<   2017年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

マンションの北窓から

c0182775_10585162.jpg

昨日の背景に見えるマンションは左端の建物です

あのコマは画面中央戸建て街区の
右の方の林の手前で撮影しました

我が家の北窓から撮ることはあまりないですね

昼少し前に自宅を出て千歳空港に向かいましたが
天気はこの写真のように快晴にめぐまれ
羽田まで順調なフライトが期待できます

今日のこの時間17時半は東京にいます

明日は前任校で博士論文の審査に副査として参加するためです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-17 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

冬の裏通りリハビリ散歩と札幌軟石

c0182775_16563578.jpg

凍結雪道の散歩は注意が必要です

転倒したところに車が走ってきたら危険極まりないですから
路面の凍結に足を滑らせるのは禁物です

したがって スパイク付きの靴と
スパイク付きのステッキが必備になります
(スパイクシューズは3シーズン目になると効きが甘くなりました)

この路肩の雪はふんわりした雪ではなく
もはや岩と化しています

つまづきにも気をつけねばなりません

札幌軟石の倉庫がありますね

これは小樽の倉庫にも使われた建築資材です

小樽の運河は観光スポットとして有名なだけに
ネット上には紹介文がたくさんあります

しかし札幌軟石を知らなくて
レンガ造りなどと書いているものも散見します

小樽観光協会のサイトを見ても「石造り」とはありますが
札幌軟石とは書いてありません

札幌の名を冠するのが面白くない
なんてことはないと思いますがね(こういうのを下衆の勘繰りという)
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-16 17:30 | Pearl III | Comments(0)

自足した表情の車椅子老婦と介護報酬0.54%増

c0182775_1720376.jpg

屋内リハビリウオークで休憩中の目の前を通る車椅子です

辛そうな表情ではなく穏やかな自足した表情に敬意を表して撮りました


今日の時事通信の報道です

「政府は15日、2018年度の介護報酬改定で引き上げ幅を
0.54%とする方針を固めた」

介護報酬とは診療行為によって事業者が受け取る報酬ですね

「2015年の前回改定では2.27%の引き下げだった」ために
経営が苦しくなったのを考慮してとのことです

しかしもっと問題なのは介護従事者の平均月収が低いことです

厚労省の賃金構造基本統計調査では
介護職員の平均月給(賞与除く)は23万円で
全産業平均より10万円低いという状態です

介護のみならずリハビリの理学あるいは作業療法士も厳しい環境です

私がリハビリ入院・通院していた時に
療法士の年齢が気になって全国平均を調べたら
36~37歳だったことを思い出します

つまり50歳を超えても続けられる職業ではないと
担当の理学療法士から聞いたことがあります

それはともかく介護報酬を0.54%引き上げて
介護職員の月給にどれだけ反映するかというと
月額で700円だという試算がtwitter情報にありました

何だか情けない思いです

一方 首相が外遊して海外にばらまいた金は
この5年間で40兆円だそうです

このばらまきをいつまでも許す国民は普段どんな生活をしているのか
私にはもはや理解不能です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-15 17:49 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

公園の堅雪と氷結とチェコ製中判フィルム

c0182775_17515243.jpg

近所の公園の雪面です

20cmほどの雪が堅くしまって 場所によっては氷が張っています

国産蛇腹カメラで操作性は良くないですが 写りはなかなかです

今回は ISO 200 感度のチェコ製フィルムを使ってみました

初めて使う FOMAPAN Creative というもので
1本あたり500円程度と 今ならリーゾナブルな値段です
c0182775_184826.jpg

パッケージの画像は小さいですが
購入した「かわうそ商店」さんのサイトから拝借しました

このフィルムを蛇腹カメラ Pearl III に装填するには
色々と事前作業が必要です
c0182775_1873125.jpg

まず右側の巻き取りスプールの軸には
厚さ1mm程度の植毛紙を貼り付けます

昔のフィルムはベースも裏紙も今よりは厚いものでした

今のフィルムは薄いので
巻き上げ初期のコマとコマの間が重なってしまいがちです

それを回避するために巻き上げ軸を少し太くするわけです

次に FOMAPAN の軸の両サイドの皿の縁側を削り取ります

上のスプール画像の右側は富士フィルムのもので
Pearl III にすんなり装填可能です

しかし FOMAPAN の軸の両サイドの皿の縁側は
トータルで1mmほど高くなっているので装填できないのです

現像データはコダック D-76 一対一希釈で20度9分です

その結果 粒状性は富士ACROS100 より少し落ちますが
スキャンしやすいネガになりました

(現像液を排出したら透明な緑色になっていたのにはちょっとのけぞりました
コダックT-MAX の場合はごく薄い紫色になります)

