鈴懸の道と再生機の試写の続き

c0182775_15294639.jpg

ジャンク部品寄せ集め再生機の試写の続きです

一昨日の試写はシャッター速度が
125分の1秒と500分の1秒の撮影でした

屋外撮影ならそのほかに使う速度としては
60分の1秒と30分の1秒ぐらいです

今日掲げた写真は60分の1秒で撮影したものですが
露出計もシャッター速度も十分に実用になる精度でした

今日のリハビリ散歩は小雨のためにショッピングセンターの中でした

本機に搭載の露出計は屋外と屋内とでは
露出計受光窓の大きさを変える必要があります

屋内のように光が十分でないときには
下の「使用機材」をクリックして出る写真の
正面左手上部のカバーを跳ね上げて受光窓を全開にします
(光が十分な屋外ではカバーの小穴から光を入れます)

その露光値が正しいかどうかは もう二三日撮影して
フィルムを撮り切ってから確認することになります
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-08-09 17:31 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

夏の除雪車と Vito III の自作ケース

c0182775_1630062.jpg

近所のアパートの駐車場に置いてありました

清少納言ならば夏の除雪車などは「すさまじきもの」なのでしょうが
野次馬散歩者にとっては「興味がそがれる」どころか
かえって興味を引かれてシャッターを切ってしまいます

先週週末に使用機材の Vito III のケースを自作しました
c0182775_16431782.jpg

ふつうは両サイドに耳のような金具がついていますが
Vito III にはその手の金具がついていませんので
ストラップを通す吊り輪が取り付けられません

そもそもオリジナルの革ケースに入れてぶら下げる仕様なのですね

そんなものは入手不可能ですから
カメラケースの専門業者に革ケースを特注すると
15,000円~20,000円かかります
(そもそも専門業者の平井製作所さんは最近廃業した可能性があります)
【追記:今ならヒラノさんかな】

もうこれは自作するほかありません

といっても革を縫うのは経験が必要ですから
私はパンチング・アルミ板を使いました

300 x 225 x 0.5 mm 厚さ0.5mmですから工作ハサミで加工できます

価格は1,444円ですから革の特注の10分の1以下ですね

まず工作用ボール紙で型紙を作りました
c0182775_16593872.jpg

その型紙を使ってアルミ板を切り 折り曲げて 下のようなカゴが出来ました
c0182775_1735472.jpg

底の左穴は本体の三脚穴にケースを止めるネジを通す穴です
右穴は本体の前蓋を開けて蛇腹を繰り出すノッチを指で押すための穴です

これに機材を入れるとこんな具合です
c0182775_177441.jpg

この写真はまだ仕上げのコーナーテーピングをする前ですが
完成品はアルミの切断面や尖ったコーナーには
カゴの写真のように黒い布テープで養生してあります

アルミ板のカメラケース

非常に軽いうえに 本体との違和感がなく
メカニカルな Vito III によくお似合いだと満足しています
c0182775_1894787.jpg
# by zuoteng_jin | 2017-08-08 17:32 | Vito III | Comments(0)

週末のカメラいじりの成果報告

c0182775_1625242.jpg

恒例の夏祭りのポスターが貼られました

この写真は 先週末に3台のジャンクカメラから
部品を集めて再生したカメラ Retina IIIc で撮りました

昨日試写に持ち出した Retina IIIC は
絞りリングの連動機構が故障したのを修理した機材でした

結局は部品の噛み合わせが外れたのを戻して解決しましたが
部品の欠損があると困りますので
部品採りの姉妹機ジャンクを調達しておきました

オークションの出品者は露出計は使えないが
ほかの機能は問題ないとのことでしたが
落札してみると シャッターが切れないジャンクでした

こちらは最初から部品採りのつもりでしたから
ノークレーム・ノーリターンで引き取りました

調べてみると下の写真に見える2本のピン
右がシャッターを切るピン
左がフィルムを巻き上げずにシャッターチャージするピンです
(ピンとその右の露出計は再生後のもの)
c0182775_16491734.jpg

この2本は簡単に外れますが 再組み込みの順序と角度が決まっています

しかし入手したジャンクは順序と角度がでたらめだったのです

これらのピンをまともに組み込んで 搭載してあった
全然別の露出計でしかも壊れた部品を取り外し
手持ちの健全な露出計を積んでやろうと思ったら
カメラについていた取り付け部品がまたほかの機種のものでした
c0182775_16581975.jpg

正しい部品は下のものです
c0182775_1724478.jpg

この部品はたまたま持っていた別の部品採りジャンクから調達しました

結果として3台の部品を寄せ集めて1台の再生機ができました

落札したジャンク品のレンズが綺麗で距離計もまあまあ
シャッターピンの取り付けはまずかったのですが
本質的なシャッター機構の動きは問題なかったのが幸いでした

レンズシャッターは500分の1秒が300分の1秒出れば良いほうです

昨日試写した Retina IIIC を大事にしているのは
500分の1秒が400分の1秒で切れている優秀機だからです

再生した IIIc の500分の1秒は以下のように写っています
c0182775_1721314.jpg

ピント合わせに失敗して後ピンですが
露出は十分に実用的で350分の1秒程度で切れているような気がします

ちなみにひとコマ目の写真は125分の1秒でした

Retina IIIc はHeligon レンズ付きを愛用していましたが
同じ本体で Xenon レンズ付きが増えました

これだけ使えれば レンズフィルターとオリジナルケースを
調達してやろうと思っています

死に至る大病を二つも乗り越えた身にとって
こうして自分の手で再生したカメラは
かけがえのない分身のように思えます
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-08-07 17:34 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

