シャコタン車とドライブウエイの反射板

c0182775_16522110.jpg

BMWのシャコタン車ですね

今日は会議出勤でしたが 道路は完璧にドライで舗装が乾いていました

そういう路面ならいいのですが雪が積もると
このシャコタンではバンパーが割れてしまいそうです

戸建て住宅街を歩いていると
自家用車用の色々な対策が見られます
c0182775_1659857.jpg

このおたくのドライブウエイはバックで入れるのが原則なのでしょう

そのためブロックにボディをこすらないように反射板を設置しています

ただこれに雪が積もると目印が無くなりますから
こまめに除雪しておられるのだと思われます

いずれにしても雪の間は面倒なことですね
c0182775_18101867.jpg

使用偉材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-01-10 17:13 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

排雪そり

c0182775_1727151.jpg

雪を積んで崖っぷちに運ぶソリです

使い込んで磨滅した板が味わい深いですね

これは人力で引いたり押したりして運ぶツールですが
エンジン付きのソリを使う人もいます
c0182775_173344100.jpg

キャタピラー付きの除雪機に雪を運ばせて
向こうの崖から捨てるのです

今日の東京は4月の陽気だったらしいですが
札幌も気温がプラスで 雪ではなく雨が降りました

吹雪くのもかないませんが
この時期の雨は不気味な天候です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-01-09 17:44 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

埋もれそうな消火栓とジャンクハイマチックEの大修理

c0182775_1428529.jpg

消火栓が雪に埋もれそうです

近距離の消火栓にピントを合わせた写真が写っていて
自己満足ですが感動しました

これは2台のジャンクカメラから良い部品を集めるという
大修理を試みた機材の試写だったからです

機材Aの7年前にレンズを外したボディを母艦にし
そのダメな内蔵距離計を取り外し
ほかの部分がダメな機材Bの内蔵距離計とレンズから移植したのです

したがって狙ったところにピントがあった写真が撮れるのは
素人の光学系修理としては大成功です

下は中距離の撮影です
c0182775_14414743.jpg

無限遠撮影は曇天のガラス窓越し撮影ですが下のような塩梅です
c0182775_144410100.jpg

以下はマニアックな修理の経過報告ですから
興味の無い方はこれで閉じて下さってけっこうです

レンズの無い機材Aはこんなものです
c0182775_15342141.jpg

下の機材Bは巻き上げ軸の内部ネジに
折れたビスが詰まって使用不能になっています
(距離計の狂いを調整した後 再組み立てをしていて締めたら 折れたのです)
c0182775_15393639.jpg

機材Bの巻き上げ軸を機材A から移せば簡単そうですが
この部分はテンションが複雑にかかったスプリングが多数あって
充分な経験がないと再組み立ては困難です

そこで機材Aを母艦にして機材Bから移植するという手段をとりました

機材Aは恐らく落下が原因で(軍艦部の角にへこみがあります)
距離計の根本的な部分がダメになったようでした

無限遠に調整すると近距離がずれ
近距離に合うように調整すると無限遠がずれるのです

まず機材Bからファインダーブロックを外します
c0182775_1655664.jpg

これを機材Aに組み込んで再調整します
c0182775_1685612.jpg

左の2本の矢印も距離計調整偏心ビスですが
これはメーカーがカメラに組み込む前に済ませるようです

素人はまず一番右の縦ずれ調整を済ませて
右から2番目の横ずれ調整を行います
(カバーを開けなくてもストロボホットシューを外すだけで調整可能です)

この距離計ですと遠距離も近距離もちゃんと精度が出ました

レンズは6枚のエレメントが
シャッター羽根より前にあるひとかたまりの前玉群と
シャッター羽根より後ろにあるひとかたまりの後玉群とに分かれます

前玉群は文字通り前から単純に外せますが
再組込みの時にはフィルム感度調整リングが
適正な位置にあるかをちゃんと確認しないといけません
c0182775_16223018.jpg

