タグ:Color Heliar 75mm F2.5 ( 32 ) タグの人気記事

自宅周辺の桜をまとめて掲載

c0182775_17134588.jpg

隣の階段のご家族が写真を撮るところです
c0182775_17164015.jpg

庭先の桜は午前中なら日当たりが良いのです
c0182775_17215346.jpg

マンションの南にある念法寺の桜ですが
右側の建物の上から三階降りたところ
枝の間から見える部屋が我が家です

このお寺のさらに南側の川沿いにも一本あります
c0182775_17441433.jpg

マンションの東側にも桜が咲く真言宗のお寺があります
c0182775_17274025.jpg

このマンションは私の住む棟ではなくもう1棟東側の建物で
ここには4月に姪一家が住むようになりました

今日掲載の桜はすべてライカM7で撮りましたが
レンズは35mm・50mm・75mmの三種類です
c0182775_187386.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-13 17:48 | Leica M7 | Comments(0)

2009年1月多摩の雪

c0182775_1929272.jpg

タイトル通り2009年1月の多摩市一本杉公園です

昨日今日の吹雪で思い出したこともありますが
このブログを本格的に始めたのは2009年1月でした
ちょうど6年たったわけですね

そのころ撮った写真で投稿していないコマを選んでみました
薄っすらと雪が降った後のようです


今日の札幌は吹雪で特に風が強かったです

授業がありましたが
中には電車が止まって出席できない受講生がいました

帰宅も不安でしたので40分程度で切り上げたことです

北海道の吹雪の中は それでも
これまで経験した富山や東京の雪道よりは運転しやすいです

富山の雪道はとにかく深いわだちがハンドル操作を困難にします

東京ではノーマルタイヤで走る車が多くて
こちらがスノータイヤでも危なくて走れたものではなかったです

札幌では立ち往生してもよいように
車には寝袋と毛布と化学懐炉などを積んで走っていますが
使う機会がないことを祈ります

by zuoteng_jin | 2015-01-08 19:59 | Bessa R3A | Comments(0)

カエデの落ち葉

c0182775_17192121.jpg

初雪になりそうだというので急いで紅葉写真を掲げます

散歩コースの中で水に浮く落ち葉がある場所はごく一部です

東京の公園は池が中心になる設計が多いので
落ち葉が浮くシーンはあちこちにありました

このカエデは下の樹から散ったものです

c0182775_17243439.jpg

今日は午前中会議ふたつ午後ひとつで
さすがに背中のこわばりが出て さらに
麻痺の残る腕に軽い視床痛が感じられましたので
早めに帰宅して一眠りしました

身体はだましだまし使うようにしないといけません


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2014-10-22 18:00 | Bessa R3A | Comments(0)

天然樹脂

c0182775_20491255.jpg

エゾ山桜の分泌が盛んで 天然樹脂がタップリ出ています

こういう樹脂を見ると 強い生命力を感じます


今日は 北海道のある私立大学の
大学院研究科長と学長とに面会してきました

約10年ほど前に そこに大学院を設置する際
有資格教員が足りないので
非常勤教員として講義を担当することにしました

それで 大学院設置が認可されたのですが
ご多分にもれず 最近は院生募集に悩んでいます

そんなこんなで 非公式に1時間半ほど
お話を交わしたというわけです


樹脂をどんどん出す生命力に
あやかりたいものです

by zuoteng_jin | 2012-08-09 21:08 | NEX-7 | Comments(2)

山の教会

c0182775_21395713.jpg

閑散とした山里で人の集まる施設を見るとホッとします

大学関係の仕事が一段落したと思ったら
団地高齢化対策委員会関係の会議資料が6~7点
送られてきました

今度はそれを調整しないといけません

仕事ばかりでも何ですから
今日は小一時間ほど 写真を撮りに出かけました
しかしながら
レンズに飛び込むのは廃墟ばかりです…


ところで 北海道で 運転中にラジオから聞こえるポップスは
東京ではまずかからない新譜が多いです
この一週間ほど
全く聴いたことのない楽曲ばかりでした

昔から北海道は ポップス系のアンテナ地域とされてきました
北海道で流行れば 全国で流行る可能性が大ありだと言うわけです

我々が学生時代からそんなことが言われてましたから
上のような伝説も 伝説ではなく
しっかり根付いているように思ったことです

by zuoteng_jin | 2012-08-08 21:59 | NEX-7 | Comments(0)

独り観葉

c0182775_2040597.jpg

緋毛氈にお一人でかけて 紅葉を見ている女性です

もう少し近づいて撮ろうと思ったのですが
手前の樹木が通せんぼしているようだったので
遠くから撮りました

by zuoteng_jin | 2011-11-30 20:46 | Bessa R3A | Comments(0)

冬の枝垂れ桜

c0182775_2355296.jpg

六義園の枝垂れ桜です

桜の季節になると 花見客が
立錐の余地ないほど押しかけるそうです

ただし 六義園の枝垂れ桜は
この一本だけだということです

桜の時期だと カラーで撮るべきでしょうが
冬のこの季節ですから モノクロで撮ってみました

by zuoteng_jin | 2011-11-20 23:11 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

雷峰塔

c0182775_2224363.jpg

この塔は雷峰塔です

昔は石煉瓦の塔でしたが その煉瓦を引き剥がして
御利益を手に入れようとするのものですから
1924年に耐えきれず倒壊してしまいました

1986年や1992年に訪れたときには
そばに政府要人の別荘があるので 近くによれませんでした

今は昔の風情と関係のない外観に再建されて
こうして立っています

3年前に塔に上りましたが
もろもろの伝説を思い起こすほどの雰囲気には恵まれませんでした

*今晩は成田のホテルから更新しています
明朝タイのバンコクに向けて出発し
来週前半はチュラロンコーン大学
後半はベトナムのハノイにある漢喃(ハンナム)研究所で仕事です

by zuoteng_jin | 2010-12-18 22:39 | Leica M7 | Comments(0)

滝廉太郎

c0182775_2284468.jpg

大分は滝廉太郎の親の家があって 廉太郎はここで23年の生涯を閉じました

府内城のすぐ前
この銅像の後ろがその終焉の地だそうです

滝の小学校の後輩 朝倉文夫が作成した像です

東京芸術大学旧奏楽堂のわきにも同じものがたっているそうですが
それをネット上の写真で見る限り
なぜか大分のこれが 20代前半の若々しい表情を伝えているような気がします
(撮り方にもよりますが)

by zuoteng_jin | 2010-12-06 22:23 | Leica M7 | Comments(0)

琺瑯看板

c0182775_20504285.jpg

大分の郷土料理屋さんにみごとな琺瑯看板を見つけました

*中国では私のブログが閲覧不可でした
本日戻りましたので続けます
中国フォトはもっと後になりますが…

この看板は大変保存状態がよいのですが
木造の板壁という 本来あるべき場所にあるのに感動しました

そこで たまたま出てきた女将さんに話を聞いたら
三十年来のコレクションだと言います

中に招かれて 小部屋の一つを写させてもらいました

c0182775_2057189.jpg

Sumicron 35mm F2 ASPH ↑
肉眼ではよく見えないほど暗い部屋で
ストロボが無いので絞り開放で撮ったのですが
いやはや優秀なレンズです

by zuoteng_jin | 2010-12-05 21:00 | Leica M7 | Comments(0)