日陰の平和な語らいと自己修理レチナの試写

c0182775_18272263.jpg

近所にある観光レンタカーの会社の日陰です

湿度がないですから直射日光を避けたら快適ですね

こうやって語らいが出来る平和は
広島に原爆が投下された今日だからこそ
かけがえのない貴重なものに思えます

学期末の色々な仕事や月末の公開講座の準備などに追われていましたから
昨日今日は完全に仕事を休んで
リハビリ散歩とカメラいじりで過ごしました

昨日は Vito III のカメラケースの自作をやりました

今日は3台のレチナ IIIc のジャンクから部品を寄せ集めて
まあまあ実用に耐える1台の再生に成功しました

上の二つについては追々ご報告します

今日のリハビリ散歩には
前に絞りリングの連動を修理したレチナ IIIC を試写に持ち出しました

結果はご覧のような写りですが(本質的には写りは変わりません)
以前より操作しやすくなっていました
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-08-06 18:51 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

小人を養育して これを高堂に置きても また政治に無益なり

c0182775_7554750.jpg

ロードヒーティング改修工事仕上げのアスファルト舗装工事車です

一昨日内閣改造という茶番がありました

閣僚として名を連ねると
国会で加計問題を追及されることになる議員を外すのが狙いのようです

代わりに大臣になった議員にもさっそく加計疑惑があるという向きもあります

それも問題ですが 世襲議員ばっかりなのがウンザリです

中国に「楚辞」という大古典があります

紀元前三世紀の屈原という名門政治家が
時の王に諫言したために失脚した恨みを述べた詩集です

屈原は失意の政治家としての人気が歴代ナンバーワンです

かつて田中角栄が毛沢東に面会して土産にもらったのが
「楚辞」に十二世紀の朱子が注釈をつけた「楚辞集注」のリプリント版でした

浮き沈みの激しかった毛沢東の愛読書であったわけです

(読売新聞社がよほどの貴重本をもらったと勘違いして
すぐに豪華な複製本を作ったのには笑ってしまいました)

「楚辞集注」よりも千年ほど前 紀元後130年ごろ
「楚辞」に王逸という二十代で亡くなった若者が注釈をつけました

王逸の「楚辞章句」という本文と注釈つきのテキストが残っていますが
これがないと「楚辞」本文も後世に伝わらなかったかも知れません

その王逸の注釈文の中に
「小人を養育して これを高堂に置きても また政治に無益なり」
という文言があります

世襲議員の連中は子供のころから
何不自由なく養育された小人ばらです

彼らを政権を握る高堂に置いても「政治に無益」なことは
二千年前から見透かされていました

政治家の子が政治家になるなとは言いませんが
地盤・看板・鞄を引き継げないように
同一選挙区からは立候補できないような選挙制度にしなければ
馬鹿な世襲議員の出現を防ぐことが出来ません

もっともその前に
家柄を何よりも信用する国民性を改造する必要がありますね

家柄を重んじている限り 貴族制が続くだけで
民主政治が実現できるわけがありません
c0182775_18162947.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-08-05 17:00 | Leica IIIC | Comments(4)

歩きスマホと座りスマホ

c0182775_1046535.jpg

もうこういう光景は見慣れたものになりました

歩きスマホは事故にあったり 痴漢にあったり
本人が被害を受けることが多いと思いますが
車を運転中だと加害者になることが少なくないですね

警視庁の調べでは以下のようになっているそうです
[シニアガイド:2017/7/23]

「2016年(平成28年)に、
携帯電話が原因となった交通事故は1,999件発生しており、
5年前の1.6倍に増加しています。

特に、画面を見ながら操作する「画像目的使用」による事故が多く、
2016年には927件で、5年前の2.3倍に増えています」

運転中はスマホや携帯電話は手に取らないことが絶対ですし
歩行中にスマホを操作するときは 座らないまでも立ち止まるべきです
c0182775_10474757.jpg
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-08-04 17:35 | Ricoh 500GX | Comments(0)

マンションの前庭とモンタナ松とコダックGold 200

c0182775_17373672.jpg

真夏の緑です

手前がモンタナ松 左手が桜 ほかはプラタナスです

この撮影に使ったコダック Gold 200 は
北海道に来た2013年の9月から使っていますが
実物の色を自然に再現する
大変使い易いカラーネガでした

カメラのキタムラで在庫整理のため
1本198円で放出したものを あるだけ買い入れたものです

これを使い始めたころからすでにメーカーでは製造中止で
あと100本ほど残った手持ちも 使用期限が2年ほど過ぎています

それが無くなったら
フジフィルムの安い業務用に切り替えます

それにしてもカメラ業界がフィルムカメラを捨てたのは
取り返しのつかないことでした

今年度 某大手カメラメーカーに就職した新人の三分の一が
パトローネ入りのフィルムを見て
それが何であるか分からなかったそうです

フィルムの写りを知らないカメラ会社社員なんて
私の目から見たら お話にもならないのですが
時世時節というのはこんなものなんですね
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-08-03 18:13 | Vito III | Comments(0)