パークゴルフと生ビール

c0182775_1719617.jpg

パークゴルフで身体を動かせばお腹がすくでしょう
c0182775_17205094.jpg

ラーメンで済めばいいのですがジンギスカンと生ビールもあります
c0182775_17224018.jpg

このゴルフ場は最寄りのJR北広島駅から5キロほど離れていますから
まずは車で来るほかないのです

渇いたのどを生ビールで潤すのはいかにも爽快でしょうが
飲酒運転や酒気帯び運転がありそうで
この近辺を通るときには気を付けなければと思いました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-06-09 17:35 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

パークゴルフとレチナの露出計修理

c0182775_1615298.jpg

北広島市のパークゴルフ場です

林の向こうに車が走っていますが国道36号線です

そこが私の通勤路なので 昨日の会議登校の前に立ち寄りました

北海道発祥のパークゴルフはよく河川敷に練習コースがありますが
ここローンスケープ輪厚(ワッツ)はかなり本格的なコースです
c0182775_16244475.jpg

ティーインググラウンドからホールまでの距離が短いですね

芝生の向こうに産業廃棄物処理の会社があって
その対比が面白い景観を見せてくれます

撮った機材は露出計が反応しなくなったレチナIIIcです
c0182775_16362961.jpg

専門店に修理に出すはずでしたが
フォクトレンダー VITO III の修理を優先したので
レチナIIIc は自分で修理することにしました

まず露出計ブロックをとりはずします

下の写真は部品調達のため ヤフオクで
4台のジャンクを1600円で落札したものの一つです
c0182775_1640435.jpg

このブロックの下にあるビスを緩めると下のように分解できます
c0182775_1646429.jpg

中央上の計器ブロックは
黒いケースの中に永久磁石が入っており
右側に巻線コイルとひげゼンマイと指針で出来た計器があります

計器ブロックの向こう側に着いている金属板は
マイナス極からアースを取るアース板だそうです

巻線コイルやゼンマイが断線すると修理は不可能です

右下にあるのがセレン板で 黒い板がセレン受光体です

板の右側にプラスの電極があります
板の裏側全体がマイナス電極になります

このセレン受光体を向こう側に向けて
格納された計器ブロック(直接的にはアース板)と
受光窓との間に挟んであるのです

セレン板のプラス電極はケースの内側の電極に接触し
そこに繋がっている小さいドーナツ状の金具で
格納した計器ブロックの電極にネジで止めて通電するのです

つまり配線というものは全くないので
動作不安定の原因は電極の接触不良であることが分かります

そこで手持ちのレチナIIIc の露出計をあまり分解せずに
接触面の掃除をしたらちゃんと復活しました

その露出計の指示通り撮影したのがパークゴルフ場の写真で
どうやらきちんと適正露出で写ってくれました

ヤフオクで落札した4台のジャンクのうち(すべてレンズなしの部品のみ)
1台の露出計は健全でした(もう1台も清掃すれば直る可能性ありです)

こうして復活したレチナIIIc の調子がまた悪くなったら
ドライバー1本でブロックごと健全なものに積み替えればいいので
大変心強い思いです

要するに専門業者に修理を依頼したら
見積もりで40,000万円を越えるところ とりあえず1600円ですみました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-06-08 17:39 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

国営公園の花畑作りと滝野地区の開拓

c0182775_17482461.jpg

滝野すずらん公園の花畑づくりの作業員です

この公園は立川市昭島市にまたがる昭和記念公園のような国営公園です

国営公園は全国に17箇所ほどあって
北海道では滝野が唯一の国営公園です

こうやって作業をしている人々は
国から請け負った下請け会社の方々だと思います

この滝野地区は明治の開拓使時代には
材木を切り出す集落がありましたが
(厚別川に伐採木を流して札幌に運んだとのことです)
払い下げ農家の開拓の失敗からほとんど無人の村になり
戦後は米軍演習場から国営パイロットファームの時代を経て
1970年代後半には青少年自然の村として整備が進み
1980年代から徐々に各種の公園環境の整備充実を図り
2010年に全面開園になった由です

北海道の美しく咲く花の背景には
開拓の苦労と切り離せない歴史がはりついています
c0182775_1850251.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-06-07 18:18 | Leica M7 | Comments(0)