当分 ACROS100 と使い分けて 使いこなしてみたいと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-14 18:31 | Pearl III | Comments(0)

札幌新道と高速道と恵庭のヤチダモ

c0182775_1819315.jpg

通勤道路は手前の札幌新道です

マンションを出て画面左下から左端の交差点に入り
そこを左折して札幌新道をさらに左に向かうルートです

今は法面に雪が積もっていますが
今日でも路面は職場までドライでした
c0182775_18203265.jpg

キャンパス隣の例のヤチダモですが
ここの芝生は雪が積もっていました

撮影フィルムは手慣れた Acros100 です

実は今日 同じカメラでチェコ製のフィルムを
入れて撮ったものを現像しました

初めてのフィルムですからどうかと思いましたが
まあ期待通りに現像できました

この古い国産蛇腹カメラの使い方も少しずつ身についてきました

その話題は明日にしましょう
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-13 18:40 | Pearl III | Comments(0)

ウトナイ湖畔の樹木と孫の部屋の窓

c0182775_16541023.jpg

ウトナイ湖畔の樹木ですがフィギアスケートのスピンのようです

先日 息子の新築の家に光通信ケーブルを接続する工事があって
留守家族に代わって工事の確認に行きました

その帰りに立ち寄ったのですが この日は鳥類などが見えず
観光バスから降りた中国か台湾の団体さんは
つまらなかったのではないかと思います

息子の家の孫の部屋に行ってみました
c0182775_1742353.jpg

窓枠に置いた握り寿司のおもちゃは
先日築地で買い求めた消しゴムのお土産です

窓枠をつけ板に見立てて置いたのですね

苫小牧市は雪の少ない土地ですが
昨年は歴史的な大雪でした

新築の家での越冬はどんな塩梅でしょうか
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-12 17:30 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

津軽物産展と津軽煎餅と南部煎餅のこと

c0182775_1632520.jpg

ショッピングセンタ-入口広場のイベントです

先月後半はこうやって津軽物産の販売をやっていました
いまは冬物下着のセールになっています

私はリハビリウオークの途中に立ち寄って
上の画像の右端の方に置いてある津軽煎餅を買いました
c0182775_16324870.jpg

これは子供のころからの好物ですが
ふつうは「南部煎餅」として知られています

いまの青森県は
下北半島寄りの東半分は旧南部藩
津軽半島寄りの西半分は旧津軽藩
というふうに分かれていました

煎餅は下北から盛岡まで南北に延びる旧南部藩の名物で
起源は15世紀にまでさかのぼると言われます

したがって「南部煎餅」は固有名詞ではなく
普通名詞のように普及しましたが「南部せんべい」という表記は
岩手県南部煎餅協同組合の登録商標になっています

一方「津軽煎餅」は大正12年に
青森県黒石市の渋川製菓が起業した商品です

今回買ったのも渋川製菓の津軽煎餅ですが
いわゆる南部煎餅とほとんど同じで美味しいものでした

ちなみにふだん札幌のスーパーで売っている南部煎餅は
昭和39年に札幌市北区新琴似で創業したタケダ製菓の南部煎餅です

イベントで津軽煎餅を入手したことで
南部煎餅のことが色々分かりました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-11 17:21 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

降る雪にもめげない歩行者たち

c0182775_1543301.jpg

昨日今日は穏やかですが二三日前まではよく降りました

横断歩道の信号待ちも寒そうです

こういう季節にはフードが必須ですね

乾雪が降っても傘はさしません

フードが無い人は膝掛けのようなものをかぶっています
c0182775_15441332.jpg

作業中のお父さんは何故かヘルメットも脱いで歩いていました
c0182775_15451653.jpg

雪の降る時期にはこうやって雪を突いて歩く人が多いので
車の運転も前方には充分以上に注意が必要です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-10 17:00 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