リングを回すと光が上部の細かい穴・粗い穴・狭い窓・広い窓の
適切な個所を通って受光部のCdSに届きます

この位置がずれていてはプログラムシャッターが
正しい露出をしてくれません

手持ちのほかの機材を参考にしつつ
2本のビスを緩めて位置決めをします

今回の試写を見る限り この位置決めも妥当だったようです

後玉群はカメラの裏蓋をあけて簡単に外れる場合は良いのですが
きっちりと締まっていてそうは問屋がおろしません

そこでレンズボードを取り外すということになりました
c0182775_1638102.jpg

ボードの4本のビスを外せばよいのですが1本が堅くて
Kure 5- 56の世話になりました
c0182775_16424838.jpg

上のようにボードがきれいに外れるようにするには
電源部の結線半田を外す必要があります

ボードにネジ込まれた後玉群を取り外し
これを母艦の機材Aにネジ込めばおおむね終了です

年末の断線修理の1台と 年始のパッチワーク修理の1台は
がん闘病中の弟と甥の二人の快癒を祈りつつ行いました

両方ともうまく治って大変うれしく思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-01-08 17:15 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

門松も今日で終わり 雪は平年並み

c0182775_16205346.jpg

新年も七日正月まで来ました

門松も今日までですね

札幌は先が見えないほど吹雪いたと思ったら急に晴れ上がったりと
不安定な天気が続いています

これまでの積雪深はこの二三日で少し積もって例年並みになり
昨年の同時期よりは浅いようです
c0182775_16323244.gif
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-01-07 17:03 | Vitessa L | Comments(0)

正月飾りと年末年始TV番組のモラル低下

c0182775_1746972.jpg

ショッピングセンターの婦人服売り場です

二日の初売りには三割から五割引きの張り紙があります

まだ正月飾りもありますが まあ明日まではこのままでしょうか

ところで年末年始に
現在では信じがたい反モラルのTV番組があったとネット上で話題です

一つはダウンタウンの浜田某がエディ・マーフィーを気取った
ブラックフェイスで画面に登場したことです

もちろん黒人差別ということで批判されました

ブラックフェイスということでは1980年にブレイクした
シャネルズというドゥーアップ調のコーラスグループを思い出します
(ランナウエイがヒットして、のちにラッツ・アンド・スターに改名しました)

確か7~8人のグループで
前に並ぶ4人ぐらいが顔を黒く塗ったと記憶しています

このメイクはブラックミュージックへの憧れから発したことは分かりますが
当時から何だか性根が恥ずかしく嫌ーな気分でした

浜田某の一件はもちろん彼ひとりが悪いのではなく
企画したプロデューサーあたりが無神経であることは明らかです

もはや現代では ブラックミュージックへのリスペクト
などという説明は通用しなくなったことを知らないのでしょうか

もう一つは昨年不倫騒動で露出が減ったベッキーです

その罰だとばかりにタイの女子キックボクサーに
予告なしで尻をキックさせ 逃げ回って悲鳴を上げるベッキーを
大勢で笑ってからかうのが放映されました
(TVでは見ていません ネット画像で見ました)

これは要するに吉本興業のお家芸ともいえる「いじめ」笑いです

こういったモラルの低下は昨日今日の現象ではありませんが
特に ここ四・五年は社会のあらゆる局面で
タガが外れているような気がします
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-01-06 18:25 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)

ガラス拭きと通常業務復帰

c0182775_15311335.jpg

コナミのスポーツジムです

これは実は年末の撮影ですが正月気分も終わり
色んな事業所が通常業務に復帰しました

私の勤務校も授業はともかく
昨日既に事務部から連絡メールがありました

きょうはまた三省堂からも業務開始の連絡が来ました

ただ いま一番しっかり仕事をしてほしいのは
政権がらみの汚職事件の捜査と報道です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-01-05 17:29 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

2日初売りと北海道テレビ放送キャラクター

c0182775_1512393.jpg

2日のショッピングセンターです

1Fのスーパーは1日から営業していましたが
2Fの専門店街は2日が初売りでした

北海道テレビ放送HTBのマスコットキャラのONちゃんといいます

1998年に「水曜どうでしょう」に登場して大ブレイクした由です

ところで昨日の家族新年会ではこれを撮った還暦過ぎのカメラに
20年ほど前の小型ストロボを装着して撮ってみました

5~60年前のシャッターでストロボシンクロが可能なものは
わざわざシンクロ・コンパーなどという名前がついています

撮影結果は大変良好でしたが
VITESSA のフィルム巻き上げ兼シャッターチャージのプランジャーという煙突と
干渉しないようにストロボを装着するのに工夫が必要でした
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2018-01-04 17:30 | Vitessa L | Comments(0)