スズラン

c0182775_1802796.jpg

マクロレンズではないのでこれがせいぜいのクローズアップです

もっとも マクロレンズの使い方が下手くそなので
かりに持参しても同じことですが

昨日はカメラを向ける人が少なくなかったですが
スズランは小さいですからなかなか厄介な被写体です
c0182775_1862548.jpg

写真など気にせずに「すずらんの小径」と名付けられたこういう道を
ブラブラ散策するのが正しい楽しみ方だと思いました
c0182775_1810781.jpg

c0182775_1850251.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-06-06 18:18 | Leica M7 | Comments(0)

滝野スズラン公園のチュ-リップと日ハム中田翔選手

c0182775_1837012.jpg

滝野スズラン公園のチューリップと白樺です

今日の午前中は白楽天「長恨歌」の講義資料を完成させ(A4で14頁)
昼食後久しぶりの快晴に誘われて
滝野スズラン公園に行ってみました

我が家から車で25分の有名な公園ですが
今日初めて訪れました

チューリップは盛りを過ぎて散りかかっていますが
スズランはちょうど満開手前という感じです

公園全体が広大な斜面になっていて
あちこちに花畑が作られて楽しませてくれます
c0182775_18521787.jpg

これは食事や休憩が出来る施設カントリーハウスです

ここでトイレを借りて駐車場に戻ろうとゲートの近くまで来ると
逆にゲートから見慣れた若者家族が入ってきました

日本ハムファイターズの四番バッター中田翔君です

月曜日は試合がありませんから
奥さんと4歳と1歳のお嬢ちゃんを連れて来たのですね

駐車場に戻ったところ 隣に停めてあったのが
白いピカピカのジープ・チェロキーです

ほかに外車はありませんから 間違いなくこれが中田翔君の車です

今シーズンは最近になってやっと
四番らしい仕事ができるようになりましたが
決して好調ではないようです

せめて試合のない日にはこうして家族とリラックスして
調子を取り戻してもらいたいものですね
c0182775_1850251.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-06-05 19:13 | Leica M7 | Comments(0)

ツツジとムスカリとリラ冷えの肌寒い日々

c0182775_16342947.jpg

もはやこのツツジも散ってしまいました
c0182775_16363146.jpg

花期の長いこのムスカリも終わってしまいました

この二三日 札幌は肌寒く 暖房を使っているほどです

雨も降っているので蝦夷梅雨という感じがしますが
蝦夷梅雨はオホーツクからの北風が吹き付ける地域でいうそうです

札幌ではリラ冷えにあたりますね

今日の地方タブロイド紙に リラ冷えという言葉は
渡辺淳一の「リラ冷えの街」から流行りだしたと書いてありましたが
そんなことはありません

私が高校生だった50年以上も前
渡辺淳一が小説を書く前からあった言葉です

1962年が初出だったことは前に書きました

タブロイドの記者さん 記事にする以上は
充分に調べて書いてほしいものです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-06-04 16:56 | Minolta XD | Comments(0)

4月の入学式と学園75周年記念式典

c0182775_17112623.jpg

二か月前の入学式です

時期遅れの投稿ですが
今日は学園の創立75周年記念式典があったのにちなみます

勤務校は75年前に北海道女子栄養学校として開学したのが発端です
大学は平成11年(1999)に開設されました

午前中に記念式典があったので列席しましたが
午後の祝賀会懇親会は身体に負担がかかるので失礼しました

記念式典は札幌交響楽団のメンバーと大学の講師とのクインテットによる
シューベルトの「ます」(第一楽章と第四楽章)の演奏で始まりました

昨秋完成した講堂での演奏で 私は最後尾の座席でしたが
楽曲演奏の響きはとても心地よいものでした

式典は前任校の130周年(!)記念も経験しましたが
そこでの学生表彰や同窓会の関与など
教育研究が前面に出た式典とは感じが違いました

今日は「ます」の演奏のあと
その講堂の紹介や設計工事に対する謝辞などが続き
一言で言うと企業色が色濃い式典でした

就職率が何より尊重され 実学重視が特色の大学としては
そのカラーがよく出た式典だったと思います

入学式では最初からリクルートスーツで埋め尽くされる光景に気圧されましたが
まあこれがスクールカラーというものかと
今日の式典で納得いたしました
c0182775_17223071.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-06-03 17:43 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)