<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

札幌啄木歌碑と毎日新聞「みんな元気になる絵本」の四季

c0182775_17573621.jpg

札幌大通公園にある歌碑です

左の石碑には
「しんとして幅廣き街の  秋の夜の 
玉蜀黍(とうもろこし)の焼くるにほいよ」
が刻まれています

啄木の「一握の砂」には札幌での作歌が四首ありますが
碑に刻まれた一首はその中の一つです

明治四十年 函館の大火の後 9月にほんの二週間ほど
啄木は札幌に滞在します

北海道滞在中の啄木は失意の連続だったと思いますが
「札幌にかの秋われの持てゆきし
しかして今も持てるかなしみ」
に集約されている感じがします

この歌碑は昭和56年9月14日に建てられました

この歌碑を紹介するブログは沢山ありますが
ほとんど表情が分からない全体像です

ここまで寄って撮るのはほとんどありません

ところで毎日新聞「みんな元気になる絵本」に
ヴィヴァルディの「四季」が紹介されています

絵本の「四季」って何なんだと思いましたが
音付きの飛び出す絵本だということです

こういう仕掛けの絵本で「四季」に馴染むのは良いことですね

かつて府中芸術の森に家族でイ・ムヂチの「四季」を
聴きに出かけたのはもう四半世紀前のことになりました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-20 18:28 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

日陰の残雪と4月下旬の降雪予報という異常な春

c0182775_1732499.jpg

3月末のキャンパスの一隅です

この雪はもちろんすでに消えましたが
明日の天気予報は雪が降るとのことです

それにしても異常な春です

去年などは2月にモクレンの冬芽を撮影していますが
今年はこの樹の芽がまだ顔を出さないのです

この時期ですから新学期の講義資料を作成しています

例年だと春を過ぎて いかにも新学期の天候の中の作業ですが
今年の場合は何だかスタートダッシュを切ってよいのかという気分です
c0182775_17493872.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-19 17:50 | Ricoh 500GX | Comments(0)

手動間歇ワイパーと視界の抜け

c0182775_17145347.jpg

マンション前の庭も芝生が顔を出しました

画面左から右にショートカットの道が通じて楽になりました

いや距離の問題ではなくビル風の問題なのです

ショートカットが使えないとマンション1Fに沿った道を使いますが
この通りは通常とんでもないビル風が通り抜けるのです

ひどい時は本当に身体が持って行かれます

今日は雨が降ったので通勤の時に
動作不良のワイパーをだましだまし運転しました

連続作動は不安があるので
2~3分に一度あるいは交差点近くになると
手動でワイパーをかけました

まあ危険を感じるような視界ではありませんが
ワイプした時にはさすがにスカッと視界が抜けるものですね

今日はディーラーが休業の日ですが
サービスエンジニアから電話があって
中古部品が見つかったとのことでした

おかげさまで新品部品の半額でリペアーが出来そうですが
金曜日の修理まで手動で何とかしのがねばなりません
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-18 17:36 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

横組み格子塀とタイヤ交換とワイパーモーターの不良

c0182775_1763131.jpg

斬新なデザインの格子塀です

ふつう格子といえば材木を縦に組むものですが
このお宅の格子は横組みですね

いかにも北海道だなと思いながらシャッターを切りました

北海道といえばルノー札幌に出向き
年中行事のタイヤ交換に行ってきました

交換タイヤの保管もやってもらいます

それと3月末からワイパーの動作が重たくなったので
これも見てもらいましたが
ワイパーモーターが焼きついたので交換が必要だという診断です

ワイパーモーターの焼き付きは初めての経験です

ウインドウに雪が付着したままワイパーを作動させると
弱ったモーターだと焼き付きをおこすことがある由です

マンションの駐車場は屋根つきですが 職場は青空で
そういえばワイパーで雪を払い落したことがありました

交換するモーターは中古部品を探して
安くあげて下さるそうですが 9年目の車体ですから
あちこちガタが出てくるものと覚悟しなければなりません
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-17 17:35 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

