頑張るヒマワリと秋祭りが近づく神社の絵馬掛

c0182775_16412460.jpg

めっきり秋らしくなりました

しかしこのヒマワリは今日現在もまだ元気に咲いています

この花は東北向きなんですが
午前中の光をたっぷり受けているから元気なのかもしれません
c0182775_16421287.jpg

もう来週はこの大谷地神社の秋の例大祭です

秋祭りが終わると後学期の始まりになります

今年の夏はいよいよ幕を下ろしますね
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-13 17:30 | Vito III | Comments(0)

北海道真言宗第七十八番札所

c0182775_18221934.jpg

先週土曜日に岳父の二十三回忌を行なったお寺です

北海道八十八箇所霊場の第七十八番札所にあたりますが
今年の開基115周年記念法要であちこちきれいに整備されました

信者が寄進した地蔵さんもまだ新しいです
c0182775_18284725.jpg

二十三回忌法要は別のお堂でやりましたが
本堂に入って荘厳(ショウゴン)という装飾を撮ってきました
c0182775_1835997.jpg

こういうものを自然光で撮ると Xenon レンズは見事な描写をします

Xenon レンズ付きのレチナはほかにも1台ありますが
このジャンク再生レチナの Xenon レンズのほうがすぐれているように思うのは
自分がしっかり手をかけたが故のひいき目ですね
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-12 18:44 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

紅いナナカマドの実と玄関先のススキ

c0182775_16501864.jpg

札幌は先週の夏の名残から週が変わって秋が深まりました

向こうに見えるのは北海道酒類販売株式会社
略称「北酒販」の札幌東支社です

夏場はビールの販促シーズンですが
今夏の成績はどうだったのでしょうか

この道沿いは日当たりが良いので
ナナカマドの実も成熟が早いです

気がつくとススキもそろそろ最盛期です
c0182775_1714845.jpg

このお宅の玄関先にススキがあることは知っていますので
秋になるとそれとなく確かめに行くのが習慣になりました

今年の場合 秋風が立つとちょっと焦ることがあります

前任校の受講生が提出した博士論文の副査を勤めていて
やっと前論の第一章が読み終わりそうですが
通読に適さない本論第二章はこれからなのです

この仕事も辞書作成と同じように
倦まず弛まず進むほかないです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-11 17:18 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

エレベーター工事とガバナー

c0182775_17331899.jpg

8月下旬にマンションのエレベーター工事があって函館に疎開しました

これは我々の階段の工事が終わって
隣の階段の工事期間に撮りました

工事の主な内容はエレベーターの運転を制御するシステムの交換です
c0182775_17405329.jpg

物理的には上のような制御基板の取り換えですね

調速機は英語でgovernorとあります

というかgovernorの機械用語としての訳語は調速機のようです

エレベーターでもそうなのかと思ったのは
カメラのシャッター機構もガバナーというからです
c0182775_17573155.jpg

私の愛用するカメラはほとんど上のように
レンズ周りにギアやカムを配置したレンズシャッターで
ギヤやカムがシャッター速度を調整するガバナーなんです

ガバナーを分解修理する技術はありませんが
いずれ修得したいと思っています
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-10 18:05 | Olympus OM-1 | Comments(0)

中年サイクリストと岳父二十三回忌

c0182775_1714466.jpg

サイクリングロードの休憩所にいるとサイクリストが来て一服しました

たびたびこうして漕いでいるようですが
この先どこまで行って引き返すか相談しています

ぞのうちに再出発しました
c0182775_1720079.jpg

今日は岩見沢市の真言宗のお寺で
岳父の二十三回忌がありました

マンション隣のお寺が八十八か所霊場の結願所ですが
今日のお寺は七十八番霊場にあたります

住職は二十七歳で住職になって初めての葬儀が岳父の葬儀で
導者を担当し 緊張が並大抵ではなかったと回顧していました

もはや50歳の堂々たる僧侶となって
開基115周年の本年夏 堂宇も改築し
順調な経営ぶりを見せていました

彼は高校時代ロックバンドを組んでいた由で
今日も音吐朗々と見事な声明(ショウミョウ)を聞かせてくれました

かつて武道館で催された仏教音楽の演奏会で
ステージで披露したこともあるそうです

少なくとも私が聴いたお経の中では最上級で
後席で会食しながらも仏教音楽のことを
いろいろと語り合ってきました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-09 17:51 | Olympus OM-1 | Comments(0)

残り少ない花を楽しむ人々と新しい白黒フィルム

c0182775_17719100.jpg

サイクリングロードで花壇の植え込みをのぞくご夫婦です

前に報告した1000円のオリンパス OM-1 前期モデル
初めて使うフィルムを詰めて撮りました

この前期モデルには持病のプリズム腐食がないと書きましたが
それはファインダーを覗いている限りの判断で
実は詳細に検討してみたら視野に入らない範囲に
ほんの少し腐食の兆しがみられました

メーカーによる持病対策はなされていなかったのでした

それで中を開けて清掃で腐食を除去して
持病の原因になるボロボロの遮光スポンジを取り除く対策を施しました

ほかの機種から移植したファインダープリズムではないので
見え方は大変すっきりしています

新しいフィルムはローライの RPX100 です

これまで使ってきたコダック T-MAX 100 は
価格が高騰してとても買えなくなりました

それで新たに RPX100 の100フィート長尺巻を導入したものです

現像処理はコダック T-MAX 現像液で実施しましたが
水で5倍に希釈して 20度で4分半液につけるのが標準です

しかし水道の水温が25度近くで その温度で何分かのデータがありません

当てずっぽうで4分にしましたが3分半でも良かったようです

その結果 大変微粒子でシャープな 優れたフィルムだと分かりました

今後はこれを常用にします

ただ現像液は T-MAX だと液温管理が大変厳しいので
1927年処方の使い慣れた D-76 にしようと思います

D-76 だと20度で11分
ということは24度で9分半程度になるなど 調整の幅が生まれます

今日の午前中は 漢和辞典作成の秘話をテーマにした公開講座でしたが
それが終わってから 久しぶりに D-76(粉剤) の溶解をやって来ました

秋になって現像液の温度管理がやりやすくなるので
これからはモノクロフィルムの稼動率が増えることと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-08 17:49 | Olympus OM-1 | Comments(0)

北海道の花季の終わりが近づいてます

c0182775_17201966.jpg

花ロードえにわも花の季節が終わりに近づいています

花馬車も盛りが過ぎました
c0182775_1723632.jpg

しかし 山桃草はまだ元気で
その向こうにはまだ咲いている花を撮影しているご夫婦がいます
c0182775_17261629.jpg

今日は明日の公開講座の段取りと
大学院の行政文書の作成で登校しました

夏のぶり返しで運転中の車内温度は30度になりました

この先は夏と秋が目まぐるしく交替しながら
秋が深まって行きます
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-07 17:33 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)