冬のパークゴルファーと公務員の利害関係者ゴルフ解禁

c0182775_165944.jpg

ショッピングセンターの休憩コーナーです

このお父さんはパークゴルフの道具一式を携えて
テーブルに置いたタブレットを見ながら
フォームの研究に余念がありません

雪が無ければコースでプレーしていたはずです

しかし積雪シーズンですから
インドアのゴルフ場でプレーした帰りかと思います

千歳市や歌志内市にはインドアのパークゴルフ場があります

このゴルファーさんは時々立ち上がってエア・スイングを実践しては
タブレットの画像と比べては修正していました

ところで一昨日こんなニュースがありました

「Yahooニュース 12/7(木) 21:46

公務員のゴルフ解禁も=林文科相、倫理規程で

 林芳正文部科学相は7日の参院文教科学、内閣両委員会の連合審査で、
国家公務員倫理規程が利害関係者との「遊技またはゴルフ」を禁じていること
について「唯一ゴルフのみが制限を受けていることは、スポーツ振興の観点か
ら検討すべき課題だ」と述べ、ゴルフ解禁に前向きな姿勢を示した。(時事通信)」

これはダメですよ

補助金行政や契約入札などの利害関係にある行政職員と業者が
ゴルフなどを通じて癒着するのは目に見えています

現総理と加計のゴルフ懇親写真などを持ち出すまでもありません

第一 利害関係者とのゴルフを禁ずることが
どうしてスポーツ振興を阻害するのか
私には理解できない理屈です

この5年間の政治家の厚顔無恥なやりたい放題

65歳を過ぎてからこんなひどい政権政治を見るとは
夢にも思いませんでした
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-12-09 17:31 | Minolta HIMATIC E | Comments(0)

北星学園大と藻岩山と国産中判蛇腹名機Pearl

c0182775_15411246.jpg

12月3日の我が家の窓外です

今日の午後は激しい降雪のために景色は見えませんでした

撮影機材は国産中判蛇腹カメラの名機Pearl
その第三世代 Pearl III です
(ストロボが使える1957年の後期モデル)

やはり中判フィルム(41.5mm×56mm)だけあって
画像の情報量が豊富です

高級なミラーレスデジタル一眼カメラの撮像素子APS-Cの
約6倍のフィルム面積があるのです

iPhone搭載の撮像素子の86倍になります
(逆に言うと中判フィルムの86分の1のサイズでiPhoneは良く写りますね)

ヤフオク落札価格は相場の半額以下でしたが
落下事故品だったようで レンズが
フィルム面と平行にならないものでした
c0182775_1552414.jpg

このままで試写するとピントが片ボケになります
c0182775_15585862.jpg

上部はピントが合っていますが下部はピンボケです

8月末に浅草のクラカメ修理店に修理依頼したところ
ダメな部品をはずして
程度の良い中古機材から取り外した部品を本機に移植して
50年前の機材が10年ほど前の機材のようによみがえりました
c0182775_1692048.jpg

前蓋の開閉操作とレンズの平行をキープするタスキ
(細い板状の金属パーツですが 変形していました)

早晩光漏れがしそうな蛇腹
(これは新品に交換です)

不調だった底部の自動巻き止め付き巻き上げ機構
(第一世代と第二世代はカメラ背面の小窓から
フィルム裏紙のナンバーを見て巻き上げをとめる方式です)

距離計の見え方に影響する反射ミラー
(新品交換で二重像が鮮明になりました)

これらを移植換装したうえで
ほかの各部の分解調整をしてもらいました

3枚目の画像と同じところを修理後の本機で撮ると以下のような塩梅です
c0182775_16361413.jpg

50年前のカメラの部品を調達してくれるなんて
めったにない修理店です

中判フィルムを使いながら 本機は畳むと
横12cm×縦10.5cm×厚さ4cmという
ポケットにすら入るコンパクトサイズになります

今年は蛇腹カメラを主に使ってきましたが
これも間違いなく愛機になりそうです

by zuoteng_jin | 2017-12-08 17:30 | Pearl III | Comments(3)