春の清掃に余念ない老夫婦

c0182775_1645841.jpg

先々週の週末でした

雪がすっかり融けたので家周りの掃除に余念がない老夫婦です

明暗差の極端な光景ですが
蛇腹カメラは破綻なく写しとめています

デジタルで撮れば明暗のどちらかが犠牲になったはずです

フィルムカメラでも一眼レフのレンズなら
おそらく暗部の描写が甘くなりました

こういう光線状況には蛇腹がもってこいです

つい今しがた昨日初めてフィルムで撮った卒業生が
出来た写真と感想を報告してきました

これまでデジタル一眼で撮った写真とは異なる実体感に
驚くとともに感激した由です

また機会を見つけていっしよに撮りに出ようかと思います
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-16 17:30 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

写真を撮る人々と卒業院生にフィルム写真指導のこと

c0182775_183129.jpg

陽気に誘われて大通公園まで行ってきました

気温が18度のようで今年の最高気温です

観光客が自撮りで楽しんでいますが
地元のご婦人もいち早く咲き出したムスカリを撮っています
c0182775_1864720.jpg

場所を変えて旧道庁赤レンガ庁舎のほうに行ってみました
c0182775_1871139.jpg

ここにはいつでも写真を撮る人がいます

アングルを変えて撮ることも期待しますが
取りあえず正面写真もおさえたいですね

旧庁舎の敷地内には小さな池があって
4か月ぶりに顔を出した水面を撮る人もいます
c0182775_18114959.jpg

今日ここに行ったのは実はこの春卒業した大学院生君に
ニコンの標準レンズつき New FM2(1984年) を進呈するのが目的でした

4年かけて大学院を修了し
先日 研究室の図書の移動をやってくれた卒業生です

彼が是非ともフィルムカメラを使ってみたくなり
何を買えばよろしいかと相談してきましたので
手元にあって使用頻度の低い日本の銘機を
使ってもらうことにしたのです

露出計はついていますがカメラ機構と連動する機種ではないので
写真の基本を学ぶには最適です

実際今日はフィルム感度の設定から(感度とは何かを含みます)
フィルムの装填の仕方
絞りやシャッタースピードのセット
マニュアルフォーカスの操作法
フィルムの取り出し方まで
すべてを教示しました

それでとにかく1本試写して
近くのビックカメラで現像と
デジタル化CD焼き込みまでやってもらいました

初心者君の試写はどうだっかた報告を待ちたいですが
その合間にこちらがチョロチョロ撮ったのが今日のコマです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-15 18:34 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

水の温まぬ春の小川とスカルラッティのソナタ

c0182775_1711234.jpg

春の厚別川です

今日は強張った身体をほぐすためのリハビリ散歩と
授業関連のデスクワークをやりました

昨日は真冬の天候でしたが
今日はさすがに風も温めの気配でした

しかし川の水は雪融け水なので
まだまだ手が切れそうな塩梅です

デスクワークのついでに
昨日スカルラッティのソナタ全曲盤(555曲)が届いたので
これまで入手していた抜粋盤6枚の曲目リストを作成しました

スカルラッティのソナタは仕事中にBGMとして聴き流していましたが
同僚の一人がそのうちの一曲について 詳細な楽曲構造分析を
この春発行の大学紀要に掲載していて大変勉強になりました
(その同僚の専門外のジャンルですが
むしろ打ち込んだ年季は専門研究より長い由です)

それで改めてCDラックを見てみると
抜粋盤が6枚見つかったという訳です

同僚に敬意を表して 今後しばらくは BGM ではなく
きちんと身を入れて聴こうと思い直しました
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-14 17:38 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

