しても耳に聞こえるのはかすかなものですし
ウーハー単独で音を出してもステレオ感に乏しいつまらない響きです

ところが二つ同時に鳴らすと音場が一変し
音の定位がしっかりして楽器の位置が見えてきます

中森明菜の歌声のかすれと艶の微妙なミックスが
誠にあんばいよく聞こえます

ツィーターの可聴域をこえる倍音の働きをまざまざと体感できました

それにしても凄腕のクラフトマンですが
本職は総務課の事務職員さんです

こういう職員さんがおられると
職場の楽しさは倍増しますね

実はまだまだこのシステムを追い込んでいて
吸音材を出来るだけ減らして
理想的な音を出す工夫をしているのだと昨日伺いました

ちなみに撮影機材は入手当初はピントはずれで
1m先のものを撮って1.3mにピントが合うというジャンクでした

それを自分で調整して使っていますが
こんな風に問題なくピントが合っています

カメラとオーディオはかくも人を夢中にさせる道楽です

ま お互い出来る範囲で追究しましょうね

お車の全体像は下に掲げますがスバルOutBackです
c0182775_18141525.jpg
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-19 18:16 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

キャンパス千島桜の紅葉と癌摘出13年

c0182775_1651139.jpg

根元から枝分かれするのが特徴の千島桜です

札幌周辺は今が紅葉の盛りです

これは恵庭市ですが追々自宅周辺の紅葉を投稿して行きます

ところで昨日10月12日は
13年前に直腸癌の摘出手術を受けた日です

後遺症は残っていますが 幸なことに転移再発なしで暮らしています

そういう不自由な身体を抱える私をサポートしてくれる奥さんに感謝して
今日の夕食は京王プラザホテルの個室で和食をいただいてきます

【追記】これをいただきました
c0182775_22155298.jpg

c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-13 16:53 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

榎本武揚像と既視感ポーズ

c0182775_16573690.jpg

江別の対雁(ついしかり)という場所にあります
c0182775_171199.jpg

石狩川河口に近い対雁は北海道開拓の上で重要な場所でした

榎本は明治6年に政府からここに10万坪の土地払い下げを受け
榎本農場と名づけて開墾に力を注ぎます

郷土史家の評するところによれば
払い下げ後に土地転がしにあって
開墾の実をあげない払い下げ地が多いなかにあって
榎本農場は後々もしっかりと経営されたということです

しかしたとえば上司の松本十郎などの目から見ると
「榎本の土地漁り」という苦々しい払い受けでもありました

さらにその2年後 樺太アイヌの移住問題が起こります

榎本がロシアと交渉して千島樺太交換条約を結んだことに伴い
樺太アイヌを宗谷に移住させましたが
さらに対雁に再移住させる計画がもちあがりました

榎本の計画では空知の炭鉱夫としてアイヌを働かせるために
この対雁に住まわせるというのです

これを支持した開拓使長官・黒田清隆と
アイヌたちから移住したくないという嘆願書を受けた大判官・松本十郎との間で
大激論が起こり ついに十郎は辞表を提出するに至りました

その後 この対雁に強制移住させられた樺太アイヌ約800人は
もともと漁民であったのに 内陸で慣れない農耕に従事していて
環境の変化に対応できずに病死が相次いだと言います

さらには明治19年の天然痘やコレラの大流行の際には
密住状態のアイヌ集落では約300人が亡くなったのです

榎本武揚の生涯については色んな裏表を感じますが
この佐藤忠良(女優佐藤オリヱの父)作の銅像には既視感がありました

古い写真を探してみるとフランシスコ・ザビエル像でした
c0182775_1843836.jpg

2010年に大分で撮ったもので 同じ佐藤忠良作です

どちらも海のものとも山のものともつかない新天地に挑む気概が
前方に伸ばした腕に込められています
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-19 18:23 | Minolta CLE | Comments(0)

バレンシアオレンジの季節

c0182775_17291930.jpg

地下鉄でひとつとなりの駅近くに昨年夏に開店した青果店です

独自の仕入れルートを持っているのか
主婦層には圧倒的に安いという評判です

アメリカ産バレンシアオレンジの旬は6月だそうです

販売に気合が入っているのでしょうか シャッターを切った途端
青果店のお兄さんがフレームインしてきました
c0182775_1746261.jpg

前にここを通った際に
お店の中から元気な呼び声が聞こえましたが
このお兄さんの声なんだろうと納得しました

この日はリハビリを兼ねてひと駅区間歩いたので
中には入らずシャッターを切っただけでしたが
いずれ地下鉄で行ってのぞいてみたいと思っています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-24 17:57 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

