<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

正月注連飾りセールと大晦日と今年のレンズ

c0182775_1553274.jpg

11月の末からスーパーの前でセールをやっていました

今日あたりは大晦日ですから
この棚はかなり空き空きになっていました

我が家も正月準備でもないですが車のガソリンを満タンにし
その足で頼んであった年越しそばを受け取って来ました

行きつけの蕎麦屋はもう忙しい思いはしないのだということで
大晦日は閉店なんだそうです(去年は営業していましたが)

それでも我が家の注文には応じてくれましたが
蕎麦屋の老夫婦の親戚知人に頼まれた分だけ打ったそうです

まあ親戚扱いしてくださったわけで 有り難いことです

さて 今年のブログ いつもご覧下さって お礼申し上げます

366日のうち デジタルは11日でしたので
フィルム率は97%でした

今程度のフィルム調達事情が続く限り
フィルムでの撮影を続けて行くつもりです

今年は主にお気に入りの3本のレンズが活躍しました

1本目は1952年の沈胴 Summicron 50mm F2
いわゆる放射能レンズです

これは後の世代の固定鏡胴 Summicron 50mm F2 が
好きだったから導入しましたが
後世のSummicron 50mm F2 に勝るとも劣らない高性能でした

2本目は1975年のヤシカエレクトロ35GXについている
YASHINON DX 40mm F1.7

これは前から持っていましたが 今年あまりの写りの良さを再認識して
ライカMマウントに改造してもらい もう一台オリジナルを入手しました

改造業者から球面収差の測定結果が
ライカやツァイスのレンズをしのぐスーパーレンズだと評価されました

3本目は1972年のリコー500G
ないしは翌年の 500GS についている RIKENON 40mm F2.8

これも実は前から持っていたのですが今年の秋に再認識しました

このレンズは実に端正な写りですが
マニアの間に「リコーに外れ無し」という言い伝えがある通りです

中古市場ではヤシカでもリコーでも2000~3000円で入手できます

デジタルのマニアようにやたら大きく画像を拡大して
ひたすら解像力で善し悪しを云々する趣味は私には理解できませんが
来年もクラシックレンズを楽しみたいと思います

皆様どうぞよいお年を!
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-31 16:55 | Minolta CLE | Comments(0)

門松の準備(うっかり削除した投稿の画像のみ再投稿)

c0182775_1635030.jpg


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-30 16:31 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

背丈を超える路肩の雪の山

c0182775_17301963.jpg

12月のドカ雪で路肩に大きな雪の山ができています

昨日散髪屋さんからの帰りに
何かの調査に赴く一行に追い抜かれましたが
消防署ではないようでした

黒々としたシルエットが雪山の高さをはかる基準になるので
背後から雪山といっしょに撮ってみました

上の画面は歩道から車道に出る場所ですが
下はそういう出入り口ではありません
c0182775_17362520.jpg

こうなると歩道からは車道がまったく見えませんね

ところで今日は午後から賀状の印刷を始めましたが
夕方までかかってまだ半分の150枚ですから
まあ今晩中にできれば好しという感じでやりましょう
c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-29 17:48 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

雪の降るマンション前

c0182775_16323622.jpg

c0182775_16332537.jpg

今日は全国的に雪模様だそうです

金閣寺に雪が降ったというニュースがありましたが
もちろん札幌も降ったり止んだりです

写真は数日前の雪ですが傘を差すご婦人がいるように
今週の雪は重い湿雪です

だからこそ除雪排雪に労力が必要で
少し裏通りに回ると道路が通りにくくなっています

今日は二か月ぶりに散髪に行きましたが
運動がてら歩いて往復しました

凍った路面に湿雪が載ってうっかりすると滑るので
スパイクステッキが頼もしかったです
c0182775_1885724.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-28 16:56 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)

修学旅行と64年の東京五輪

c0182775_17282325.jpg

12月16日の千歳空港です

修学旅行の団体が何組かありましたが
一週間遅かったら大変なことになりましたね

引率の先生方は胸を撫で下ろしたことでしょう

私の高校の修学旅行は1964年の秋
東京オリンピックを二週間後に控えた時期でした

初めて見る東京はあちこちで工事中でした

特筆すべきは新幹線も二週間後に開業でしたから
東海道線は臨時列車で長い時間をかけて往復しました
(東京近郊で試験走行中の「こだま」を見ましたね)

そういえば旅行業者の手違いで 出発から座席が足りず
列車では4人掛けに5人が座るということになりました

それで5人1班で 各班がそれぞれ
30cm×90cmぐらいの板を1枚持参しました

それを向い合せの座席に渡して
それに一人が腰かけたのです

当事者の我々はまじめに板を運びましたが
事情を知らない人が見かけたらどう思ったのでしょうか
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-27 17:57 | Minolta CLE | Comments(0)

神社の唐檜の林と修論指導

c0182775_16572591.jpg

初雪直後の大谷地神社境内です

唐檜の林がなかなか良い雰囲気です

その後例年の二倍以上の雪が降っていますから
すっかり雪原の林になっているはずです
c0182775_172451.gif

雪の深さは昨年の三倍ですね

北海道神宮などの神社では初詣の受け入れのために
今日から煤払いなどを実施したとのことです

昨日今日と留学生の修士論文を読みつつ
日本語訂正やコメント書入れに追われています

コピー&ペーストでない文章はテニヲハの訂正に時間をとられますが
つたない日本語でも自分で書いたものは好感が持てます

半日根を詰めても5ページ程度が限度ですから
一人分でも四五日はかかります

年内に指導担当の二人分を仕上げるのが目標です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-26 17:17 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