よさこいソーランの練習と今年度の授業開始

c0182775_1827397.jpg

春休みの間の練習です

昨年度のよさこいソーラン祭りコンテストで
本学のチームはベスト10に与えられる優秀賞を獲得しました

今年は例年にも増して練習に力が入ってます

今年度の授業が始まりました

出勤時には真冬以上の吹雪で
前方視界が無くなるいわゆるホワイトアウト状態でした

マンション周りも3cmほど積もってしまい
4月半ばとしては30年ぶりの降雪だと言います

そういう気候の変動と 2コマ連続する講義で
さすがに身体の負担は大きく
マヒした左足に軽い痛みを感じながら帰宅しました

帰宅後ひと眠りしてやっと痛みは去りましたが
夜の教職員懇親会の定期大会と宴会は
あらかじめ欠席にしておいて正解でした
【追記:この会は来週でした
来週でも2コマ連続講義の後ではもう体力はありません】

また今年度も身体の声を聴きつつ
教室に出る日々が始まりです
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-13 18:45 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

三途の川はまだ渡らぬつもりの古稀老人とWiMAX調整

c0182775_16104182.jpg

虹の橋の向こうに藻岩山が見えます

不肖わたくしは本日 満70歳になりました

57歳で直腸癌を手術した時には
還暦を乗り越えられるかどうか不安でした

それが何とかクリアできて術後5年経つと
もうこれは大丈夫だと思ったものです

ところが65歳で脳出血に見舞われました

ただし脳出血では不思議と命の危険を感じないで
前向きに過ごすことが出来ました

後遺症は必ずしも軽くはなりませんが
三途の川を渡るのはもっと先にしたいと思います

それには意志の力をしっかり保ち
何かにつけて能動的になることが大事です

そういえば何故か分からぬうちに 受信機4台のうち1台だけ
受信しそこなった WiMAX のルーターですが
いつの間にか回復していました

こういうのは自分の力で解決しないと納得しないので
色々考えて 実験をやってみた結果
どうやら原因と対策が分かりました
c0182775_16461718.jpg

これが UQWiMAX のルーターですが
上方に飛び出しているのが個体情報が記録されている IC チップです

症状から見てこれが怪しいとにらみ
電源を切っていったんチップを引き出し
クリーニングクロスで拭いて差し戻しました

そうしたら機器が4台とも順調に受信するようになりました

【追記: IC チップの汚れなどの問題ではなく
再起動など電源の再投入があったら
あらためてチップを抜き差しして
再起動させる必要があるようです】

当ブログをご覧になっている常連さんで
最近この WiMAX を導入された方がチラホラおられるので
参考のために書いておきますね
c0182775_14464933.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-12 17:30 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

影の落ちた小径と蛇腹カメラ

c0182775_1732174.jpg

北星学園大学脇の小径です

雪景色もだんだん少なくなりました

大学の用務員さんが何を撮っているのだろうかと
いぶかしげに見ていましたので
影が面白いですからねというと
ああ と納得した表情を見せました

この写真も半逆光ですが 樹の枝の描写にその影響が全く出ていません

昨日のクロッカスはもっと厳しい逆光です
しかし画面のコントラストの劣化が微塵もありません

こういう条件では蛇腹カメラが素晴らしい働きをします
c0182775_17193818.jpg

このレンズ部は筒状ではありません

むき出しにはなっていませんが折り畳みの蛇腹になっています

蛇腹をたたんだ状態は以下のようになります
c0182775_17234064.jpg

今の普通の筒状レンズは筒の内部で光が反射して
画像の劣化を来します

レンズのみならずデジタルの撮像素子も筒が束ねられた構造なので
逆光撮影にはどうしても悪影響が出てしまいます

ところが蛇腹は内部反射がほとんどないのですね

別の蛇腹カメラで撮った完全逆光の写真もありますが素晴らしい描写です

そのカメラは蛇腹が外に出ています
c0182775_17345819.jpg

昨日レチナは一切電気を使わないと書きましたが
セレン受光体が自家発電して照度を計るようになっています
(撮影機構には連動しない単なる露出計です)

電池などの電源を必要としないという意味でした
c0182775_14464933.jpg
by zuoteng_jin | 2017-04-11 17:49 | RetinaIIIC Xenon | Comments(2)