アカシアとそれをアカシヤと発音することについて

c0182775_182596.jpg

札幌はアカシアの花があちこちで満開です

本当はニセアカシアですがそれにしても亭々たる大木です

炭鉱地帯にはあちこちにアカシアが植えてありましたが
煙害を防ぐ効果があるからだそうです

札幌の並木としては何となくアカシアが主流なのかと思いますが
いまは我が家のそばを走る南郷通りにしか残っていない由です
c0182775_1814368.jpg

アカシアは風で枝が折れることが多く
道路をふさぐ事故が相次いだからだと聞きます

ところでアカシアは実際にはアカシヤと発音することが多いです

たとえば西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」を
いまyoutubeで聴いてみるとはっきりと「アカシヤ」と唄っています

「アカシア~のあめ~にうたれて」だとむしろ違和感がありますね

11世紀ごろの日本ではキャなどの拗音を表記する場合キアが普通で
キヤのようにヤを使うようになったのは12世紀以後だ
というようなことを今日の大学院の授業で話しました

アカシアをアカシヤと発音することから考えると
キャをキアと表記してもそう不自然ではなかったかも知れません

マンションのアカシアが散って モンタナ松の葉の中に落ちていました

c0182775_1831348.jpg
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-22 18:36 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

白樺とフランス菊とオンコの木

c0182775_17325282.jpg

この季節は到る所フランス菊が咲きこぼれています

繁殖力が旺盛なので川の土手などを広く覆っている場所がありますが
それを撮ったモノクロはまだスキャンしていません

向こうの方で白い砂利に水を撒いていますが
なぜそうするのか 確かなことは分かりません

さすがに夏至ですから陽光が強いです

イチイの葉の青さも
半月ほど前に撮影したこの写真よりも濃厚になっています
c0182775_17411063.jpg

登校して駐車場で車から降りるとこのイチイが出迎えてくれ
そのそばを通って研究棟二階の研究室に向かいます

この木で作った笏を官位一位のような高官が使ったので
イチイの名がついたのですが
北海道ではオンコと呼んでいます

で いくら調べてもオンコの名の由来は分かりません

ちょっといまいましい思いがして
職場に着くたびにイチイチイオンコオンコと
頭の中で響かない日はありません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-20 17:55 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

屋外ランチの季節と首相の責任なすり付け会見

c0182775_17532110.jpg

先週のランチタイムでした

すぐ近くの大学の学生さんたちが屋外でランチを摂っています

プライバシーを尊重してこれ以上寄った撮影は遠慮しました

明日は夏至ですが 札幌は風がさわやかで
外で食事するのが気持ちの良い季節ですね

あ たった今 首相の責任なすり付け記者会見が始まりました

余計なことは言わなくても良いのです
たった一言「辞任します」とだけでけっこう
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-19 18:10 | RetinaIIIc Heligon | Comments(2)

モルモン教会とJellyを巻き舌で発音させるCM

c0182775_16535021.jpg

末日聖徒イエス・キリスト教会いわゆるモルモン教会の札幌神殿です

リハビリ散歩で渡る「虹の橋」のすぐわきにあります

アメリカで創立されたこの新宗教は反戦を唱えることで知られています

戦争ビジネスの本拠地アメリカで
こういう宗教が生き続けるというのですから アメリカは懐が深いです

ところでこの夏のポカリスエットゼリーのCMが気になって仕方ないです

吉田羊さんが女の子にゼリーの発音を何度もやり直させるのですが
ゼルリーのような巻き舌でやらせています

英語のラ行なら何でも巻き舌になるんではないです

つづりは jelly ですから舌は巻かないで歯裏に着けないといけませんが
あのCMが放映されるまで 誰もそのことを指摘しなかったのは不思議です

大人がそんな感じなのに
小学校で英語教育なんてやらないほうがましです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-16 17:14 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

漁川河川敷と36号線と「図書館便り」原稿の着手

c0182775_16554448.jpg

漁川(いざりがわ)と国道36号線です

道の駅「花ロード恵庭」のそばにあって
どうということはないのですが好きな光景です

欄干に彫刻が立っていますが
通勤時にいつもこれを見ながら通過しています

今日は来月発行する大学の「図書館便り」の原稿に着手しました

年に2回発行するものに 「漢和辞典編集室から」というタイトルで
これまで7回連載してきました

今回は「自著を語る」ということで
『漢辞海』の刊行秘話を書くことになっています

自己宣伝に陥らない調子で かつリーダブルな原稿に仕上げるのは
楽しい作業ですが なかなか難しい仕事ではあります
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-12 17:15 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

花ロード恵庭の登り藤とクレマチス・モンタナ

c0182775_16575372.jpg

道の駅「花ロード恵庭」の一角です

少しずつ色んな花が植えてありますが
ボランティアグループがお世話をしている由です

向こうの方では母子が花のアーチをくぐっています

近づくとクレマチスのモンタナ種でした
c0182775_1742865.jpg

クレマチスには花弁が無くて
モンタナのピンクの十字は萼片ですね

六片萼のクレマチスはよく見ますが
四片十字のモンタナは私は初めて見ました

ピンクがいかにも誇らしげでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-06-11 17:18 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)