毎日新聞書評「今週の本棚」に『漢辞海』登場

c0182775_14373577.png

今日の毎日新聞書評欄「今週の本棚」に『漢辞海』が取り上げられました

富山のプー横丁さんのfacebookにいち早くご紹介があって知りました

毎日新聞のweb版でも見られます

荒川洋治さんは詩人で随筆家ですが
初版刊行の時もラジオ番組で熱っぽく紹介してくれたと
そのころのテニス仲間の奥さんから教えてもらいました

今回の改訂の目玉は歴史地名の全面検討と
『日葡辞書』にのみみえる読みの導入(上洛ショウラクなど)でしたが
それをきちんと紹介されたのは嬉しかったです

言葉は詩人の宝ですから
その財源の提供にお役にたったということで
辞書編纂者の冥利に尽きます
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2016-12-25 15:00 | その他 | Comments(0)

クリスマスと月薪嬌妻(逃げ恥)

c0182775_14302688.jpg

月曜日に立ち寄った恵庭のモスバーガーです

テーブルの上に小さなツリーが置いてありました

我が家のような老夫婦ふたりの家族には
孫にプレゼントを贈るほかは
クリスマスはほとんど意味のないことです

とはいいつつ同じマンションに住む姪がパートをしている関係で
昼過ぎに届けられたここのクリスマスチキンをいただきました
c0182775_14394599.jpg

この年末年始 急ぎの仕事はないので
中国語のウエブサイトをサーフィンしながら
来年度の教材にするメディアの話題をあれこれ読んでいます

日本のメディアを紹介するサイトでは
今はやはり「逃げ恥」に人気があります

大陸でのタイトルは「逃避雖可恥但有用」
直訳すると「逃避は恥ずべきではあるが有用だ」です

香港台湾でもその長いタイトルを表示することはあります
ですがいかにもリズムが悪い

そこで内容を端的に言い表す「月薪嬌妻」という四字句にしました

「月薪」は月給で 「嬌妻」は愛妻です

つまり契約結婚の相手を月給愛妻
中国語に訳して「月薪嬌妻」としたわけです

このドラマの人気の一因になった「恋ダンス」
これは決まった訳語が無いようです

恋はそのまま「恋」ですし ダンスは「舞踏」ですが
かといって「恋舞踏」という訳語はみつかりません

ちなみに「恋舞踏」三字では
「ダンスに夢中だ」という中国語になります

エンドテーマ曲は「末尾曲」と言ってますので
「末尾曲的舞踏」エンドテーマのダンスというだけで
まことに散文的な表現が見られるだけです

けれども恋ダンスの動画が流行りつつあるので
新学期までにはピタリとした訳語が出来るだろうと思います
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-24 17:26 | Minolta CLE | Comments(0)

ジャニーズ・ショー当日券に並ぶファンと今年の芸能界

c0182775_15183064.jpg

ジャニーズ系のショーがある日です

野球オフシーズンの東京ドームの土日は
ほとんどジャニーズ系のショーがあるようです

当日券を求めて朝8時から数百人が行列を作ります

私たち夫婦もかつては若いころ 3度ほど
越路吹雪のロングリサイタルの前売り券を買うために
日生劇場に並んだものでした

今年の芸能界は不倫やクスリや大手プロダクションの圧力など
にぎやかな話題がありました

大手プロダクションの圧力が
映画テレビのタレントや歌手たちに多大な影響を与えていることが
色んな事例で明らかになりました

能年玲奈への圧力やSMAP解散関連などがその例です


クスリの関係では個人的な観測ですが
ASKAの逮捕と尿検査は国策逮捕だと思っています

尿検査で陽性を出されるかもしれないと悟ったASKAは
でっち上げ検査から自分を守るために
尿ではなくお茶を出したのですね

警察はお茶にクスリの成分を混入して
うかつにも陽性だと発表しました

しかるにあれは尿ではないと本人が主張し
法廷で公判を維持できないと判断した検察は
やむをえなく不起訴としました

第一 ASKA逮捕の時点で
報道陣が150名いたというのが不自然でした

あきらかに国会審議から国民の目をそらすための国策逮捕でしょう

ASKAがでっち上げ検査から身を守るために
尿をお茶にすり替える手口は
1回目の逮捕のあとに経験者から忠告されたかもしれません

近ごろ 官憲筋は国策逮捕ないしはスピン逮捕のために
クスリ芸能人をリストアップして泳がしていると聞きます

そういう目論見が明るみになるのは困るので
官憲はASKAの手記の発表にヒヤヒヤしている由です

いずれにしても 嫌~な世の中です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-23 17:14 | Minolta CLE | Comments(0)

ヒトとイヌの足跡

c0182775_17293975.jpg

イヌの散歩の足跡ですね

今日は湿雪が絶え間なく降る荒れ模様で
退勤時には駐車していた車の屋根の雪下ろしが必要でした

圧雪路面はそう走り難いものではないですが
視界が効かないので
前の車のテールランプをしっかり見て運転しました

facebookで大学の職員さんが東京に日帰り出張中だと知りましたが
千歳空港の運航が乱れていて
今日中に帰れるか予断を許さないそうです

雪は面白い光景を見せてくれますが
猛威を振るうことがあるのも確かです

出張の職員さんが無事に帰ってくることを祈ります

雪ではないですが糸魚川が強風にあおられて
火災がかなり広がっています
一刻も早く鎮火してほしいです
c0182775_20123413.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-22 17:55 | Ricoh 500GS | Comments(0)